世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 公正が疑われる総選挙が行われたカンボジアの旅(1) | main | さまよえるイエメン難民と済州島 >>
2018アジア大会の開催地ジャカルタとパレンバンの想い出
11

 第18回アジア競技大会2018が、今月の18日からインドネシアの首都ジャカルタで始まった。当初はベトナムの首都ハノイ開催される予定であったが、ベトナム政府が財政難を理由として開催を辞退した。代わりにインドネシアのジャカルタとパレンバンで開催されることになったが、2都市での共同開催はアジア競技大会としては初めてだ。大会前半のハイライト種目では、競泳で池江璃花子選手など日本勢の活躍が目立ち、ライバルの中国とのメダル獲得争いは熾烈のようだ。

 前回のジャカルタ大会は筆者が若かりし頃の56年前に開かれたが、今でも少しだが記憶している。当時は17競技に約1500人が参加したが、今回は42競技に約1万1500人が競い夏季オリンピック並みの規模である。ホスト役の

 

ジョコ・ウィドド大統領は国・インド・アメリカに次ぐ世界第4位の人口大国としての自負をのぞかせ、2億6000万人の国民を鼓舞する。そこには将来オリンピック招致を起爆剤とする国家の飛躍を目論む戦略が明白であり、来年の大統領選挙で再選を意識しているのであろう。

 

 そんな将来性があるインドネシアに、現役時代の1979年〜1984年に商社マンとしてジャカルタに駐在したことがある。当時は同地をベースにして広大なインドネシア各地を回り、パレンバンにも出かけたことがある。また、2003年11月にも訪れているジャカルタに就いては、2015年3月23日付け幣ブログ『インドネシア紀行(1) ワールド・トラベラーのジャカルタ駐在』と2016年1月20日付けブログ『テロで想起したイスタンブールとジャカルタ二都物語』で紹介済みだ。今回はさらに詳述し、パレンバンに就いても簡単だが触れたい。

 

   ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 ジャワ島の北西部に位置し、東南アジアを代表する大都市として発展する首都ジャカルタは、1619年から1942年までのオランダ支配時代はバタビアと呼ばれた。その後1945年8月まで日本軍が占領してジャカルタと改称された。日本とも古くから深い繋がりがある街は、北部のジャワ海に近く華僑系が多い旧市街と、南部の官庁・ビジネス街や高級住宅地などがある新市街から成る。

 旧市街で店やレストランを営業しているのは大半が華人だ。街の北側はジャワ海に向けて扇を半開きにしたような形をしており、その中央をチリウン川が蛇行する。商業地のコタを核とする旧市街が広がり、運河がある辺りはオランダ植民地時代の名残りを留めており情緒がある。南下すると新市街があり、官庁街などが広がる街の中心モナス周辺と、高級住宅地やショッピング街になっている南のクバヨラン・バルに分かれる。さらに南東近郊には大きなテーマパークがある。

 

 

 モナスとムルデカ広場 テーマパークのタマン   コタ地区の中心 

            ・ミニで寛ぐ筆者

 ジャカルタ観光のスタートは新市街にあり、インドネシアのヘソとも言うべきモナスという独立記念塔が一押しだ。ムルデカ広場の中央に高々とそびえる通称モナスは、高さ137mもあり街随一のランドマークになっている。この広場付近には、東南アジア最大級のイスラム寺院イスティクラル・モスク、外観が優美なカテドラル、ジャワ原人の化石などが展示される国立中央博物館がある。

 この広場からハヤム・ウルク通りとガジャ・マダ通りを北上 すると、旧バタビア地区のコタ(町という意味)に入る。かってオランダの植民地貿易の中心地で、運河の国から来たオランダ人が掘った運河がいくつかある。華人経営の商店などが軒を連ね、所々に商館風の建物や運河の跳ね橋が残り異国情緒を盛り上げる。コタから約3km東にはアンチョールという総合娯楽遊園地にはゴルフ場があり、駐在時代はよくゴルフを楽しんだものだ。

 

 

イスティクラル・モスク  アンチョールのゴルフ場   コタの運河の跳ね橋

 

 一方、ムルデカ広場を出て新市街の大通り・タムリン通りとスディルマン通りを南下すると、スタジアムやゴルフ場があるスナヤンに入る。さらに南に向かうとジャカルタ南部の中心クバヨラン・バルに着く。ショッピング街のブロックMを中心にして高級住宅街が取り囲み、この付近には筆者も含め多くの日本人が住んでいた。

 ここから約10km南東にはタマン・ミニ・インドネシア・インダー、略称タマン・ミニというテーマパークがあり、週末は家族連れで賑わう。敷地内の中央に配した池にはインドネシアの各島が浮び、池の周りを各州の郷土館などが建ってインドネシア全体が俯瞰できる。数ある郷土館の中でも、スラウェシ島のトラジャ地方で船形の屋根を持つ伝統家屋トンコナンが抜きん出て異彩を放つ。

 

                                  −− タマン・ミニ −−

   

 タムリン通り付近     トラジャ館    妻・長男・次男と


 長さ1790km、幅最大435kmもあり日本より広いスマトラ島の南東部にあるパレンバンは、ジャカルタの北西約430kmに位置する。人口は100万人を超え、油田開発で発展する町である。町中を流れるムシ川によって南北に分かれ、両岸を繋ぐアンペラ橋は全長1117mもある。日本が戦後に賠償の一環として建設した橋は船が航行する時は橋桁が上昇する昇開橋で、この種の橋としては東南アジア最大級とか。

 この橋の下流約6Kmにクマロ島という三角州のような小島があり、島の中央に中国様式の見事な九重塔がある。この島はその昔中国の王子とシュリーヴィジャヤの王女のラブストーリーの舞台とされ、九層の塔のそばに生えている大木は「愛の木」と呼ばれ、そこを訪れると恋愛が成就すると言われる。ほかに、賑わう市場パサール、ムシ川河口近くにあるバンカ島などを訪れた。

 

 

  ムシ川とアンペラ橋    クマロ島の九重塔

 

  約5年間に及んだ駐在員生活で最大の想い出は、息子たちの教育の関係で強いられた単身生活であろう。しかし、筆者と同じ境遇の単身赴任者が数人集まって御殿のような豪邸で寮生活を送り、5〜6名の召使が何から何まですべて身の回りの世話をしてくれたので、特に不便さを感じることは無かった。さらに、勤務先から専用車と運転手を提供してくれ、平民出身の筆者としては、最初にして最後の王侯貴族の生活を満喫した訳だが、今から思えば異次元の夢物語であったようである。

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 アジア大会は昨日(2日)閉幕した。我が日本は中国に次ぐ75個の金メダルを獲得し、競泳女子で6冠に輝いた池江璃花子は最優秀選手(MVP)に選ばれた。一方、開催国のインドネシアのジョコ大統領大統領は、2032年のオリンピック開催国に立候補することを表明した。

 

 Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved

| 世界の旅−アジア | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 12:53 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/294
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode