世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 東日本大震災と平成の関東大震災(?) | main | カナダ紀行(前編)−カナダ東部 >>
地球儀寄贈・パート(1)
26

  昨日、4月28日午後1時半から、妻と一緒に我孫子市の市長室で星野順一郎市長にお会いした。用件は地球儀の贈呈式に出席するためである。
 地球儀寄贈の経緯などは後述するとして、過日、我孫子市教育委員会を通して我孫子市の小学校13校、中学校6校、合計19校に19台の地球儀を寄付した。ほかに、我孫子市長室にも記念として1台を贈った。地球儀は球径が32cmもある大きなもので、地図帳や地球儀の老舗、帝国書院製である。


          
           寄贈した地球儀         我孫子市教育委員会で

 市役所には早めに着いて市長室で待っていると、先生に引率された児童2人がやって来た。我孫子第3小学校の三好一彦先生、男の子は槙嶋祐平くん、女の子は長谷川珠希さん。2人とも小学6年生だが、この年頃は概ね女の子の方が大きく、長谷川さんは小柄な妻と背格好があまり違わない。私にも中学3年生を筆頭に小学2年生まで5人の孫がいるので、ふと自分の孫たちを思い出した。

 市長が入室してから贈呈式が始まったが、勝手ながら私のペースで進められた。2人の孫、いや我孫子第3小の子供たちに対し、今の国際社会では外国とのお付き合い無しではやって行けないことを強調。今度の大震災でも、日本は数多くの世界の国々から救援隊、救援物資、義援募金など様々な援助を受けている事を説明。そのために世界を知ることが必要だが、平面的な地図だけでは不十分。
 そこで立体的な丸い地球儀も併用すると効果的で、1995年1月に私が出かけた南極へのアクセスも地球儀を見れば一目瞭然。オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカからのルートがあるが、南米の南端からのルートが最短距離であることを話した。


  
 南極のクーバービル島   南極へのアクセス図     南極のペンギン繁殖地 

 また、世界を知るために地図、地球儀に加え、ガイドブックが必要として小学館の「世界の国ぐに探検大図鑑」を2人にプレゼントした。この大図鑑はふんだんなカラー写真やイラスト図解が満載で、世界が良く見えて分かるオススメ本だが、難点は1冊が4500円もするほどお値段が高い。

 さらに、生きた社会勉強のために、私のプライベート・ミュージアム「世界の人形館」の見学を付き添いの先生を通して勧誘した。この後、子供たちと一緒に市長を囲み、記念撮影をしてお開きとなった。


   
 中央が市長、両端が私と妻 世界の国ぐに大図鑑   世界の人形館を見学
                                                                      した市長夫妻


 因みに、今回の地球儀寄贈の経緯であるが、去る1月に行われた我孫子市長選で支援していた星野市長が再選されたが、そのお祝いとして私がとっさに考え付いたのが地球儀寄贈。しかし、そのニーズが無ければ無意味になるので、同市長に聞いてみると、なんと地球儀が置いていない学校があるとの由。また、置いてあっても20数年も前の古いもので、旧ソ連時代の国名が記載されているとの事。これを聞いた私は驚き、直ぐに市長に寄贈を申し出た。

 しかし、3月11日に思いも寄らぬ大震災で拙宅の「世界の人形館はメチャメチャになり、正直なところ、地球儀寄贈どころの話ではなかった。見方を変えれば、地球儀20個を買う(40万円近い)なら、苦しんでいる東北3県の被災者のための救援募金に振り向ける方がベターかも知れない。と思ったが、市長との約束は約束として守る事にし、別途朝日新聞厚生文化事業団を通して大震災救援募金に寄付した。結局かなりの出費となったが、両方に対して顔が立ったと思う。

 私の分身とも言うべき世界の人形館は、人形のほかにも様々なコレクションがあり、中でも見学者が注目するのが地球儀。大小合わせて25個ほどもあり 種類も色々あり多彩である。変わったものでは、磁石を使った浮く地球儀、点灯する地球儀、しゃべる地球儀、天体球が付いた地球儀、鉛筆削りも兼ねた地球儀、貴石使用の中国の地球儀、クラシックなイタリアの地球儀など。ずっと眺めていても、見飽きない魅力を秘めている。


  
    浮く地球儀    人形館の地球儀コーナー   点灯する地球儀

 因みに、地球儀の歴史は古く、紀元前150年ごろにキリキア(現在のトルコ南部)でクラテスという哲学者が作った地球儀が世界最古と言われる。また、現存している最古の地球儀は、1492年ドイツのニュルンベルクで天文・地理学者のマルティン・ベハイムが製作したものとされる。
 一方、日本に現存する最古の地球儀は1700年にオランダで作られ、長崎県平戸市の松浦資料博物館で保存されている。

 我孫子市長に申し上げたが、230以上の国・地域を訪れたワールドトラベラーから見ると、当市の国際化のレベルはそれほど高くはない。今回寄贈した地球儀を精々活用して頂き、将来は子供たちが世界に雄飛して我孫子の名を国際的にするような頼もしい人材が輩出する事を祈念している。

(後記)
 皆様から感謝のコメント、メールや電話を多数を戴き、感激し深謝します。一方、我孫子市長室で地球儀寄贈のセレモニーを賑々しくしてから約1カ月半が経つが、市長、教育委員会、寄贈された小・中学校からの便りや反応は皆無に近い。市の広報関係でもこのセレモニーは、何故か知らぬが、現時点では一切報じられていない。
 最悪のケースはある程度覚悟済みだが、当市の国際化レベルはまだまだ低いと言わざるを得ない実情である。(6月11日)


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved

| 社会貢献 | 02:25 | comments(18) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 02:25 | - | - | - | - | ↑TOP
    たくさんの地球儀を子どもたちにくださりありがとうございます!心から感謝申し上げます。
    私の娘の学校にもちゃんとあるようです。
    地球儀の寄贈にはそんな経緯があったのですね。
    今回の震災は、原発問題が併発して、エネルギーや放射能などを世界規模で考え直すきっかけとなりました。いい機会だと思います。
    ありがとうございました!
    | 藤田美和子 | 2011/04/30 4:48 AM |
    美和子さん
    早速コメントして頂き、深謝します。
    今回の大震災に端を発した原発問題は、風向きによっては他の周辺国は勿論、世界的なスケールで影響を与えることが懸念されています。従い、日本以上に深刻に受け止めている国々もあると聞き及んでいます。
    その好例は、25年前ウクライナ(当時はソ連)でのチェルノブイリ原発事故。風向きにより、隣国のベラルーシー側の被害が大きかった由。
    このような世界規模の話をする時に、地球儀が必要です。
    もし、美和子さん宅(兼事務所?)に無ければ、そしてご希望なれば寄贈します。ご遠慮無くお申し出下さい。
    | 高 | 2011/04/30 7:46 AM |
    高さん
    時がたつのも忘れて、大変興味深く更新ブログを見ました。素晴らしい力作ですね。
    我孫子の国際化を期して地球儀寄贈に始まり、震災で大変なことになったこと、NHKの生放送に出演、世界旅行の体験談、世界の人形館の紹介と実に盛りだくさんでした。
    要領よく纏められているので一気に最後まで読んでしまいました。素晴らしい記録です。
    最近日本の若者の海外留学生が大幅に減っているそうです。私も機会あるごとに海外を知る、体験することを強調しています。
    昨年秋に高校の同窓会が東京であったとき、母校の校長先生他職員も参加してくれたので、海外に目を向けた指導をしてくれるよう頼んでおきました。
    地球儀は世界を認識する第一歩と思います。いい着想を実行されたと思います。

    | 小西 | 2011/04/30 10:40 PM |
    小西さん

    先ずは早速のご丁寧な貴メール、及びご親切なコメントを深謝します。
    地球儀に対する想いが類似していることに大変驚きました。
    小生にとっても心強い限りです。
    お時間がありましたら、ぜひ世界の人形館をご再訪下さい。
    万華鏡などの新しい展示品も入っています。
    ご来館をお待ちしています。
    | 高 | 2011/04/30 11:01 PM |
    地球儀のご寄贈、本当にありがとうございます。娘も「世界の人形館寄贈の地球儀が学校にあるんだよ。」とうれしそうに話していました。
    高さんの地球儀のコレクション、すばらしいですね。うちでも皆、地球儀を通して世界に関心を持つようになりました。
    | 村越通浩 | 2011/04/30 11:05 PM |
    高 様
    貴殿のブログ「世界の人形館」を拝見しました。
    大いに楽しませて頂くと同時に大変感激しました。
    就中「地球儀寄贈」は、我孫子の子どもたちに対する貴殿の優しいお気持ちと期待がよく伝わり、感動的な物語ですね。
    我孫子の小中学生からも、将来、世界に羽ばたく人物が育ってくれるといいですね。
    我孫子の文化を守る会の役員会にも、貴殿のブログのこと、
    地球儀寄贈のことも併せてPRさせていただく所存です。

    先ずは御礼まで。

    | 伊藤 | 2011/04/30 11:09 PM |
    村越さん
    過日、奥様(奈生子さん)よりお礼のメールを頂いた上に、村越さんからも同様のコメントを頂き、深謝します。
    お嬢さんたちの嬉しそうな笑顔が目に浮かび、小生も大変ハッピーです。
    ただ、我孫子市長や我孫子市のために種々して上げても、本当にお役に立っているのか、或いは感謝して頂いているのか、一抹の不安を感じる時があります。
    とにかく、小生の善意が我孫子市民の皆さんにご理解頂けるまで根気よく頑張るほかありません。
    | 高 | 2011/04/30 11:31 PM |
    伊藤 様

    ご丁寧なコメントを深謝します。
    大震災後の「世界の人形館」復旧の立役者は伊藤さんです。
    その節は本当に有難うございました。
    この4月より「我孫子の文化を守る会」の会員になりましたが、お引き回しのほど宜しくお願い致します。
    近々、会の皆様方のご来館をお待ちします。
    | 高 | 2011/04/30 11:41 PM |
    ブログ拝読しました。
    高さんの地球儀に対する思い垣間見れました。
    ラジオでは高さんのお勧め観光地が、用意されていた10の内の3か所しか聞けなかったので、ブログでその他が見れて良かったです。
    ラジオでの高さんは皆さんが仰るとおり、ゆっくりはっきりお話になっていたのでよく分かりました。
    今CDを生徒さんのお母様にお貸ししています。
    昨日市民プラザに人形館のチラシが置いてありましたので2部持って帰らせて頂きました。
    勤務先の高校の生徒にもチラシを見せようと思います。

    | 大内 | 2011/04/30 11:51 PM |
    大内さん

    小学生時代から地球儀は大好きでしたが、当時は戦後間もなくの貧しい時代で、高価な貴重品であったと記憶しています。
    出演したNHKラジオ生放送番組のCDが意外に好評なので、小生自身いささか驚いています。
    追加のCDが必要なれば差し上げますので、ご遠慮無くお申し出下さい。
    | 高 | 2011/05/01 12:04 AM |
    高さん、こんばんは
    コメントは初めてですが、以前も伺わせていただきましたの。

    この度の地震では世界の人形館の大切なお人形さん達が大きなダメージを受けられたと伺い心痛めております。
    当日のお写真を拝見し、暫くはお休みされるのかなと、思っておりましたら、またすぐに再開され、ほんとに凄い方だな〜と思っておりました。

    今回は我孫子の小・中学校に地球儀の寄贈をされたのですね。
    地球儀とは、なかなか思いつかないことですね。
    震災前からのお約束だったのですか

    確かに地図では距離感も、地球が丸いと言うことも子供たちに実感しにくいですよね。
    私がNYに住みました時に驚いたのが、アメリカが中心になっている地図を見た時でした。
    ちっちゃな日本は地図の端っこで更にちっちゃく見えました。
    大人の私でも日本は地図の真ん中にある!と思いこんでおりました。
    日本は世界の中心・・みたいな錯覚です、うふふ・・

    今、我が家にある地球儀も息子たちがまだ小学生の時に買ったものです。
    高さんのお話をうかがって、我が家も新しい地球儀を置いて、孫たちが(一人は現在7か月、一人は今月誕生予定ですが)わかるようになったら、地球儀を前に世界のお話が出来たら素敵だなと思いました。


    それからIさんからご伝言頂きました。
    ありがとうございます
    そのお話をお聞きして、感激してしまいました
    連休中は予定があり、伺えませんが、一度お伺いさせていただきたいと思っております
    ありがとうございました。
    | Hulaさん | 2011/05/02 1:47 AM |
    Hulaさん
    ご丁寧なコメントを深謝します。
    人形館に来館済みと伺い、ご記入頂きました来訪者記帳を調べましたが、本名が分かりません。Hulaさんという名で思い付くのは、ダンスが好きな方なんでしょうか?
    お孫さんが増えるのは大きな楽しみであり、励みになりますね!拙宅は中学3年生を筆頭に5人の孫がいますが、実のところ成長するに従い、少しずつ離れて行くのが寂しいです。これは世の習いで、已むを得ませんがーーー。
    万華鏡などの新しい展示品も入り、人形館も少し衣替えしました。どうかご遠慮なく、お気軽にご再訪下さい。
    近々のご来館をお待ち致します。
    | 高 | 2011/05/02 8:12 AM |
    高さま 
    拝見しました! 「留学生が先生!」で市内19校へ留学生をお連れして18年になりますが、いつも校長先生に地球儀があったら「極東」の意味や国の面積の誤解がなくなるのにと言ってきました。
    おかげさまで近年、地球儀が授業にお目見えするようになって来ました。それでもまだまだ少ないと思っておりました。
    今後は、各小中学校で見られるのですね。楽しみにします。
    また、留学生のみなさんにもお話しますね!
    | ナナメ | 2011/05/03 3:19 AM |
    ナナメさん
    我孫子のAIRAで留学生の皆さんをお世話され、大変ご苦労様です。
    地球儀では国境線が描かれていますが、実際には国々の間を自由に往来できます。
    私も機会があれば、寄贈した地球儀が各学校でどのように愛用されているか、確かめたいと思います。もし好評であれば、追加の寄贈も検討します。
    「世界の人形館」で母国再発見が出来るよう、留学生の皆さんをお誘い下さい。近々のご来館をお待ちします。
    | 高 | 2011/05/03 11:11 AM |
    こんにちは
    あ、大変失礼いたしました

    ”高さんのところへ”というのはブログへということでした(汗;
    Iさんのブログから、お伺いさせていただいたと言うことでしたが、失礼いたしました。
    お人形さん達に直接お会いできるのを楽しみにしております。
    一番は高さんにですが(*^_^*)
    その時は前もっての予約をさせていただきますね。
    それから、また時々、ブログにお伺いさせていただきたいのでリンクさせていただいてよろしいでしょうか。
    | Hulaさん | 2011/05/09 12:46 PM |
    Hulaさん
    本当に人形館にお越しになるのをお待ちしています。
    ご遠慮なく、お気軽にお訪ね下さい。
    また、どうぞリンクして下さい。お互いに交流の場を持ちましょう!
    | 高 | 2011/05/09 8:40 PM |
    我孫子第三小学校三好です。
    地球儀贈呈 ありがとうございました。
    HP、ブログは見させていただきましたが、なかなか
    返事ができず申し訳ありません。
    地球儀5年生を中心に活用させていただいています。(社会科で5年生が世界の国の勉強を中心にやっています。)高さんのブログ、ホームページを見ることでも世界の国々の様子がよくわかると思います。
    今、運動会前で学校はバタバタとしていますが、運動会が終わった後にでも子どもたちに紹介したいと思います。
    また、人形館にもお邪魔したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
    | 我孫子三小三好 | 2011/05/17 9:10 PM |
    三好先生
    コメント有難うございます。
    私のブログ、ホームページがお役に立つようでしたら、どうぞご希望の国をリクエストして下さい。子供さんたちにも分かるように書き込みます。
    運動会が終わりましたら、ご遠慮なく、お気軽に人形館へ遊び、学びに来て下さい。
    お知らせします。5月30日午後2時より30分間、ジェイコム・テレビで「世界の人形館」が放映・紹介され、私も出演します。
    時間があれば、是非ご覧下さい。
    槙嶋くん、長谷川さんによろしくお伝え下さい。
    | 高 | 2011/05/18 1:29 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/7
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode