世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 紙幣のデザイン刷新と、紙幣から世界が分かる | main | 平成最後のブログ:春の東北路とインバウンド >>
連続爆発テロで緊迫するスリランカの旅(1)
10

 昨日(4月21日)はキリスト教のイースター(復活祭)であったが、キリスト教徒や外国人を狙ったような残忍なテロがあった。スリランカの最大都市コロンボをはじめ3都市で、キリスト教会や高級ホテルなど8か所で連続爆破テロがあったのだ。日本人女性1人を含む253人が死亡、約500人(4人の日本人含む)が負傷した由。

 コロンボではシャングリラホテルやシナモン・グランドホテルなど4つの高級ホテル、聖アンソニー教会、デマタゴダ地区のほかに、コロンボ北郊外のネゴンボの聖セバスチャン教会や、東部のバティカロアのザイオン教会でほぼ同時に爆発があ

爆発が起きた教会内部

(ネットより転用・加工)

り、自爆テロと見られる。死者は日本人に加え、アメリカ・イギリス・インド・中国・ポルトガル・オランダなど外国人も多く含まれている模様。犯行声明は出ていないが、イスラム国(IS)とつながるイスラム過激派組織(ナショナル・タウヒード・ジャマアート」(NTJ))の関与が濃厚のよう。

 

 スリランカと言えば、昔から紅茶で有名だが、近年は26年間も続いた内戦が国際的に知られる。2009年に多数派で仏教徒のシンハラ人と少数派でヒンドゥー教徒のタミル人との内戦が終結し、経済成長が続いている。在留邦人は800人近くおり、日本からの旅行者も増加の一途で2016年には約45000人に達した。失うものはあっても、得るものが無いのが内戦である。その再発を誰も望むまい。

 そんなスリランカを危険な激しい内戦の最中、22年前の1997年12月に旅したが、コロンボはゴーストタウンと化していた。だが、美女のフレスコ画が鮮やかなシギリヤ・レディで有名な一枚岩のシギリヤ・ロック、「スリランカの京都」と呼ばれる古都キャンディ、グリーンカーペットのような広大な茶畑、インド洋に面した美しいビーチなど観光資源が素晴らしい。今回はコロンボとその以北を紹介する。

 

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━

 

 面積は日本の約6分の1の6万5525k屬如⊃邑は約2100万人であるから人口密度は日本と同じだ。首都は1985年にコロンボから遷都されたスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ(通称コッテ)で、コロンボの中心部から南東約10kmに位置する。市街地はコロンボと隣接しており、実質的にコロンボの一部とも言えよう。人口約75万人のコロンボはスリランカ西岸に位置する同国最大の港町で、今も植民地時代の街並みが残る。

 

 街の中心は、コロンボ港とベイラ湖を繋ぐ運河を鋏んで西側に位置するフォート地区と、運河の東側にある庶民的な下町のペター地区から成る。官公庁やオフィスが多いフォートでひときわ目立つのが時計塔 で、この時計塔から300mほど北東、目抜き通りヨーク・ストリートに建つカーギルスは、1844年創業の老舗百貨店だ。大通りに面して堂々と建つ重厚な姿は、植民地時代の栄華を物語る。ただ、この辺りの高層ビル(世界貿易センターなど)は、内戦による爆弾テロで壁や窓が吹き飛ばされたままになっていた。

 

 

コロンボ市街地とインド洋俯瞰 カーギルス付近を散策する筆者  

 

 フォートの南、ゴール・ロード沿いに広がるインド洋に面しているのがゴール・フェイス・グリーンという緑地だ。広い芝生でホッケーなどに興じる人たちがいたが、日没時になると夕陽がインド洋を赤く染める。一方、ベイラ湖のすぐ南にはヴィハーラ・マハデーウィ公園があり、かつてはシナモンの栽培が行われていた。広い園内では花々が咲き乱れ、仏像も立っている。南郊外にあるデヒワラ動物園はアジア最大級の動物園と言われるが、オランウータン以外は物足りなかった。

 

 

ゴール・フェイス・グリーン ヴィハーラ・マハデーウィ公園

 

 スリランカで一番人気のある観光地と言えば、コロンボの北東163kmにあるシギリヤ・ロック。5世紀に狂気の王・カッサパ1世によって建造された都市遺跡で、ジャングルの中に忽然と立ちはだかる標高370mの岩山だ。エアーズロックに少し似ているが、頂上部分はライオンの頭の形をしている。蓮の水路というお濠を渡って岩山に向かっていくと、水の広場がある。そこには王の沐浴場などがあり、広い庭園になっている。そこを通り抜けていくと、愈々シギリヤ・ロック登山の始まりだ。

 

 

   シギリヤ・ロック    シギリヤ・ロック前に立つ

 

 初めは巨大な岩が折り重なる間を抜け、しばらく石の階段を登って行くと鉄製のらせん階段があった。その階段を上り西側の断崖の中腹に着くと、謎に満ちたシギリヤ・レディのフレスコ画が現れる。当初は岩肌に約500人の女性が描かれていたが、王宮の女性たちを描いたとも妖精の姿であるとも言われる。現在見ることができるのは18体のみだが、色彩は今も鮮やかで美しい。フレスコ画の下に位置する回廊の壁はミラー・ウォールと呼ばれ、鏡の回廊を見て進むとライオンの入口という踊り場に出る。

 巨大なライオンの爪の形をした宮殿の入口があり、断崖絶壁にへばりつくように延びる急な石段を登り切り頂上に辿り着いた。そこには王宮跡などがあり、天界へ昇ったような眺望が開けていた。周囲360度には見渡す限りの緑の樹海が広がり、その絶景に思わず息を呑んだ。

 

 

シギリヤ・レディを背にして      宮殿の入口付近

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━

 

 訪問時は内戦が続いていたため全般的に鬱陶しいムードの旅であったが、一つだけ心も体もリラックスできるものがあった。それはインド伝来の伝統的な医学であり究極の健康法であるアーユルベーダ を体験したことだ。マッサージ中はつい眠くなるほど気持ち良く、およそ1時間後に終わったが、心体ともに爽快であった。

 

              ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 

 スリランカ内戦を詳述した筆者(ペンネーム:高やすはる)の著書がありますのでご案内します。

272の国と地域を制覇した77歳のワールド・トラベラーはたった1人で紛争地を旅した!

 

      

      幻冬舎 定価本体1,400円+税 

 

 最寄りの書店でお買い求め可能です。また、アマゾンなどインターネットショッピングもできます。なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合は、在庫十分な世界の人形館でお求めできます。ご連絡下さい。

お問い合わせ:世界の人形館 
                     TEL 04−7184−4745

       携帯 090-8726-5599
        E−MAIL  ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved

| 世界の旅−アジア | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 20:26 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/318
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode