世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< ワールド・トラベラーが選んだ2018年の重大ニュース | main | 竹田JOC会長の訴追はゴーン逮捕・長期拘留への報復!? >>
平成最後の新年と「世界の人形館」に想う
10

     謹 2019年(平成31年)!
           A Happy New Year !

                 新年好!

                Feliz Año Nuevo ! 
                         Selamat Tahun Baru !
                         नया साल मुबारक हो !
                                   ! 
كل سنة و أنتم بخير

 

 亥年の元旦のお天気は今年もよく晴れ、しかも無風に近く比較的暖かかった。我が家(マンション)のルーフバルコニーでは、例年であればサザンカが咲き乱れるのだが、本年は開花する兆しが全く無い。何故だろうか?半世紀も連れ添った妻が不治の病とされる認知症で2015年6月に長期入院以降、強いられている不便この上ない独居生活もついに5年目に入った。訪れる人も無く、安寧で静かではあるが孤独な年末年始であった。

 孤独な年末年始と言えば、ゴーン日産元会長をふと想起した。拘留が度々延長され、寒かろう拘置所で過ごし越年した。かつて絶頂期にあった同容疑者から見れば、地獄に突き落とされた様なものであろう。娘の話では体重が9kgも減った由だが、もう少し人道的な見地から然るべき配慮があってもと思うのだが・・・。

 

  

      遠くに筑波山を望む  サザンカの代わりに人形館

                                                  で鮮やかに咲くハイビスカス

 

 加えて筆者は、一昨年11月の前立腺肥大の手術からちょうど1年、不覚にも昨年11月には大腸がんの手術を余儀なくされた。かなり進行していたため、手術後も抗がん剤治療を続けている。この治療を始める前に副作用のことを聞かされていたが、実際に始めてみると想定外の副作用に悩まされている。しかし、人生100年時代の世相下、長生きしたければ我慢するほかないであろう。

 

 一方、世界に目を向けて見ると、不透明な世界経済が気懸りである。年の暮れも押し迫った昨年12月30日に11ヵ国が加盟するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が正式に発効した追い風もあるが、全般的には逆風が吹くのが懸念される。昨年末の世界株安の後遺症や、一時休戦状態の米中貿易摩擦、と言うより貿易戦争の再燃などの諸問題があるからだ。

 我が日本では安倍長期政権は7年目に入り、批判が多い一強体制が続くようだ。だが、得意と言われる外交は、頻繁に外遊を繰り返しジャパンマネーをばら撒くだけで、一向に成果や実績を上げていないのが腹立たしくてならない。今年こそロシアとの北方領土問題や北朝鮮の拉致問題が具体的に進展、或いは決着するのであろうか?

 

 さて、新年早々から鬱陶しくて重い、しかもプライベートな話になり誠に恐縮だが、筆者にとって本年も厳しい見通しである。80歳代になり2年連続して手術をしているだけに、特に終活の加速が喫緊になろう。その要となるのが私ことワールド・トラベラーが社会貢献のためにと無料公開しているプライベート・ミュージアム「世界の人形館」の行く末である。

 現況などについては、詳述した2017年12月2日付け幣ブログ『「世界の人形館」の近況−多様な来館者を迎えて』と違い、最近は更に来館者が減っている。今も入院中で且つ終末期を迎えている妻のことを想うと、積極的に来館者を受け入れる気持ちになれず、またその体制にもなっていない。往時の盛況ぶりに比べれば、閑古鳥が鳴き開店休業に近い侘しい趣だ。

 

 しかし、たとえ体調が悪くても、或いは妻の見舞い・介護などで多忙でも、来館希望があれば受け入れだけは続けたい。ささやかながらも世界の人形館という舞台を通し、我が国の真のグローバル化推進の一助になりたいとの想いが今も強いからだ。また、世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーの口コミ情報で、我孫子市の美術館・博物館ベスト10の5位にランクされており、この口コミで来館する見学者が意外に多い。

 とは言え、以前は年の割には元気者と言われた筆者も寄る年波を考えると、早晩は人形館を次代の誰かに引き継がねばならない。身内に継承者がいそうでないだけに、最悪の場合は店仕舞いになるかも知れないが・・・。もちろん本件の対応に就き、今まで放置していたり、或いは無策だった訳ではない。それなりに努力はしたのだが・・・。実は有力な引き受け手候補と思しき個人や団体などに接触してきたが、なかなか後継者が決まらないのだ。

 

             −−− 世界の人形館 −−−

  

       メインホール       オリエントルーム

 

 その理由は種々あるようだが、最大の原因は、プライベート・ミュージアムから想像も出来ないほど、所蔵品が多すぎることであろう。世界の民俗人形の2000体以上をはじめ、膨大な数の世界の紙幣とコインなど、合計すれば数万点、いや十数万点にも及ぶ膨大なコレクションだ。立派な博物館並みに展示するなら、体育館ぐらいの広さが必要とするため尻込みするらしい。

 

 本ブログの愛読者、或いはその関係者の中で「世界の人形館」を引き継ごうとの結構な篤志がある方がおれば、ご遠慮なく手を挙げて頂きたい。そのために、先ずは下記の通り当館にお問い合わせ頂き、出来ればご観覧下さい。お待ちしています。

 

TEL:04−7184−4745

携帯:090−8726−5599

Eメール: ko-yasu@maple.ocn.ne.jp  

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved  

| 世界の人形館 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 17:23 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/307
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode