世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 森友文書の改ざんと男の美学 | main | It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ >>
金正恩委員長の電撃訪中と国境の街・丹東の想い出
11

 北朝鮮も参加した過日の平昌五輪のビフォーアフターが注視されているが、5月末までの実現を目指す米朝首脳会談に続くサプライズがあった。北朝鮮の金正恩北朝鮮労働党委員長が今月の25日から28日まで夫人と共に特別列車で中国を電撃訪問し、北京で習近平国家主席と会談したのだ。金正恩氏が2012年4月に北朝鮮のトップに就任後の初めての外遊で、同国の最高指導者が北京を訪問したのは父の金正日総書記以来で7年ぶりのこと。

 人民大会堂で行われた両首脳の会談では、中国と北朝鮮の伝統的な友好関係を継続することなどを確認したほか、来月の南北(韓国と北朝鮮)首脳会談、5月のアメリカと北朝鮮の首脳会談についても協議した由。また、金正恩氏は懸案の非核化に向け意欲を示したが、自らの安全保障と体制維持のために中国の後ろ盾を求めたのであろう。国際社会による圧力を切り崩すためにも、朝鮮戦争時に築いた血の同盟国・中国の協力が不可欠と計算したようだ。

 

   

 握手する習近平主席と金正恩委員長 丹東〜新義州に架かる中朝友誼橋を

                     渡る特別列車

           (ネットより転用・加工済み)

 

 中国は金正恩委員長の訪中で、朝鮮半島での影響力を発揮できる足場を固めることが出来たよう。また、アメリカのトランプ大統領が仕掛けた貿易戦争に対して中国が報復措置を取る中で、中国に北朝鮮が近寄ればアメリカに対する中国の立場が強くなるメリットがある。中国にとっても北朝鮮にとっても、今回の中朝首脳会談はウィン、ウィンをもたらしたと言えよう。また、金正恩委員長が基本的に非核化に同意しても、北朝鮮は決して核を放棄せず保有し続けるであろう。

 一方、ビジネスが好きなトランプ大統領は北朝鮮の非核化に合意したとの建前を取りながら、同国の核保有を実質的に容認する可能性が大である。そのために北朝鮮は国際原子力機関(IAEA)査察の受け入れが必要だが、この査察の期間は約10年と見込まれる。この間はアメリカは武力行使出来ず、金正恩体制は保証され安泰であろう。一方、圧力を続けることに固執する我が日本は、北朝鮮を巡る各国の動きから完全に取り残される恐れがある。本格的な経済支援が出来るのは、日本だと踏んでいる北朝鮮の胸算用を忘れてはなるまい。

 

  さて、金正恩氏が乗った豪華な特別列車は平壌を出発し、中朝国境の中国側の街、丹東や瀋陽などを経由して1300kmほど走行して北京に着いた。因みに、列車は「走る特急ホテル」とも言われ、防弾設備はもちろん、車内には豪華な応接室や最高級のベッドルームなどが設置されているという。アメリカの

 大統領専用機「エアフォースワン」の列車版と言えよう。その沿線の街々を私ことワールド・トラベラーは数度旅している。本ブログでは2009年6月に訪れた国境の街、丹東を紹介する。

 

   ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 謎めいた北朝鮮に最も近くて最大の都市と言えば、鴨緑江を挟んで北朝鮮と国境を接する丹東になろう。人口は約24万人で、その1割近くの約2万人が朝鮮族である。中国と北朝鮮国境にまたがる長白山の南麓で源を発する全長790kmの鴨緑江は、この国境都市で黄海に注ぐ。街のランドマークは何と言っても、鴨緑江に架かる2つの大橋である。中朝間の重要な物流ルートになっている全長946mの中朝友誼橋は、丹東と対岸の北朝鮮の新義州を結ぶ。

 

 

  鴨緑江に架かる中朝友誼橋    鴨緑江断橋のそばに立つ筆者

                    左の橋が中朝友誼橋

 

 金正恩北朝鮮労働党委員長を乗せた特別列車も、この橋をゆっくりと渡った。1931年に橋の建設が始まり、12年後に完成した橋には鉄道と道路の各1本が敷かれた。橋の中央が国境になっており、列車や車、人々の往来に利用されている。この橋の南側にあるもう1つの橋が、丹東随一の観光スポットになっている鴨緑江断橋である。橋の中央部が回転する珍しい橋であったが、朝鮮戦争で米軍の爆撃によって破壊された。橋が折れた地点まで歩いて行くと、北朝鮮にぐっと近付く。

 

 また対岸の北朝鮮側の町、新義州にさらに接近したいなら、断橋近くの川岸から出る遊覧船がおススメだ。高層ビルが多い丹東に比べ、対照的に高い建物が見当たらない新義州の様子を垣間見ることができ、両岸の経済格差が明白である。因みに、大橋を眺めるポイントはいくつかあるが、河畔にある鴨緑江公園がおススメだ。様々なオブジェや噴水などがあり、散策にも絶好である。

 ほかに丹東市内で見逃せないスポットとして、炭火焼のハマグリが美味かった屋台が並ぶ繁華街の七経街、街の北外れにあり頂上からは丹東の市街地が一望できる錦江山公園などがある

 

 

  鴨緑江断橋から丹東側を望む  鴨緑江の遊覧船から新義州を望む  

 

 郊外では、約20km北にある虎山の山麓にある虎山長城がイチ押しだ。明時代の1469年に築城が始まった長城は、2009年4月に総延長が8852kmと修正された万里の長城の東端と確認された。良く整備された立派な長城の頂からは北朝鮮がバッチリ見渡せ、なかなかの絶景であった。

 

 

     虎山長城の門       虎山長城内でのワールド・トラベラー

 

   ☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆━…━☆

 

 トランプ大統領と金正恩委員長の会談は予定通り5月末までに行われる見通しだが、もし一波乱があるとすれば「非核化」の定義につき両者の思惑違いがハッキリと露呈することであろう。最悪の場合は、決裂するかも知れない。

 他方、金太郎飴のように北朝鮮への圧力継続を声高に主張し続けるが、北朝鮮の変化自在の変わり身に覚束ないのは安倍政権。早急に森友文書改ざんのケジメを付け、長年懸案の拉致問題の早期解決を実現して欲しいものである。

 

(後記)

 トランプ大統領と金正恩委員長の米朝会談に先立ち、昨日韓国の文在寅大統領と金委員長は板門店で11年ぶりの南北首脳会談を行った。会談を終えた両首脳は、朝鮮半島の完全な非核化実現などを目標とした「板門店宣言」に署名した。一見歴史的な会談のようだが、肝心の非核化につき具体策は示されなかった。

 一方、残念ながら我が日本が期待した拉致問題は話し合われなかった様で、拉致被害者の会の関係者はきっと落胆したであろう。やはり2〜3流と揶揄される日本外交の無力を露呈した感じで、情けないお話で誠に遺憾である(4月28日)。

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| 世界の旅ー中国など | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 17:37 | - | - | - | - | ↑TOP
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/277
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      高 (06/25)
    • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
      相子 (06/24)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      高 (06/20)
    • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
      相子 (06/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      高 (05/19)
    • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
      相子 (05/18)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      高 (05/11)
    • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
      相子 (05/11)
    • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
      (04/16)
    • 81歳と春の花と国会混迷
      高 (04/16)
    MOBILE
    qrcode