世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 平成最後の新年と「世界の人形館」に想う | main | 初めての救急車と映画『一陽来復』 上映会&トーク >>
竹田JOC会長の訴追はゴーン逮捕・長期拘留への報復!?
12

 世界を舞台にした報復合戦と言えば、最近ではアメリカと中国が覇権争いを続ける熾烈な貿易摩擦があるが、今度は我が日本とフランスによる報復合戦が繰り広げられそうである。ヘタをすれば、両国間の外交問題にも発展しかねない雲行きだ。本日(11日)フランスの司法当局が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの招致を巡る贈賄疑惑で、日本の招致委員会の委員長で日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を訴追する手続きを開始した。同会長の疑惑は、少なくとも2016年5月の時点で捜査が行われた事実がある。

 日本の招致委員会は、国際陸上競技連盟(IAAF)前会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるラミン・ディアク氏の息子と関係が深いシンガポールのコンサルタント会社、ブラック・タイディングズ社(BT)に2013年7月と10月に、合計約2億3000万円を振り込んでいた。ちょうど東京五輪招致が決定したのは2013年9月7日のため、その前後の多額の入金につき贈賄があったのではと疑われていた。しかも、BT社への支払金の一部が、オリンピック招致に関するフランス国内での汚職やマネーロンダリング(資金洗浄)に使われたとの疑惑があるようだ。

 

 その後、疑惑報道は続いたものの訴追の動きは特に無かった。それが最近になって捜査の再開が表面化した訳だが、竹田氏は昨年12月10日にフランスの司法当局から事情聴取を受けたという。一方、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は、昨年11月19日東京地検特捜部に逮捕された。さらに12月10日は金融商品取引法違反の容疑で再逮捕の当日で、同日午後には特捜部が特別背任で追起訴している。この絶妙とも言えるタイミングでの捜査開始は、ずばりゴーン氏逮捕と長期拘留に対する報復と受け取らざるを得ない。
 因みに、国際政治の世界では自国民が不当な理由で他国に拘束されたと見做したら、報復するのが鉄則とされる。沈静化していた贈賄容疑の捜査が今になって訴追手続きに入ったことは、日本側に強烈なカウンターパンチを見舞ったことになる。当然の事ながら日本政府は表向きは否定し平静を装うであろうが、フランス政府からのお返しのメッセージと捉えるのが常識であろう。ゴーン氏が日本側の人質になっているのに対し、フランス側は竹田氏を見返りの人質として確保したいのであろう。

 上述のような「目には目を」式の報復の応酬は、実は国際政治の世界では日常茶飯事である。最近でも、中国の通信機器大手、ファーウェイ(華為技術)の最高財務責任者がアメリカの要請でカナダで逮捕されたことを受け、中国は同国内にいるカナダ人の元外交官やビジネスマンを拘束した。また、昨年12月にロシア人女性がスパイ容疑によりアメリカで有罪になると、ロシアは同月にアメリカ人男性を同じくスパイ容疑で拘束した。

 なお、相手国の国民を同じ程度の容疑を理由にして拘束することは、関係国間の事態を悪化させないための最善策とも言われる。竹田氏JOC会長も、先述の通りゴーン前会長と同じく他国の関係者への資金提供が不正として疑われている。過去の事態収束の例を参考にし、日本側は現実的且つ迅速な対応が迫られよう。具体的には、先ず東京地検特捜部は一刻も早くゴーン容疑者を釈放し、日仏間の不協和音を解消すべきであろう。日本の常識が世界では非常識になることが多いのを忘れてはなるまい。

 

 結論として、日本政府としては、ゴーン容疑者の件は世耕経済産業大臣と山下法務大臣、竹田JOC会長の件は櫻田五輪大臣、外交問題に発展すれば河野外務大臣に絡む広範囲な事案になり、安倍政権にとり真摯な対処が求められるであろう。

 

(追記)

 本日行われた記者会見で、竹田氏JOC会長は贈賄関与を否定した。しかし、会見はわずか約7分間だけで終わり、フランス司法当局が調査中との理由だけで質疑応答は一切受け付けなかった。これでは説明責任を果たしたとは言えず、海外メディアの不信感は益々増幅し、日本側にとっては決してプラスにはなるまい(1月15日)。

 

           ◇◇◇ ご案内 ◇◇◇ 

   ☆☆☆ 映画『一陽来復』上映会&トーク ☆☆☆


 筆者が運営しているプライベート・ミュージアム「世界の人形館」のファンは実に多彩で、刺繍家の星野真弓さんもその一人です。彼女が代表理事を務める「一般社団法人 三月のひまわり」が主催する東日本大震災関連の映画上映会を、世界の人形館が唯一のスポンサーとして支援します。

 

日時: 2019年2月2日(日) 13:30 開演

        (13:00開場)

場所:我孫子市けやきプラザふれあいホール

アクセス:常磐線・千代田線 我孫子駅南口徒歩1分

入場料:1,000円

 

              

 

 酷寒の折柄ですが、是非ご来場下さい。お待ちします。

なお、チケットをお求めの方は下記の所へご連絡下さい。

三月のひまわり(星野)TEL 03−5652−1561 

    または

世界の人形館  (癲TEL 04−7184−4745 

               E−MAIL  ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved  

| 国際政治 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 22:26 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/308
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode