世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< APEC首脳宣言が採択されなかったパプアニューギニアの幻想紀行 | main | 移民キャラバンの中心国・ホンジュラスの旅 >>
逮捕されたゴーン前日産会長を育んだレバノンを懐かしむ(1)
10

 ゴーンショックというトランプ大統領も影が薄くなるほどの経済事件が、連日大きく報道されている。コストカッターとして名を馳せ日産自動車再生の救世主と言われたカルロス・ゴーン代表取締役会長が、腹心のグレッグ・ケリー代表取締役と共に、金融商品取引法の違反、つまり有価証券報告書の虚偽記載容疑で東京地検特捜部に逮捕されたのだ。同容疑者の約10億円という高額の役員年報酬については以前から賛否があり、直近の過去8年間だけでも約80億円の過小申告があったよう。因みに、ゴーン容疑者に対する容疑は、日産社内の内部通報に基づき固められ、司法取引を利用した由。 

 加えてジーア(Zi-a)という子会社を

通してブラジル・リオデジャネイロ、レバノン・ベイルート(写真)、フランス・パリ、オランダ・アムステルダムに約20億円の高級住宅を購入させ、無償で提供を受けていたなど、他にも絶対的な権力をバックにして過度の

 公私混同があったとされる。これを受けて 日産自動車は一昨日(22日)に臨時取締役会を開き、ゴーン容疑者の会長職を解任して代表権を外し、ケリー容疑者の代表権も外すことを決めた。また、兼務している三菱自動車の会長職も、近々開かれる臨時取締役会で同様の提案がされる見通しである。

 

 しかし、ゴーン容疑者が会長兼最高経営責任者(CEO)を兼務するフランスのルノーは、取締役会でCEO職の暫定的な代行を置くことにしたものの、会長兼CEO職の解任は見送り、日本側の日産と三菱自動車と対応が全く異なっている。また、ルノー側はむしろ同社に統合されるのを嫌う「日産のクーデター」と捉えている様で、ルノーに15%出資し最大株主であるフランス政府もマクロン大統領が乗り出すなど、かつて国営企業であった同社を擁護する動きがある。

 因みに、約20年前の日産は倒産寸前であったが、ルノーの出資を仰ぎゴーン前会長が最高執行経営者(COO)として派遣され、同社の傘下に入り更生を図った。その後日産は前会長の強力なリーダーシップの下、V字回復して2003年には2兆円の負債を完済した。更に2017年には、ルノー&三菱自と合わせた世界販売台数は1060万台超と世界一を達成した。 なお、ルノーは日産に43%出資して議決権を持つが、同社の売上高は日産の6割ほどに過ぎないねじれとなっており、このねじれがルノーと日産の主導権争いの主因になっているのでは?

 

 今回の事件の主役になっているゴーン容疑者が、ブラジル・フランス・レバノン3ヵ国の国籍を持つ多重国籍者であることも興味深い。1954年にブラジルで生まれ、約10年間の少年期はレバノンで育ち、その後フランスのパリで学び、フランスの大手タイヤメーカー、ミシュランに入社後ルノーにスカウトされた経歴を持つ。両親はレバノン人で、現地名の発音はゴーンでなくゴスンで、高名な一族として知られる。1974年〜1977年に近くのクウェートに商社マンとして駐在経験のある筆者は、レバノン人と取引した事もあり彼らの商才を熟知している。

 カリスマ性を感じるオーバーアクション気味の言動と、英仏語やアラビア語など数か国語を操るバイリンガルは正しくレバノン人である。更に遡れば海上交易に従事し、優れた商人であったフェニキア人の末裔である。クウェート駐在時代に彼の祖国とも言うべきレバノンへ8度も出張しており、リタイア後の2000年6月と2005年1月にも旅しており、中東諸国の中でも大好きな国の一つだ。イスラム教徒が圧倒的に多い中東では、珍しくキリスト教徒も多い多様なモザイク国家である。かつて「中東のパリ」と称えられた美しき首都ベイルートと、その郊外を紹介しよう。

 

   ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 1970年代中頃までのベイルートは政情が安定し、冬は温暖で夏もあまり暑くなく、嬉しい事にお酒も飲めるため日本の駐在員が多数住んでいた。当時担当していた取引先の合繊メーカー(東レ)の中東事務所がベイルートにあり、クウェートから打ち合わせのために年に数回も出張した。実は打ち合わせとは表向きで、勤務地のクウェートが禁酒国で娯楽も少なく、戒律が厳しいイスラム教国から一時的に逃避するのが主目的の出張であった。また時々家族(妻・長男・次男)を引率して旅行した。

 レバノンの面積は岐阜県と同じ10400k屬閥垢い、荒涼たる砂漠が多い中東では珍しく緑が多い。2000〜3000級のレバノン山脈とアンティレバノン山脈が、地中海沿いとシリアとの国境近くを走る。気候は地中海性で、一年中さんさんと陽光が降り注ぎ快適そのものだ。その歴史もアルファベットが生み、ギリシアやローマ以前に

      港よりレバノン山脈を望む

フェニキア人が活躍した輝かしい時代を持つ。

 20世紀後半に油開発ブームが到来すると、周辺の中東産油国のサウジアラビアやクウェートなどがレバノンに多額の投資をしたお陰で、中東最大の金融センターに成長した。小国とは言え実に変化に富み多様性がある、魅力満載の観光立国であった。しかし、宗教的に複雑な「モザイク国家」は、1975年頃から始まった内戦で美しい町並みや国土が無残にも破壊されてしまった。
     

 南ヨーロッパの港町を彷彿させるような開放的なベイルートは、西側は紺碧の地中海沿いの海岸、東側は「中東のスイス」と呼ばれ冬には冠雪して白銀の世界となる山岳地帯が広がる。街はイスラム教徒が多く住む西ベイルートと、キリスト教徒が多い東ベイルートに大別されるが、見どころは西ベイルートの方が多くて面白い。例えば、ラウシェ地区の地中海沿いの風光明媚な海岸通りコルニーシュには、多くのカフェやレストランが並んで活気があり、陽光あふれる南欧風の開放的なムードが漂う。この近くにはベイルートのランドマーク、鳩の岩と呼ばれる2つの巨大な岩がある。真っ青な地中海に立っており、記念撮影には絶好のポイントだ。

 

  

 地中海に面した ベイルート俯瞰 海岸通りコルニーシュで長男・次男と 

 

    −−−ベイルートの名所・地中海に浮かぶ鳩の岩−−−

 

1975年家族(妻・長男・次男)と   2005年に訪れた筆者

 

 ほかに、見逃せないスポットとして、ショッピングのメッカとして賑わうのがメインストリートのハムラ通りでホテルなども集中しており、かつては夜のお相手もしてくれるヨーロッパの女性たちが多い歓楽街でもあった。また、白砂海岸ラムレッタル・バイダ、庶民的な下町バルビール、内戦時(1975年〜1990年)は戦場になり往時の面影がほとんど残らない旧市街(エトワール広場、ローマ浴場跡、マロン派教会、マーサー広場)などがある。一方、東ベイルートは、教会が点在し高級住宅街が続くが、観光面では若干魅力を欠く。

 

 郊外は市内から北へ約24kmにあるカジノ・ドゥ・リバンは、ヨーロッパ的な雰囲気が漂う。豪華なショーが名物で、特に巨象が舞台をのっしのっしと歩き迫力満点だった。南48kmほどにある宮殿ベイト・エディーンはシューフ山地の中に静かに佇む。19世紀にレバノンを統治した支配者が建てたものでイスラム伝統建築の集大成として知られ、訪問当時は大統領の夏の宮殿として使われていた。中央に噴水のある中庭が美しい宮殿に囲まれ、ハマーム(浴場)の装飾が素晴らしく、宮殿内にあるモザイク博物館も見逃せない。

 

   

     エトワール広場        下町バルビール

 

 

ハムラ通り付近を長男と次男と共に    ベイト・エディーン

  散策中に地元民に囲まれる   

 

 豪華で魅惑的なカジノとショー、海と山の幸が堪能できオレンジが最高に美味しいグルメ、すぐかっとなるが開放的でお人好しなレバノン人気質、商売上手なレバシリ商人など、今となれば夢物語のような楽しい思い出ばかりが懐かしく残像のように残る。

 

   ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

  東京地検特捜部の厳しい取り調べに対し、逮捕されたゴーン前日産会長は徹底的に容疑を否認するであろう。だが、前会長の私物化は日を追うごとに明らかにされ、約40億円のストック・アプリシエーション・ライトという株価連動報酬(SAR)も有価証券報告書に記載していなかった様だ。

 今後フランス政府を巻き込んで紛糾すれば、場合に依っては日本とフランスの外交関係にも影響しよう。日産とルノーの両社は生産と部品調達の統合や経営合理化を業界では前例のないレベルまで進めてきただけに、提携を解消するという「離婚」は極めて至難であろう。クリスマスを間近に控え、今後の成り行きが注目される。

 

                                 ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 

無料講演を引き受けます。

  私ことワールド・トラベラーは講演・講義を全国各地で行っています。主目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生などの一助です。そのために世界に関することであれば、旅行、文化芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、経済や産業などジャンルを問わずワールド・トラベラーとして恥ずかしくない講演をします。しかも272ヵ国・地域を旅した実体験をベースに、他人様の情報をコピペ(切り貼り)しない異色のノンフイクションをありのままにお話します。
 ご希望があれば、ご遠慮無くお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の主旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


                    ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演     地球儀を前にして      満席の会場で熱心に聴講する
  するワールド・トラベラー       スピーチする筆者       多数の参加者たち 


お問い合わせ:世界の人形館 
                     TEL 04−7184−4745
      E−MAIL 
 ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved

| 世界の旅−中東・北アフリカ | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 14:14 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/303
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode