世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
<< 爆破テロがあったサンクト・ペテルブルクの旅 | main | 仏大統領選とフランス紀行−2(南仏編) >>
傘寿を迎えて想う
10

 今からちょうど80年前の今日、1937年4月13日に厚かましくもこの世に生を受けた。そして72年前の終戦をはさんで5分の4世紀を生き抜き、正真正銘の傘寿を迎えた。本来の傘寿は数え年で80歳を指すようだが、筆者の場合は現代風の満年齢の80歳である。それにしても月日の経つのが速いことを改めて痛感する昨今だ。

 私たちはある年齢になると、長寿祝いをされるような年齢を迎える年がある。先ず、最初の節目が還暦(60歳)である。以降は古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)がある。大相撲の番付で言えば、傘寿は幕下か十両あたりに相当するのであろうか。 

 

 長寿と言えば、長寿を迎えた人を何らかの形でお祝いする、いわゆる長寿祝いがある。しかし、常日頃の精進が悪いのか、或いは人徳が無いためであろうか、筆者の周りにはそのような動きは皆無のようだ。もっとも、長寿祝いをすると、それ以上は長生きしなくなると言うことでお祝いをしない人もいるようである。見栄を張る訳ではないが、出来れば長生きしたい筆者もその類になろう。

 実は、オメデタイ長寿祝いどころでない事情もある。度々幣ブログで触れている通りパートナーである妻が2年前より認知症で入院しており、不帰の人になるのが時間の問題という冷酷な現実がある。最近も肺炎を併発し、点滴を受けるなど少々危篤状態が続くので心配な毎日だ。加えて、2人の息子夫婦と孫5人の合計9人の身内がいるが、恥ずかしながらほとんど没交渉である。親として己の教育が悪かったと、因果応報を全面的に受け入れざるを得ない不甲斐なさだ。

 

 不快な思いをする人がいるかも知れないが、80年の人生をサッと回顧してみよう。大阪市で産声を上げたのは戦前の1937年(昭和12年)で、7月には日中戦争の発端となった盧溝橋事件があった年である。その後第二次世界大戦が勃発し(1939年)、太平洋戦争に突入した(1941年)。1944年に大阪市の国民学校(現小学校)に入学したが戦時色が強くなり、翌年にアメリカ軍の激しい空襲を逃れるため両親の故郷である徳島市へ学童疎開した。

 

 

    5歳の頃

 

 だが、皮肉にも疎開先で大空襲に遭い、幼心ながら戦争の怖さと悲惨さを実体験し、1945年8月15日にあの終生忘れ難い終戦の日を迎えたのである。これを機に戦後の日本は全てが変わったと言っても過言ではない。徳島市の小学校を卒業後、中学校1年の時に大阪市に戻り、同市の中学校、高校、大学を出て憧れの世界に飛躍する商社マンになった。

 その頃から我が日本は右肩上がりの高度経済成長時代に入り、その先兵となって貢献したのが担当の合成繊維の輸出であった。頻繁な海外出張のほかに、1974年〜1984年にはクウェートとインドネシアに駐在した。後にワールド・トラベラーと呼ばれるようになった礎は、この時代に築かれたと言えよう。

 

   

   大学生時代     クウェート駐在時代   インドネシア駐在時代

            右端が筆者、左端が妻
 

 リタイア後も世界各地をかけ巡り、1995年に南極・北極点・北朝鮮、2007年にアフガニスタン・ソマリア、2011年には最新の独立国、南スーダンを訪れた。今まで旅した国・地域は272にもなる。その間、2009年からプライベート・ミュージアム「世界の人形館」を無料公開し、講演活動も含めささやかな社会貢献活動に残り限られた余生を捧げている。主たる目的は、地域の活性化と国際化推進である。 

 「世界の人形館」の運営を支えてくれた妻の姿が消えてから早や2年が経つ。人間死は避けて通れないものとか、会うは別れの始めと分かっていながら、さてその当事者になると切なく悲しくもなる。実のところ、孤独死だけは避けたいと、世代を問わず他人様との交流に心がけている。特にご近所に住む小学校1年生の利発で可愛い女の子、塚本采花(ことは)ちゃんが毎週訪ねて来るのが嬉しく、長生きに必要な元気をもらった上に生甲斐にもなっており誠に有難い。

 

   

  南極でペンギンと仲良く   北極点に立つ       小学校に入学した

                            采花ちゃんと


 80歳と言えば日本の男性の平均寿命だ。今後は余禄と思って気楽に余生を送りたいのだが、入院病床を全国的に1割減らす計画があることを知らされ不安である。各都道府県がまとめた地域医療構想によれば、年間40兆円を超える国民医療費を減らすため入院患者を在宅医療に移行を目指すらしい。

 しかし、病床減に伴う受け皿確保、例えば、どのようにして訪問医などを確保するのであろうか。昔はいざと言う時に駆けつけてくれる町医者が多く、在宅医療や介護は可能であった。しかし、今は訪問医が皆無に近く、課題は多いようだ。筆者もいずれはお世話になろうことでもあり、先行きが気掛かりである。

 

 また、我が国にも深刻な影響を与えそうなアメリカによる北朝鮮への武力行使が囁かれ、国内では森友学園問題などの対応で真相究明に背を向けて無視する安倍政権の傲慢さなど、内外共に穏やかならぬ情勢下では安寧な余生は望めそうもないようだ。

 今後の唯一の楽しみは、やはり認知症防止にもなる執筆活動になろう。昨夏以降は筆を休めているが、ぼちぼち再始動したいと思っている。もっとも売れない本をいつまでも懲りずに書くのは、いささか気恥ずかしいのだが・・・。

 

追記 

 先刻件の女の子、ことはちゃんが来館し、傘寿祝いにとケーキをプレゼントしてくれた。早速一緒に食べてお祝いをしてくれたが、何の血のつながりも無い子供と、ケーキを買って下さったママさん(恵美さん)の優しい心根に感涙した次第である。(4月13日夜)

                 ◇◇◇ ご案内 ◇◇◇     

 

私ことワールド・トラベラーには下記著書があり、ご関心ある方は是非ご愛読下さい。 

 

書名 出版社 定価 表紙

私はワールド・トラベラー
世界257ヵ国・地域を

旅した男

 文芸社 1,500円

272の国と地域を制覇した77歳のワールド・トラベラーはたった1人で紛争地を旅した

 幻冬舎 1,400円

トラベル・イズ・トラブル 
安全な旅は退屈だ!!

 ルネッサンス

・アイ 

1,300円

ワールド・トラベラーだけが知る素顔のイスラム

シリア内戦等も詳しく紹介

 新潮社 1,500円

世界を動かす少数民族

少数民族の世界から現代世界の縮図と課題が見える

 幻冬舎 1,350円

 

トラベル・イズ・トラブル

パート2 
楽でない旅こそ最高だ!!

 ルネッサンス

・アイ

1,300円

 

 幣著書のお買い求めは、アマゾンなどインターネットショッピンや、最寄りの書店で可能です。なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合は、在庫が十分な世界の人形館でお求めできます。
お問い合わせ:
世界の人形館 TEL 04−7184−4745
        E−MAIL 
 ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| - | 07:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
スポンサーサイト
0
    | - | 07:55 | - | - | - | - | ↑TOP
    高さん 今晩は
    ご無沙汰しておりました。過日チラとステーキのお店でお姿をお見かけしました。このお嬢ちゃま達でしょうか。ご家族かと思い、声をお掛けしませんでした。
    奥さまお悪く案じております。
    80歳とは気が付きませんでした。失礼致しております。
    執筆は痴ほう防止になると思いますので、これからも継続なさって下さい。
    | 相子 | 2017/04/18 9:51 PM |
    相子さん
    こちらこそ暫くご無沙汰しております。
    ステーキ店で小生を見かけたのことですが、
    一緒にいたのはこのブログでも紹介しています塚本さんの
    ファミリーです。
    まるで実の娘や孫たちのように付き合っていただける、まことに
    有難い一家で感謝しています。
    因みに、小生の孫たちは大学生や高校生で、大きくなると相手にしてくれません。寂しいですね。
    | 高 | 2017/04/19 10:12 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://abiko8524.jugem.jp/trackback/235
    トラックバック
    PR
    PROFILE
    LINKS
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    新着コメント
    • 米国史上最悪の銃乱射事件があったラスベガスの旅
      高 (10/17)
    • 米国史上最悪の銃乱射事件があったラスベガスの旅
      相子 (10/17)
    • 「世界の人形館」の近況:Japanese World Doll Museum [Abiko Japan]
      (09/10)
    • 「世界の人形館」の近況:Japanese World Doll Museum [Abiko Japan]
      相子 (09/09)
    • 大洪水に見舞われたテキサスの旅
      (09/06)
    • 大洪水に見舞われたテキサスの旅
      相子 (09/05)
    • 北朝鮮のミサイル発射計画の標的になったグアムの旅(2)
      高 (09/01)
    • 北朝鮮のミサイル発射計画の標的になったグアムの旅(2)
      相子 (08/31)
    • 夏の花と花火を愛で過ぎ行く夏を想う
      (08/13)
    • 夏の花と花火を愛で過ぎ行く夏を想う
      相子 (08/11)
    MOBILE
    qrcode