世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< ケニアサファリ (その2)− 近代的な街並みもある野生動物の王国 | main | ワールド・トラベラーの南極物語 >>
真実一路の純粋な横芝光町長の壮絶死
16

 筆者は国の政治家よりも地方の政治家に関心がある。2011年11月1日のブログでは、千葉県・我孫子市の「異彩を放つ市議」を紹介した。今回は横芝光町で故人になったばかりの真実一路の純粋な町長を紹介し、衷心よりお悔やみを申し上げたい。

 昨日、2月13日午前、成田空港からさほど遠からぬ町で、参列者が2000人ほどの大きな葬儀が営まれ、私ことワールド・トラベラーは会葬した。その町は千葉県山武郡の
横芝光町で、人口は24,362人(2012年1月1日現在の推計)。九十九里浜に面し、ほぼ南北に細長い閑静な町である。2006年3月、横芝町と光町が合併して誕生した町は今も農業が盛んで、「ねぎ」と「若潮牛」が名産だ。
 この町とご縁が出来たのは、昨年6月4日(土)の朝が最初である。当日の読売新聞朝刊で、筆者の分身である
世界の人形館が大々的に報道された。
 
 当時の前から拙宅内に人形館があるためか、居住する大型マンションの一部住民の執拗なバッシングが絶えず、温厚な妻もノイローゼになるほどであった。
 一方、行政側の手賀沼畔のA市もこれに呼応するかのように当館に対し冷淡で(むしろ差別が適切かも知れない)、その姿勢は今も不変。斯かる逆風下、朝刊を見て暖かく大きな関心を持って電話して来られたのが、林勝氏という横芝光町の町民である。
 
 爾来、町と世界の人形館の交流が続き、お互いに2度ずつ相互訪問しているが、印象的なことが2つある。前者は町民ギャラリーと多目的のハイビジョンホールを併設す
横芝光町立図書館で、とても人口3万人足らずの町のものとは思えぬほど立派だ。しかも、マロニエの花が咲く図書館の周りには、本場のフランス庭園を彷彿させるような文化の森公園、緑のあるゆったりとした駐車場、テニスコートなどがある。文化の香りが豊かな空間が広がり、自然と心も豊かになる。

 後者は、穏やかな笑顔と純粋な雰囲気を持つ町長。町役場と世界の人形館で2度お会いしただけだが、今まで面談した政治家とは全く異質である。元商社マンとは言え、
3/4世紀の長き人生の中で様々な政治家の諸先生に会って来た。例えば、大臣クラスを含む国会議員、知事、市長や町長、県議、市議など。
 衆議院選挙が間近いのではないかと囁かれる最近は、国会議員の現職と元職が競い合うようにして拙宅(人形館)を訪ねて来られるが、その目的は大同小異だ。
 
 外国に比べ、一般的に日本には金太郎飴的な政治家が多いが、故町長は次元が違う素晴らしい地方政治家であった。しかも年齢も筆者の長男とほぼ同じ47歳で若い。


  
    横芝光町役場            公園に囲まれた図書館    多目的ハイビジョンホール


 時には変人、或いは奇人と見られがちなワールド・トラベラーに、町長が興味を持たれたのは、若い頃の海外経験に拠るものらしい。千葉県農業大学校研究科在学中に、タイとネパールで国際ボランティアに参加した故に、240以上の国・地域を制覇した私を大先輩として尊敬しますと言っておられた。
 因みに、筆者はタイを6回も訪問しており、初めて訪れたのは40年近く前の1973年2月である。ネパールも1995年11月と2003年4月の2回旅行しており、両国は魅力的で大好きな国の範疇に入る。
 
 また、「北の鎌倉」とも呼ばれる(この表現が妥当かどうか賛否両論あり)文化都市で、街の活性化と国際化推進のために世界の人形館を通して慈善活動している当方の実績を重視した町長。大所高所からの助言と協力をお願いしたいと、頭を下げられたその低姿勢に些か驚いた経緯がある。


 この町長の前向きで真摯な姿勢に応ずるかのように、横芝光町立図書館の花澤徳子館長を通じて、井上哲教育長より、本年の7〜8月(学校が夏休み中)に世界の人形館コレクション展示と講演の要請があった。これに対し、以前からその心構えはしていたので即受けした矢先、町長が自殺(?)、それも壮絶死との悲報が飛び込んで来た。いつも穏やかな笑みを浮かべる静かな人が−−−。英語で表現するなら、”Unbelievable,my God !”になろうが、正に信じられないとはこの事である。

 この町立図書館付属の町民ギャラリーがユニークであるのは、「友の会」なる熱心なサポーターがたくさんいることで、上述の林勝氏はその会長である。また、会員の中心になって頑張っておられる小川喜子さんには、葬儀当日は昼食も含め、何から何までお世話になり感謝している。
 
 横芝光町の滞在は短時間であったが、町長の死因につき、不謹慎かも知れないがそれとなく探ってみた。概ね新聞報道による推察通りであるが、インターネットによる事実にも無い中傷が、真面目で純粋な町長を追い込んだのではないかとの見方が強い。今や便利なインターネットも、場合によっては凶器や凶弾になりかねない時代であるようで恐ろしいことだ。
 これに関しては、世界の人形館に対して同類の中傷が過去に度々あり、今もなおその後遺症を病んでいるだけに、他人事ではない辛い気持ちになった。


 町長の急死で今夏のイベントが立ち消えになるのではないかと懸念していたが、花澤図書館長より”予定通り開催します”と知らされ、今はホッとしている。町長の遺志に沿うべく、横芝光町の町民の皆さんが喜び、感謝して頂けるような充実したイベントにするべく最善を尽くすのが、真の供養になろう。

 それにしても、メール友の持永あい子さんがブログ「
相子老婆的山南海北的話でぼやいておられる様に、政治家は図太い神経や無神経の持ち主、或いは図々しい人でないと勤まらないらしい。それでちゃんとした政治をやってもらえば全然問題にはならないが、マニフェストに違反しても無神経で居座るのは困りものだ。

  
 ギャラリー友の会会員と    ネパール:バタンのダル   タイ:バンコクのワット・
  筆者、右端が花澤館長     バード広場付近1995年11月   プラケオ1973年12月


 町長葬儀が終わって御会葬御礼を受け取った。喪主の奥様の許可も得ず、失礼かも知れないが、つい涙を催すようなその要旨を披露する。ご了承頂きたい。

ご会葬の上、ご鄭重なご厚志を賜り誠にありがとうございました。夫は、生来真実一路の人間でありました。家庭にあってはぶどう園を営みながらも、若くして社会貢献への大きな夢に向かって、横芝光町長として全身全霊をかたむけてきました。その夫が平成24年2月6日志を半ばにして痛恨の別れの日を迎えました。
 別れを悔やむ思いは尽きませんが、夫を失った事は、これから少しずつ重さと現実味を増してゆくでしょう。でもその度に、夫の笑顔や言葉、そして本日お集まり頂いた皆様の励ましを思い出して精一杯生きていきます。

 町長が世界の人形館を見学された時、ご自身が作られたワインをお土産にと持って来られた。ほかに町の特産品としてお米、野菜、塩など多数を頂戴し、大変恐縮したことを今も鮮明に記憶している。いつも手ぶらで来るどこかの首長とは大違いだ。
 頂いたワインは赤のヤマソービニヨンで、渋味のある濃厚なワインである。まだ半分残っているので、大事な形見として末永く保管したい。

 
 喪主の悲しみの言葉に対し、私はインターネットの「さいとうたかし追悼掲示板」に、次の通り赤裸々な気持ちを書き込んだ。
 
純粋な政治家の他界 投稿者:ワールド・トラベラー(高)
 突然のご訃報に接し、只々驚くばかりです。 小生のプライベート・ミュージアム「世界の人形館」を舞台にし、昨年6月から横芝光町との暖かい交流を続けて来ました。 貴地と当館で2度お会いしましたが、町長の穏やか表情が終生忘れられません。 小生の長男とほぼ同年齢で、若すぎる他界はもったいないと言う他ありません。 故町長は政治家としては、稀有と言ってもよいほど「純粋」で、得難い方でした。 本当にお疲れ様でした。 暫らくお休みになり、願わくば現世に戻られ、無念を晴らされんことを!

 尚、3月25日に新しい町長を選ぶ町長選挙が行われるが、故町長の立派な遺志を継ぐような適材の後継者が現れることを切に祈念したい。

 さて、最後になったが、故町長とは穏やかな笑顔が終生忘れ難い齊藤隆氏であり、同氏は美味しいワインの生産者でもありました。知り合いの或る代議士夫人が正直に申すには、「純粋な、本当に良い政治家ほど己を責め、自殺する傾向があるようです。」。本当にその様ですね。 ご冥福をお祈りします。


  
 町長室で右から齊藤町長、  町長が作ったワイン  世界の人形館で前列右から
 ワールド・トラベラー、教育長               2番目が町長、後列右が筆者


(後記)
 故町長の遺志通り、7月28日〜8月26日の1カ月間、横芝光町立図書館の町民ギャラリーで「アジア・オセアニアの民族人形展」が開催された。主催は横芝光町教育委員会、共催は展示品の民族人形を貸し出した世界の人形館。また、8月5日には夏休み子供科学講座講演会が同図書館2階のハイビジョンホールで行なわれ、ワールド・トラベラーが「アジアの昔と今」と題して講演した。良き供養になったでしょう。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売されています。
 書名は「私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」、 定価は本体1、500円+税。最寄の書店でお買い求め、又は注文可能。  また、アマゾンや楽天ブックスなどのインターネット・ショッピングもできます。
   なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合、常に在庫が十分あります 世界の人形館(TEL:04−7184−4745 ) で確実にお買い求めできます。


 尚、本書は単なるトラベルガイドブックではありません。日本の将来を憂い、特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向の提言書でもあります。是非ともご愛読のほど宜しくお願いします。    

   
   
           表紙カバーと帯                     口絵


小生のプライベート・ミュージアム、世界の人形館
では、245カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、壷、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを展示しています。ご興味ある方はご遠慮なくご来館下さい。お待ちします。但し、セキュリティなどのため、下記要領で予約をお願いします。
 TEL:04−7184−4745 又は Eメール:
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


 Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| 国内政治 | 17:57 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 17:57 | - | - | - | - | ↑TOP
    衝撃的な自殺ですね!
    きっと驚かれた事でしょう。
    やはり惜しい人ほど早世するようですね。
    それにしても、貴殿の人脈は凄いです。
    風当たりが強いようですが、頑張ってください。
    人形館益々のご発展を祈念します。
    | 井上 | 2012/02/15 3:47 PM |
    まさかと言った感じの自殺で驚いています。
    一昨日の葬儀に出て故人の穏やかな笑顔の遺影を見ると、
    未だに信じ難い感じです。
    人形館のこともお気遣い頂き、深謝します。
    当館をバッシングするのはごく一部で、愛好する人々が多いことを信じて頑張ります。
    また、ご来館下さい。お待ちします。
    | 高 | 2012/02/15 7:17 PM |
    ブログ拝見し、故町長の純粋な面を強調して下さったこと感謝します。
    今度、副町長の鈴木孝一が故町長の意志を継いで出馬することになりました。
    鈴木氏は元町職員で非常に優秀な人物であり、私とも先輩として一緒に仕事をした間柄です。
    これまでの町長選、県議選にも同士として候補者の応援をした仲です。
    今度は彼のために頑張ります。いろいろご協力ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いします。
    | 小川喜子 | 2012/02/24 2:02 PM |
    故町長の遺志を継ごうとされる鈴木孝一副町長が出馬する由、良かったですね。
    実務経験もあり、適任の方ですね。
    何か小生のほうでお手伝いできる事があれば、ご遠慮なくお申し付け下さい。
    何はともあれ、ご当選を祈念するのみです。

    | 高 | 2012/02/24 5:22 PM |
    事実をご存じないあなたが前町長を悼しむお気持ちはよく分かります。ただ、旧光町の有力者に推されて出馬した方が全く自身の政策が打てなかったのは残念です。なぜか報告しなかったPCB研究施設問題、約80%も特定の業者が落札してしまう入札問題、等々本位ではなかったようです。支えるはずの副町長や側近議員たちが何も知らなかったという疑問が出てきます。ブログの中傷で無くなったというのであればその議員は逮捕されるのではないでしょうか?
    | 冷静な町民の目 | 2012/03/10 10:04 AM |
    ご丁寧なコメントを多謝し、同時に返事が遅れ恐縮です。
    さて、PCB研究施設問題や特定業者の落札問題は、購読している朝日新聞で報道済みです。
    従い、横芝光町の町民でないとは言え、既に承知済みです。
    今はご遺族、特に奥様の心労など思うと、故人の安らかなご冥福を祈るのみです。
    また、新町長が町民の目線で町民のために奉仕されん事を祈念します。
    小生、間もなく75歳になる老人です。
    人生最後のご奉公としてささやかなボランティア活動を推進中で、
    貴町でもお役に立ちたいと念じています。
    何かご縁があるかも知れず、その節は宜しくお願いします。 
    | | 2012/03/13 1:54 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode