世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 北朝鮮の船が拘留されている米領サモアの旅 | main | 有志連合の現場、ホルムズ海峡で泳ぐ >>
朝日新聞が報じた、世界の全ての国を旅したワールド・トラベラー
11

 例年になく長かった梅雨が明けた途端、連日猛暑が続く鬱陶しい毎日だが、嬉しくなることが2つあった。一つはいつもより2週間も遅れて開花した大輪の花、タイタンビカスが連日乱舞し、昨日(8月5日)はなんと13輪も咲いた次第だ。この花を観賞していると想起するのが、不治の病に臥して5年目を迎える妻である。彼女は殊の外タイタンビカスを愛好した。早朝に咲き始めるが、夕刻には萎んでしまう儚い移ろいが、妻の若かりし頃の残像にダブってしまうのだ。

 

      −−− タイタンビカス −−−

 

   13輪も同時に乱舞  花の直径が21センチもある

 

 もう一つは、世界の全ての国を踏破した私ことワールド・トラベラーが、昨5日の朝日新聞朝刊の23面(ちば首都圏)で大々的に掲載報道されたことである。見出しは「195カ国 旅行記つづり6冊」で、下欄の広告欄を除けば紙面(23面)の半分近くを占めるほど。掲載紙を見た知人たちは一様に驚いたようで、反響は大きかったようだ。一方、認知症で長期入院している妻のことや、昨年11月には末期に近い大腸がん手術をしたことも取材記者には話したが、私事なので記事にされなかったようだ。

 

      −−− 掲載紙 −−−

 

 取材は6月下旬から始まり、その後10度ほど電話やメールで補充取材が続いたが、一向に掲載される気配がない。てっきり没になったのではと諦めかけていた矢先に掲載・報道され、いささか驚いた次第。筆者のプライベートミュージアム「世界の人形館」などに関し、8年ほど前から新聞・テレビ・ラジオ・雑誌から度々取材を受けてきたが、今回のような度重なる取材を受けたのは初めてであった。

 

 熱心な取材記者(写真右)のお陰で想定外の大々的な報道になったこと、朝日新聞と記者に謝意を表したい。掲載紙を見た読者からの電話による問い合わせ

も殺到しており、当分はその対応で多忙を極めそうだ。因みに、記事の趣旨は、筆者が195ある世界の国を全て訪れ、その体験を語る著書を6冊も出し、日本のグローバル化に貢献してきたワールド・トラベラーとして紹介されている。また、トラベル(旅)にはトラブルが避けて通れず、想定外の各種トラブルが披露されている。最後に、筆者が社会貢献活動として無料公開する世界の人形館が紹介され、読者の興味を引きそうな記事に仕立て上げたのは流石朝日新聞である。

 

       −−− 掲載紙に載った写真 −−−

 

2007年4月、内戦の傷跡が癒えない  世界の人形館の

アフガニスタンのカブールを訪れ、  メインホール

    貧しい子供たちを慰問

 

 ただ、惜しむらくは北朝鮮が国の数に入っていない。筆者が訪れた国の数は195になっているが実際は196で、1995年に訪問済みの北朝鮮が除外されているのだ。朝日 or 日本政府、いずれの方針に沿ったのか定かでないが、国交が無いとは言え北朝鮮を国扱いしない限り、懸案の拉致問題解決はあり得ないであろう。我が国が北朝鮮を一人前の国ではなく子供扱いするようでは、金正恩朝鮮労働党委員長もお返しとばかり安倍晋三首相を相手にしていないようだ。政治的な背景も含んだ取材にもなったようである。

 

 さらに、国ではない地域については南極と北極点だけが紹介されたが、筆者は74地域を旅している。また、国際的には広く認められていないが、ロシアなどが実効支配する実質的な国、例えば沿ドニエストル、アブハジア、ナゴルノカラバフ、西サハラ、北キプロスも紹介されていない。実際に現地に赴き確認した筆者にとり解せない点が多々あり、真のグローバル化にはまだまだほど遠いことを実感した新聞報道であった。

 

                ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 

 掲載紙で紹介された筆者の6冊の著書は次の通りです。ご関心ある方は是非ご愛読下さい。

 

書名 出版社 定価
私はワールド・トラベラー
世界257ヵ国・地域を旅した男
 文芸社 1,500円

272の国と地域を制覇した

77歳のワールド・トラベラーは
たった1人で紛争地を旅した

 幻冬舎 1,400円
トラベル・イズ・トラブル 
安全な旅は退屈だ!!

 ルネッサンス

・アイ 

1,300円

ワールド・トラベラーだけが知る

素顔のイスラム

イスラム国(IS)やシリア内戦も詳述

 新潮社 1,500円

世界を動かす少数民族

知られざる少数民族の世界から

現代世界の縮図と課題が見えてくる

 幻冬舎 1,350円
トラベル・イズ・トラブル パート2 
楽でない旅こそ最高だ!!

 ルネッサンス

・アイ

1,300円

 

 著書のお買い求めは、アマゾンなどインターネットショッピンや、最寄りの書店で可能です。なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合は、在庫が十分な世界の人形館でお求めできます。
お問い合わせ:
世界の人形館 
TEL 04−7184−4745 または 

                       携帯 090-8726-5599
          E−MAIL 
 ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| メディア取材・出演 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 11:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/329
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode