世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 映画化確実!?のゴーン逃亡とレバノンを懐かしむ(2) | main | 護衛艦が派遣されたアラビア海のソコトラ島の旅 >>
新型ウイルス肺炎の感染が拡大する武漢の旅
17
 先月末から中国の湖北省武漢市で、新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生している。この新型コロナウイルスの患者は中国で既に500人を超え、死者は17人(本日現在)になった。中国政府お得意の国家コン

武漢の海鮮卸売市場

(ネットより転用)

 

コントロールで過小報告され、実数は遥かに多いのでは?国外でも、タイ、日本、韓国、アメリカ、マカオで感染者が見つかっている。ちょうど30億人ほどが移動する、まるで民族の大移動のような感じの春節(中国の旧正月)と重なるだけに、死者や患者数が更に加速して大幅に増えることが懸念される。

 新型コロナウイルスではアナグマやタケネズミから人に感染し、さらに人から人へ感染したようだ。人への感染者が我が日本でも先週に確認されたことを受けて、政府は検疫所での健康状態確認という水際対策を徹底し、医療機関で感染が疑われる人が確認された際の検査を着実に運用するなどの対応方針を決定した。また、赤羽国交相は更なる感染拡大に備え、旅行会社や航空会社への迅速な情報提供に加え、空港や港湾施設での検疫が円滑に行われるよう水際対策の徹底を関係部署に指示した。

 

 さて、問題となっている武漢だが、1995年6月に長江の三峡下りクルーズに参加した際に訪れている。当時は三峡ダムが建設工事中であった。また、2009年6月にも再訪し、三国志で有名な古戦場などを回った。その時の模様を紹介しよう。

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━

 

 武漢は北京の南東約1200mに位置し、長江とその支流・漢江が交差する水の都である。湖北省の省都で人口約1100万人、中国では7番目の大都市だ。李白の詩で有名な街は、武漢三鎮と呼ばれる漢口・武昌・漢陽の3地区から成る。重慶、南京と共に中国三大釜戸と呼ばれるだけに、武漢に近くなると蒸し暑さを覚える。三峡下りクルーズも終わりに近づき見上げるような大きな橋、武漢長江大橋をくぐり抜けるといよいよ武漢に入る。

 

 

       三峡ダム       武漢長江大橋

 

 見どころは何と言っても、武漢随一の観光スポットと言われる長江の南岸側の武昌地区にある黄鶴楼である。創建は223年と古く、現在のものは1985年に再建された。高さは51m余もあり、その美しさは李白の漢詩などで知られ江南の三大名楼として有名だ。最

黄鶴楼公園

上階の5階まで昇ると、雄大な長江などを見下ろすことができる。また、黄鶴楼を中心に緑豊かな公園が広がり、園内を散策すると情緒たっぷりに浸れる。

 

    −−− 黄鶴楼 −−−

 

黄鶴楼前に立つ筆者

 

 この黄鶴楼から約6km南下すると、面積が73k屬發△蠱羚颪療垰堝發任郎蚤腓慮个箸気譴訶豸个ある。蓮の花が咲き乱れる美しい景観が広がる風景区になっており、桜の名所になっている東湖桜花園や植物園など様々な施設がある。ちなみに、武昌地区には湖北省レベルの役所が多く、省の政治の中心になっている。

 

        −−− 東湖−−−

 

               湖畔を散策する

 

 一方、全長が4408mもある斜張橋の武漢長江二橋を渡ると、対岸の漢口地区に入る。ホテルやレストランが多い商業地区が広がり、また武漢の市政府などがあり活況を呈する。因みに、コロナウイルスによる肺炎患者は、漢口地区の江漢区にある武漢華南海鮮批発市場(海鮮卸売市場)の関係者を中心に発生している。また漢口地区に近い漢陽区にある帰元禅寺は、17世紀中頃に創建された禅宗寺院。多数の経典を納めた蔵経閣、金色の500尊の羅漢像を安置する羅漢堂などが見もの。

 郊外は、武漢から南西100mほど、三国志で有名な赤壁の三国古戦場遊覧区が一押し。長江の畔にある広大なテーマパークで、入場門をくぐって南屏山や赤壁山の山道を進むこと約30分、パッと前方の視界が開ける。雄大な長江が滔々と流れ、長江の岸壁に「赤壁」と赤く刻まれた文字が見え赤壁山石刻と呼ばれる。ほかに名軍師・諸葛孔明が東南の風を呼び起こしたとされる拝風台、孔明が考え出したトリッキーな陣構えの諸葛亮八卦陣などが興味深い。

 

        −−− 三国古戦場遊覧区 −−−

 

  遊覧区のゲート付近 長江の岸壁に刻まれた「赤壁」

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━

 

 今回の新型コロナウイルスによる肺炎の集団発生が、アジアなどの限られた地域内で封じ込めることができれば上出来であろう。しかし、世界的な規模にまで拡大すれば、中国政府に対する非難が強まるのは勿論、習近平体制も脅かしかねないであろう。超大国となった中国の威信に賭けても、早期の終息が求められよう。

 

(後記)

  やっと1月31日に、WHO=世界保健機関は感染がほかの国でも拡大する恐れがあるとし、緊急事態宣言を出した。しかし、これまでに中国本土での感染者が1万4,380人となり、死者は300人を超えた。更に中国以外でも23ヵ国で感染者を出し、死者もフィリピンのセブ島で44歳の中国人男性が1日に死亡した。(2月1日)

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved         

| 世界の旅ー中国など | 10:26 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 10:26 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode