世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 悪質タックルの日大は森友加計問題の安倍政権と似ている!? | main | 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う >>
大関昇進の栃ノ心を生んだジョージアの旅(その1)
9

 「親方の教えを守り、力士の手本となるように、稽古に精進します」と伝達式で今時にしては珍しい古風な口上を述べた。昔の大相撲力士のような、日本人よりも日本人力士らしい風格の外国人力士がいる。一昨日(5月30日)大関昇進が決定したジョージアのムツヘタ出身の栃ノ心(30歳)がその人で、外国出身では11人目の大関誕生である。

 その相撲ぶりは相手力士とがっぷりと組み、力強く投げたり押し出したり、時には怪力に任せて吊り上げる。そのけれんみの無い取り組みは、ダイナミックで爽やかである。新入幕から大関に昇進するまで60場所もかかったが、これは大相撲史上で最もスローな昇進だ。加えて30歳7か月の大関昇進は3番目の高齢記録

   (ネットより転用)

だ。しかし、稽古熱心だし相撲ぶりも若々しく、今後の精進次第では横綱もなれるのではと期待したい。

 

 さて、栃ノ心の母国、ジョージアは国土面積が日本の5分の1弱の6万9700㎢の小国だが、旧ソ連の有名な指導者だったスターリンが生まれた地として有名だ。また、カフカス山麓にありワインが美味いので知られ、栃ノ心の実家もワイン農家である。我が国ではさほど知られていない同国を筆者は1998年5月と2013年7月に旅しており、その時の国名はグルジアであった。ジョージアに国名変更したのは2015年4月で、2018年3月7日付け幣ブログ『国名変更で揺れるマケドニア紀行触れている

 

  

                                                             ムツヘタを俯瞰

 

 変更の理由は2008年8月にロシアと戦争して負けた訳だが、ロシア語読みの「グルジア」と呼ばれるのを嫌ったのであろう。また、同国を訪れた時の模様は、2013年7月31日付け幣ブログ『 ギネス更新(!?)265ヵ国・地域を旅し, Travel is Trouble 痛感 』で簡単に紹介済みである。今回は栃ノ心の生まれ故郷、ムツヘタと、首都トビリシを詳述する。

 

  ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 ムツヘタトビリシの北西約20km、人口は7600人の古都である。ムトゥクヴァリ川とアラグヴィ川の合流地点にあり、ロシアへと続いていくグルジア軍用道路の通過点でもある。紀元前4〜5世紀の間、グルジア南東部にあったイベリア王国の都として5世紀に首都がトビリシに遷都するまで栄えた。小さい町だが、世界遺産になっている歴史的なスポットがある。

 一つは町の東外れにあるジョージア最古の教会、スヴェテイ・ツホヴェリ大聖堂である。4世紀に聖女ニノがメリアーニー王の妃の目を治したことから、キリスト教がイベリア王国の国教となった。王宮に小さな木造教会が建てられたとされ、現在の建物は11世紀ごろに再建された。その後もグルジア正教の中心地であり続け、教会内のフレスコが素晴らしい。もう一つはトビリシから町に入る手前、右側に見える丘の上にポツンと建つジュワリ修道院だ。6世紀に建てられた修道院の名前は「十字架」を意味し、真上から見ると十字架の形をしている。装飾も少ない素朴な教会だが、丘からはムツヘタの町が一望でき絶景だ。

 

          −−− ムツヘタ3景 −−−

  

スヴェテイ・ツホヴェリ  ジュワリ修道院前に     旧市街

     大聖堂       立つ筆者

 

 一方、トビリシはトルコから流れるムトゥクヴァリ川流域の町で、人口は約110万人。標高は453mで三方を山に囲まれ、肩を寄せ合うように家々が山の斜面にへばり付く。民族間争いが絶えないコーカサス地方にしては珍しく、グルジア人以外の民族も共存する国際的な都市だ。マルコ・ポーロが「絵に描いたように美しい」と称賛した町は、コーカサス地方では出色のエキゾチックな雰囲気が漂う。特に旧市街は、木造の建物の上階にバルコニーがしつらえられ、手すりに透かし彫りが施された家々が多い。かってこの地を支配したペルシャの香りもする。

 ムトゥクヴァリ川の畔にあるメテヒ教会は小高い丘のに建つ小さな教会だが、テラスや近くのダルジャン王妃の王宮跡から眺める対岸の旧市街やナリカラ要塞のパノラマが素晴らしい。教会の上の高台にあるメテヒ・パラスホテルからも似たような展望が楽しめる。町で一番高い標高727mの見晴らしの良いムタツミンダ山の展望台からは、正反対の角度から町の全景は勿論、万年雪を頂いたカフカス山脈が見渡せる。この展望台から北西1kmほどにある民族野外博物館は昔のグルジアの農家などを移築して展示しており、古き良き時代が偲ばれて興味深い。

 

              −−− マルコ・ポーロも称賛したトビリシ −−−

 

ナリカラ要塞を背にして    メテヒ教会     民族野外博物館 

 

 この旅では各地で大勢の子供たちに出会い、人懐っこい彼らの暖かい歓迎を受けた。顔立ちの綺麗な子が多く、服装など身なりも小ざっぱりしていた。今から20年前のことだから、本名がレバニ・ゴルガゼという栃ノ心が10歳の頃のことだ。ひょっとしたら会った子供たちの中にレバニ君が、或いは彼の友達がいたかも知れない。と想うと、地球は広いようだが、同時に狭いようでもある。

 

 因みに、2013年に15年ぶりに再訪したが、唯一の例外を除いて街はあまり変貌していなかった。その例外とはトルコから流れる風情あるムトゥクヴァリ川に架かる平和橋で、2010年5月に開設された歩行者用の橋である。イタリア人建築家の設計による斬新で未来的なデザインは今まで見たことも無く、その斬新さは昔の街並みの雰囲気を残すトビリシでひときわ群を抜いていた。この橋を歩いて渡ると、眼前に良く整備され花が咲き乱れるリケ公園が広がる。

 

  

可愛い少年・少女と交流 ムトゥクヴァリ川に架かる 平和橋を背にして

               ユニークな平和橋 

 

      ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 日本人横綱の稀勢の里が休場続きで、このままでは引退もやむを得ないであろう。栃ノ心にとってはその後釜を狙う絶好の機会であり、大関昇進の伝達式で述べた「力士の手本となるように、稽古に精進します。」に励めば、更に上の最高位も狙えよう。

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| 世界の旅− ロシア・東欧 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 13:30 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/285
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode