世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
272 Countries & Regions visited by The World Traveller
12
Dear Readers !

  Let me introduce myself ! My name is (Mr.) Yasuharu Ko or 癲
康治 , born in Osaka, Japan. I  am 77 years old. I have some special
names called
The World Traveller and 世界人 (Sekaijin). Both names
have been given by an American traveller and a Nowegian student.

  For nearly half century, I  have ever travelled 272 countries and
regions which are listed as under and rumored widely as Guinness
World Record or an unbelievable world record.Furthemore, I  am told
to be an expert in Islam since I  have lived in Islamic countries of
Kuwait and Indonesia for 9years.
 From time to time, I  would  like to write useful travel reviews around
the world to broaden your global outlook and to seek world peace.
P
lease submit me any question or request on World trip if you have it.
Please Contact  
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp in English or in Japanese
(日本語). Don't hesitate !


   
   The World Traveller     Angel Falls, Venezuera   世界人 on  Antarcitica
       on North Pole             

    
   
Lake Band-e Amir,       Bengal tigers are    One Foot Isl. of Aitutaki 
        Afganistan            my best friends !      Lagoon,Cook Islands

  −− Cultural exchanges with local people for World Peace −−

  
   Dani tribe of Papua,       Militiamen near      Friendly people in Juba,
        Indonesia                 Sana'a,Yemen             South Sudan


Please also visit my private museum of  The World Doll Museum
or 世界の人形館 in Abiko City, Japan subject to booking prior to
visit if you are interested in it. Discover the the world in a glance
and have the feeling of a foreign trip at my museum which has
many & various exhibits collected by The World Traveller !
  For  International Cultural Exchange, we have received many
visitors from United States,
Australia,United Kingdom,Canada,Iran,
Norway,Finland,Netherland,China,Taiwan,Korea,Bangladesh etc.
 

 ―  An Introduction to The World Doll Museum (WDM), Japan ―
    

    
                ( Main Hall )                       ( Globes of the World )

  
    ( Folk Dolls )              ( Orient Room )            ( Main Hall)

  The peaceful museum without any border nor any prejudice
welcomes everyone to visit at any time, and offer heartfelt
hospitality or おもてなし(omotenasi) to dream and relax.

 
272 Countries & Regions visited by Y. Ko,
Japan's World Traveller
      199 Countries & 73 Regions((As of Sept.2014)
 
                 Africa 55 Countries & 1 Region
Northern Africa Central Africa  Niger
 Algeria  Gabon  Western Sahara
 Egypt   Cameroon  Burkina Faso
 Ethipoia   Congo  Benin
 Eritria  Democratic Congo   Mali
 Djibouti  Sao Tome & Principe  Mauritania
 Sudan         Equatorial Guinea  Liberia
 Tunisia  Chad Southern Africa
 Morocco  Central African Rep.  Angola
 Libya Western Africa  Zambia
Eastern Africa  Cabo Verde  Zimbabwe
 Uganda  Ghana  Swaziland  Lesotho
 Comoros  Gambia  Namibia
 Kenya  Guinea  Botswana
 Seychelles  Guinea-Bissau  Madagascar
 Somaliland  Cote d'Ivoire  Malawi
 Tanzania  Sierra Leone  South Africa
 Burundi  Senegal  Mauritius
 Rwanda  Togo  Mozambique
 South Sudan  Nigeria Reunion
    54ヵ国・1地域
                 
Asia  48 countries & 13 Regions
East Asia  Myanmar  Abkhazia
 South Korea  Laos  Armenia
 North Korea South Asia  Nagorno-Karabakh
 Mongolia  India   Andaman Is.       Middle  East
 China Jammu Kashmir  Afganistan
Taiwan  Pakistan  United Arab Emirates
Hong Kong
Macao
Gilgit &
   Azad-Kashmir
 Iraq
Siberia  Sri Lanka  Iraqi Kurdisutan
Kamchatka  Nepal  Israel      Palestine
Sakhalin  Bangladesh  Yemen    Socotra Is.
Southeast Asia  Butan  Iran
 Malaysia  Maldives  Oman
 Singapore Central Asia  Qatar
 Indonesia  Uzbekistan  Kuwait
 East Timor  Kazakhstan  Saudi Arabia
 Thailand  Kyrgyzstan  Bahrain
  Philippines  Tajikistan  Syria
 Brunei  Turkmenistan  Jordan
 Viet Nam Caucasus  Lebanon
 Malaysia  Azerbaijan  Tukey
 Cambodia  Georgia      Adjara  North Cyprus

                 Europe 47 countries & 21 Regions
Western Europe  Cyprus  Rumania
 Ireland Shetland   Orkney Is.  Croatia
 Andorra Sicilia       Sardegna  Kosovo
 United Kingdom Mallorca  Islas Canari  Slovakia
 Italy Azores      Madeira  Slovenia
 Austria Gibraltar   Mann   Serbia
 Netherlands Crete       Rodos  Czech
 Greece Aegean Is.(Santorini)  Hungary
 San Marino Nothern Europe  Bulgaria
 Switzerland  Iceland  Belarus
 Spain  Denmark  Poland
 Germany  Sweden   Gotland  Bosnia & Herzegovina
 Vatican  Norway  Macedonia
 France   Corsica Lofoten  Moldova
 Belgium  Finland  Trans-Dniestr
 Portugal Eastern Europe  Montenegro
 Malta  Albania  Ukraine   
 Monaco  Estonia  Russia  Chechnya
DagestanNorth Ossetia Kaliningrad Crime
 Liechtenstein  Latvia
  Luxembourg  Lithuania
    
                 Americas 35 countries & 17 Regions
North America  Jamaica South America
 United States  Saint Kitts & Nevis  Argentina
CanadaNewfoundland  Saint Vincent & Grenadines
 Uruguay
Bermuda  Saint Lucia  Ecuador
Central America  Dominica  Guyana
 El Salvador  Dominican Republic  Colombia
 Guatemala  Trinidad & Tobago  Suriname
 Costa Rica  Haiti  Chile
 Nicaragua  Bahama  Paraguay 
 Panama  Barbados  Brazil
 Belize Puerto Rico  Venezuela
 Honduras Cayman Is.  Peru
 Mexico US Virgin  British Virgin  Bolivia
Caribbean Sea SaintMartin *SintMaarten Guyane Française
 Antigua & Barbuda Martinique *Saint Barth Easter Is.
 Cuba Anguilla Islas Galápagos
 Grenada Aruba Curaçao Falkland Is.

                       Oceania 14 Countries & 12 Regions
Pacific Ocean  Tonga Guam
  Australia         
Lord Howe
Federated States of 
 Micronesia(Yap etc)
Northern Mariana Is.
 (Saipan,Rota)
 New Zealand  Vanuatu Nouvelle-Calédonie
 Papua New  Guinea  Palau Wallis & Futuna
 Kiribati  Fiji Tahiti
 Tuvalu  Marshall Is. Hawaii
 Solomon Is.  Nauru Indian Ocean
 Samoa Cook Is. Cocos Is
 American Samoa Niue Christmas Is 

                                  Polar Regions 9 Regions
Antarctica North Pole Canadian Arctic (Devon Is. etc)
Greenland Franz Josef Is. Ellesmere Is.
Svalbard Novaja Zemlja Alaska


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved                      
                                       
| ギネス級ー世界最多訪問国 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
世界人が実践する地球儀俯瞰民間外交と安倍晋三首相の最多外遊
10
 安倍晋三首相がこのたびバングラデシュとスリランカを訪れ、第2次政権で歴訪した国の数は49に達し歴代総理で最多となった。隣国の中国と韓国が未訪問とは言え、ご立派な記録達成である。オメデトウございます。もっとも、自慢話になり恐縮だが、私ことワールド・トラベラーが保持する記録272ヵ国・地域訪問に比べればまだまだ序の口か序二段辺りで、なお一層の感じが否めないであろう。

 ところで、最近また一つ「
世界人」という名誉な称号が増えた。今まで訪れた国・地域の数272の明細は下表の通りで、信じ難い人がいてもおかしくないギネス級の記録と言えるかも知れない。
 実は1ヵ月ほど前にノルウェーとオランダの男子大学生たち3人が、筆者が社会貢献活動の一環として千葉県で無料運営するプライベートミュージアム「
世界の人形館」を見学に来た。20歳前後の年はちょうど世界人の初孫とほぼ同じ年頃で、まるで孫が遊びに来たような感じであった。

 その際彼らに272ヵ国・地域も旅したことを話すと驚き、帰り際にお願いした記帳でノルウェーの若者が見事な日本語でコメントを寄せてくれた。他の2人は英語とオランダ語で称賛の言葉を書いていたが、綺麗な漢字と平仮名で書いた「世界人に出会いました!
」というノルウェー青年の日本語コメントに、大いなる感激を禁じ得なかった。
 オランダは1974年12月に初訪以降5回、ノルウェーは1975年8月初訪以降4回も旅しており、共に大好きな国である。ヨーロッパの中では自然や文化などが我が日本と多少似ており、心情的にも几帳面で親近感がある。旅の詳しい模様は後日アップしたい。

 将来性豊かな頼もしい世界の若者たちと種々意見交換し、グローバル化時代の素晴らしさと醍醐味を堪能した。まさに、喜寿(77歳)という年を忘れ、病身の妻も元気をいただいた楽しい一日であった。


     −−ノルウェーとオランダの学生たちとの国際交流スナップ−−

 
   (世界の人形館で、南極のTシャツを着る老人がワールド・トラベラー)

 ところで、一昨年12月にカムバックした安倍晋三首相は、「積極的平和主義」「地球儀俯瞰外交」のスローガンを掲げ頻繁に外遊され、誠にご苦労様と申し上げたい。しかし、元商社マンとして海外駐在生活が長かった世界人は、半世紀も前から「地球儀俯瞰民間外交」を実践し、ささやかながら本物の積極的平和主義を推進している。

 僭越ながら、この2点に関しては半世紀近くにわたり世界を旅し、世界を隈なく熟知する
ワールド・トラベラーのほうが大先輩と言っても過言ではなかろう。総理がお望みなら、外交や安全保障などに関し、実利的で生きた情報の無償提供やぶさかではない。いつでも門戸をオープンしてお待ち申し上げたい。


  
ワールド・トラベラーが訪れた272ヵ国・地域
    国は199、地域()は73(2014年9月現在)
 
                          アフリカ  55ヵ国・1地域
北アフリカ) (中央アフリカ) ニジェール
アルジェリア ガボン 西サハラ
エジプト カメルーン ブルキナファソ
エチオピア コンゴ ベナン
エリトリア コンゴ民主 マリ
ジプチ サントメ・プリンシペ モーリタニア
スーダン 赤道ギニア リベリア
チュニジア チャド (南アフリカ)
モロッコ 中央アフリカ アンゴラ
リビア (西アフリカ) ザンビア
(東アフリカ) カーボベルデ ジンバブエ
ウガンダ ガーナ スワジランド レソト
コモロ ガンビア ナミビアナ
ケニア ギニア ボツワナ
セイシェル ギニアビサウ マダガスカル
ソマリア(ソマリランド) コートジボアール マラウイ
タンザニア シエラレオネ 南アフリカ
ブルンジ セネガル モーリシャス
ルワンダ トーゴ モザンビーク
南スーダン ナイジェリア レユニオン
    54ヵ国・1地域
                      
アジア  48ヵ国・13地域
(東アジア) ミャンマー アブハジア
韓国 ラオス アルメニア
北朝鮮 (南アジア) ナゴルノ・カラバフ
モンゴル インド    アンダマン諸島 アゼルバイジャン
中国 ジャム・カシミール (中近東)
台湾 パキスタン アラブ首長国連邦
香港 アーザード・カシミール イスラエル
マカオ バングラデシュ パレスチナ
シベリア スリランカ イラク クルド自治区
カムチャッカ ネパール イエメン ソコトラ島
サハリン ブータン イラン
(東南アジア) モルディブ オマーン
シンガポール (中央アジア) カタール
インドネシア アフガニスタン (北)キプロス
東ティモール ウズベキスタン クウェート
タイ カザフスタン サウジアラビア
フィリピン キルギス シリア
ブルネイ タジキスタン トルコ
ベトナム トルクメニスタン バーレーン
マレーシア (コーカサス) ヨルダン
カンボジア グルジア アジャリア レバノン

                    ヨーロッパ  47ヵ国・21地域
(西欧) シェトランド諸島 エストニア
アイルランド シシリー島 クロアチア
アンドラ サルデーニヤ島 コソボ
イギリス カナリヤ諸島 スロバキア
イタリア アゾレス諸島 スロベニア
オーストリア マディラ諸島 セルビア
オランダ マジョルカ島 チェコ
ギリシャ コルシカ島 ハンガリー
サンマリノ クレタ島 ブルガリア
スイス ロードス島 ベラルーシ
スペイン エーゲ諸島 ポーランド
ドイツ ジブラルタル ボスニア・ヘルツェコビナ
バチカン (北欧) マケドニア
フランス アイスランド モルドバ
ベルギー スウェーデン 沿ドニエストル
ポルトガル デンマーク モンテネグロ
マルタ ノルウェー ラトビア
モナコ フィンランド リトアニア
リヒテンシュタイン ロフォーテン諸島 ルーマニア
ルクセンブルグ ゴトランド島 ロシア
クリミアチェチェン 北オセチアダゲスタン カリーニングラード
(南)キプロス  (東欧)
マン島 アルバニア
オークニー諸島 ウクライナ

                        北中南米  35ヵ国・17地域
(北米) セントクリスト・ファーネービス セントバース
アメリカ合衆国 セントルシア アンギラ
カナダ
ニューファンドランド
セントビンセント・
グレナーディン
(南米)
アルゼンチン
バミューダ ドミニカ ウルグアイ
(中米) ドミニカ共和国 エクアドル
エル・サルバドル トリニダード・トバゴ ガイアナ
グアテマラ ハイチ コロンビア
コスタリカ バハマ スリナム
ニカラグア バルバトス チリ
パナマ プエルト・リコ パラグアイ
ベリーズ ケイマン諸島 ブラジル
ホンジュラス 米領バージン諸島 ベネズエラ
メキシコ 領バージン諸島 ペルー
(カリブ海) キュラソー  ボリビア
アンティグア・バーブーダ アルバ 仏領ギアナ
キューバ 仏領セントマーチン イースター島
グレナダ 蘭領セントマーチン ガラパゴス諸島
ジャマイカ マルティニク フォークランド

                      オセアニア  14ヵ国・12地域
(太平洋) ナウル ニューカレドニア
オーストラリア (西)サモア 仏領ポリネシア・タヒチ
ニュージーランド バヌアツ ウォリス&フツナ
パプアニューギニア パラオ 米領サモア
キリバス フィジー クック諸島
北マリアナ諸島
(サイパン、ロタ)
ミクロネシア連邦
(ヤップ、チューク)
ニウエ
ロード・ハウ島
グアム マーシャル諸島 (インド洋)
ハワイ ツバル ココス島
トンガ ソロモン諸島 クリスマス島

                                 極地 9地域
南極 北極点 グリーンランド
アラスカ スヴァールバル諸島 ノバヤ・ゼムリャ
フランツ・ジョセフ諸島 カナダ北極
(デヴォン島など)
エルズミア島
 
                              
                  ◇◇◇
  
ご案内
 ◇◇◇


講演会のお知らせ

 ワールド・トラベラーこと癲々治がまた下記要領で講演します。
  お時間があれば、是非ご聴講下さい。


                           

日時:9月13日(土)14:00〜16:00  

場所:柏市中央公民館  5F講堂  (定員180名)

        柏市柏5-8-12  TEL 04-7164-1811    

講演テーマ:
ギネス級の272ヵ国・地域を訪れたワールド・
               トラベラーが語るノンフィクション
     「
イスラム世界に住み、働き、旅して41年
※ 怖いイメージのあるイスラムを、かつて商社マンとしてイスラム圏に長年駐在し、旅して来た我が国有数のイスラム通と自負するワールド・トラベラーが分かりやすくお話します。

入場料:無料
主催者:伸光堂千葉販売(株)
お問い合わせ:
世界の人形館
 
                     TEL 04−7184−4745
        E−MAIL 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 
| ギネス級ー世界最多訪問国 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ギネス級の272ヵ国・地域制覇を祝う大輪のタイタンビカス開花
13
 海外旅行、海外交流、グローバル化推進、外交、
 イスラム、紛争地、宗教などジャンル不問、
  
世界のことなら何でもお答えします

テレビなどマスコミで紹介される世界、特に僻地や秘境は、極端に興味本位でやらせ的なものが多いようです。外国生活が長く北極から南極まで世界の隅々、272ヵ国・地域を旅して世界を知り尽くすワールド・トラベラーは、普段着の世界が本当に分かる本物志向のノンフィクションをお話します。


社会貢献活動のため、謝礼不要の講演をします !

      タイタンビカス開花!


 一目で世界が分かる!海外旅行気分になる!と評判の世界の人形館で、タイタンビカスが艶やかな大輪の花を咲かせています。直径がなんと23cmもあり、幼児の顔と同じくらいの大きさで、150mほど離れてもハッキリと見えます。珍しさもあってか連日親子で見にきますが、とにかく花の大きさに皆さんは驚きます。

 熱帯地方の花は一般にジャンボサイズが多く、ワールド・トラベラーが長年住んだインドネシアのラフレシアは直径90cmほどの巨大な花が咲きます。
温帯の我が国でタイタンビカスがこのように大きな花が咲かせるのは、見事と言う他なく見飽きません。

 千葉県我孫子市にお越しのついでがありましたら、ぜひ人形館にお立ち寄りのうえご覧下さい。老妻共々ご来館を心よりお待ちします。入館無料のほか、冷たい茶菓子などを差し上げます。

(後記)

 本日はなんと7つの大輪が揃い踏み、豪華絢爛という言葉がピタリである。とにかく珍しいと様々な人々が観覧のため世界の人形館を訪れ、中にはこそっと見に来る人もいるようだ。8月初めまでは咲き続ける見込みにつき、ご興味ある方は是非ご覧下さい。(7月22日)




 
ワールド・トラベラーが訪れた272ヵ国・地域
    国は199、地域()は73(2014年7月現在)
 
                          アフリカ  55ヵ国・1地域
北アフリカ) (中央アフリカ) ニジェール
アルジェリア ガボン 西サハラ
エジプト カメルーン ブルキナファソ
エチオピア コンゴ ベナン
エリトリア コンゴ民主 マリ
ジプチ サントメ・プリンシペ モーリタニア
スーダン 赤道ギニア リベリア
チュニジア チャド (南アフリカ)
モロッコ 中央アフリカ アンゴラ
リビア (西アフリカ) ザンビア
(東アフリカ) カーボベルデ ジンバブエ
ウガンダ ガーナ スワジランド レソト
コモロ ガンビア ナミビアナ
ケニア ギニア ボツワナ
セイシェル ギニアビサウ マダガスカル
ソマリランド コートジボアール マラウイ
タンザニア シエラレオネ 南アフリカ
ブルンジ セネガル モーリシャス
ルワンダ トーゴ モザンビーク
南スーダン ナイジェリア レユニオン
    54ヵ国・1地域
                      
アジア  48ヵ国・13地域
(東アジア) ミャンマー アブハジア
韓国 ラオス アルメニア
北朝鮮 (南アジア) ナゴルノ・カラバフ
モンゴル インド    アンダマン諸島 アゼルバイジャン
中国 ジャム・カシミール (中近東)
台湾 パキスタン アラブ首長国連邦
香港 アーザード・カシミール イスラエル
マカオ バングラデシュ パレスチナ
シベリア スリランカ イラク クルド自治区
カムチャッカ ネパール イエメンソコトラ島
サハリン ブータン イラン
(東南アジア) モルディブ オマーン
シンガポール (中央アジア) カタール
インドネシア アフガニスタン (北)キプロス
東ティモール ウズベキスタン クウェート
タイ カザフスタン サウジアラビア
フィリピン キルギス シリア
ブルネイ タジキスタン トルコ
ベトナム トルクメニスタン バーレーン
マレーシア (コーカサス) ヨルダン
カンボジア グルジア アジャリア レバノン

                    ヨーロッパ  47ヵ国・21地域
(西欧) シェトランド諸島 エストニア
アイルランド シシリー島 クロアチア
アンドラ サルデーニヤ島 コソボ
イギリス カナリヤ諸島 スロバキア
イタリア アゾレス諸島 スロベニア
オーストリア マディラ諸島 セルビア
オランダ マジョルカ島 チェコ
ギリシャ コルシカ島 ハンガリー
サンマリノ クレタ島 ブルガリア
スイス ロードス島 ベラルーシ
スペイン エーゲ諸島 ポーランド
ドイツ ジブラルタル ボスニア・ヘルツェコビナ
バチカン (北欧) マケドニア
フランス アイスランド モルドバ
ベルギー スウェーデン 沿ドニエストル
ポルトガル デンマーク モンテネグロ
マルタ ノルウェー ラトビア
モナコ フィンランド リトアニア
リヒテンシュタイン ロフォーテン諸島 ルーマニア
ルクセンブルグ ゴトランド島 ロシア
クリミアチェチェン 
北オセチアダゲスタン カリーニングラード
(南)キプロス  (東欧)
マン島 アルバニア
オークニー諸島 ウクライナ

                        北中南米  35ヵ国・17地域
(北米) セントクリスト・ファーネービス セントバース
アメリカ合衆国 セントルシア アンギラ
カナダ
ニューファンドランド
セントビンセント・
グレナーディン
(南米)
アルゼンチン
バミューダ ドミニカ ウルグアイ
(中米) アンティグア・バーブーダ エクアドル
エル・サルバドル トリニダード・トバゴ ガイアナ
グアテマラ ハイチ コロンビア
コスタリカ バハマ スリナム
ニカラグア バルバトス チリ
パナマ プエルト・リコ パラグアイ
ベリーズ ケイマン諸島 ブラジル
ホンジュラス 米領バージン諸島 ベネズエラ
メキシコ 領バージン諸島 ペルー
(カリブ海) キュラソー  ボリビア
ドミニカ共和国 アルバ 仏領ギアナ
キューバ 仏領セントマーチン イースター島
グレナダ 蘭領セントマーチン ガラパゴス諸島
ジャマイカ マルティニク フォークランド

                      オセアニア  14ヵ国・12地域
(太平洋) ナウル ニューカレドニア
オーストラリア (西)サモア 仏領ポリネシア・タヒチ
ニュージーランド バヌアツ ウォリス&フツナ
パプアニューギニア パラオ 米領サモア
キリバス フィジー クック諸島
北マリアナ諸島
(サイパン、ロタ)
ミクロネシア連邦
(ヤップ、チューク)
ニウエ
ロード・ハウ島
グアム マーシャル諸島 (インド洋)
ハワイ ツバル ココス島
トンガ ソロモン諸島 クリスマス島

                                 極地 9地域
南極 北極点 グリーンランド
アラスカ スヴァールバル諸島 ノバヤ・ゼムリャ
フランツ・ジョセフ諸島 カナダ北極
(デヴォン島など)
エルズミア島
 
                              
                 ◇◇◇
  
ご案内
 ◇◇◇


講演会のお知らせ

 ワールド・トラベラーこと癲々治がまた下記要領で講演します。
  お時間があれば、是非ご聴講下さい。

日時:9月13日(土)14:00〜16:00

場所:柏市中央公民館  5F講堂 (定員180名)

        柏市柏5-8-12  TEL 04-7164-1811
    
講演テーマ:
ギネス級の272ヵ国・地域を旅したワールド・
               トラベラーが語るノンフィクション
     「イスラム世界に住み、働き、旅して41年」


※怖いイメージのあるイスラムを、かつて商社マンとして駐在、熟知するワールド・トラベラーが分かりやすくお話します。

入場料:無料

主催者:伸光堂千葉販売(株)

お問い合わせ:世界の人形館 
                     TEL 04−7184−4745
        E−MAIL 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


  無料講演を引き受けます。

 ワールド・トラベラーは年間5〜6件の講演・講義を全国各地で行っています。目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生の一助です。そのために世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、産業などジャンル不問で、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。しかも実体験をベースにし、他人様の情報をコピペ(切り張り)しない異色のノンフィクションを赤裸々にお話します。
 ご希望があれば、ご遠慮なくお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の趣旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


                   ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演   地球儀を前にして     満席の会場で熱心に聴講
  するワールド・トラベラー    スピーチする筆者     する多数の参加者たち


筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売中です。
書名は
私はワールド・トラベラー世界257ヵ国・地域を旅した男
定価は本体1、500円+税。お買い求めはインターネット(アマゾンや楽天ブックスなど)、または最寄の書店でどうぞ。
  なお、本書は単なるトラベル・ガイドブックではありません。日本の将来を憂い、 特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向の提言書でもあります。是非ともご愛読のほどお願いします。


 
      表紙カバー                  口絵


 ワールド・トラベラーが館長を務める世界の人形館では、272ヵ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、  照明ランプ、絵皿、万華鏡など多数展示しています。老若男女を問わず興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。茶菓子を用意、老妻共々精一杯のおもてなしをします。
 なお、慈善活動につき、入館料は無料ですが、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約をお願いします。ご協力のほど宜しくお願いします。
 TEL:04−7184−4745 又は Eメール: 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

   −−− 国境の無い平和な「世界の人形館」の館内風景 −−−

クリックで挿入 クリックで挿入 クリックで挿入 


    WANTED!頼りになる出版社求む! 

 今年(2014年)の早い時期に2作目を出版したいと考えている。昨年7月に初めて上梓したが、「良書」とか「力作」と言われる割には売れない作品「>私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」に続く出版で、既に原稿は用意済みである。そのネタは2013年11月に千葉県我孫子市で行われた講演会で、約200人の聴講者を面前にしてスピーチし大好評であった「世界の紛争地帯」などである。 少し前ではシリア問題、最近ではウクライナやイラク、アジア各国と衝突する中国の海洋進出などについても、問題の本質などを鋭く言及してみたい。ご関心のある意欲的な出版社があれば是非ご一報下さい。お待ちします。

後記:その後、幻冬舎のお誘いがあり、2015年1月に272の国と地域を制覇した77歳のワールド ・トラベラーがたった1人で紛争地を旅した」という書名で出版。お蔭様で好評で、今後「イスラム」「世界遺産」などの刊行を予定している。ご関心のある出版社はご遠慮無くオッファーして下さい。


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
自称ギネス記録更新(!?)世界271ヵ国・地域を旅した男
16
 過日旅行中に喜寿を迎えた私ことワールド・トラベラーが世界最多訪問国・地域の記録をまた更新した。その数なんと自称ギネス世界記録の271である。去る3月20日〜4月18日の1ヵ月間、インド洋及び南太平洋に浮かぶ島々、インド領のアンダマン諸島、オーストラリア領のココス諸島(サウスキーリング諸島)とクリスマス島、ニウエ(ニュージーランドの自治領)、ウォリス(フランス領)の5地域を訪れ自身の記録をさらに伸ばした。
 なぜか知らぬが、海外旅行中に異国で人生の節目を迎えることが多い。例えば、7年前の2007年4月13日の古希はパキスタンで過ごし、翌日は当時極めて危険とされたアフガニスタンに入った。3年後の傘寿(80歳)はどこになるのか? ひょっとすれば畳の上で死ねそうもない運命なのであろうか?

 今回もいつもの通り、写真とビデオ撮影用の三脚を担いでの気ままな一人旅であった。これら島々では日本人はおろか、世界で氾濫するMade in Chinaと共に今やこの世界を席巻する中国人の姿も見かけることは無かった。まさに知られざる名も無き島々を巡礼した放浪の旅の総飛行距離は、実に33、810マイル(約54,410km)に達した。珊瑚礁が育んだラグーンに抱かれた南洋の美しい島巡りは、地球を1周半近く往来した壮大な空の旅でもあった。


        インド洋及び南太平洋に浮かぶ島巡りマップ
 

 因みに、2001年7月に旅したウクライナのクリミア自治共和国が本年3月18日にロシアに併合され、ロシア連邦の一員(地域)となった。これを加えると、従来の265ヵ国・地域に新たに6地域を加え、最新の訪問国・地域の数は271になる。
 その明細は以下の通りであるが、本当に「ちりも積もれば山となる」を実感する45年に及ぶ数多の旅路を積み重ねた結果、大袈裟に言えば勲章と言えるかも知れない。但し、271という数字はゴールではなく単なる通過点と肝に銘じ、生涯「現役のワールド・トラベラー」であり続けたいと願っている。

 帰国後は日毎に、
世界最多訪問国・地域の記録271をそろそろギネス世界記録に登録してはとの周りの声が大きくなって来た。しかし、ギネス社からのお勧めがあれば有難いが、ワールド・トラベラー自らが申請する気持ちは現時点では毛頭無い。筆者が達成した記録を疑う人々が多かろうとの世間に対し、世界の旅人のささやかな意地かも知れない。

 
ワールド・トラベラーが訪れた271ヵ国・地域の明細
       国は199、地域()は72
(国際法的には国の数は195だが、実際は約200あるのが世界だ。)
 
                          アフリカ  55ヵ国・1地域
北アフリカ) (中央アフリカ) ニジェール
アルジェリア ガボン 西サハラ
エジプト カメルーン ブルキナファソ
エチオピア コンゴ ベナン
エリトリア コンゴ民主 マリ
ジプチ サントメ・プリンシペ モーリタニア
スーダン 赤道ギニア リベリア
チュニジア チャド (南アフリカ)
モロッコ 中央アフリカ アンゴラ
リビア (西アフリカ) ザンビア
(東アフリカ) カーボベルデ ジンバブエ
ウガンダ ガーナ スワジランド レソト
コモロ ガンビア ナミビアナ
ケニア ギニア ボツワナ
セイシェル ギニアビサウ マダガスカル
ソマリア(ソマリランド) コートジボアール マラウイ
タンザニア シエラレオネ 南アフリカ
ブルンジ セネガル モーリシャス
ルワンダ トーゴ モザンビーク
南スーダン ナイジェリア レユニオン
    54ヵ国・1地域
                      
アジア  48ヵ国・13地域
(東アジア) ミャンマー アブハジア
韓国 ラオス アルメニア
北朝鮮 (南アジア) ナゴルノ・カラバフ
モンゴル インド    アンダマン諸島 アゼルバイジャン
中国 ジャム・カシミール (中近東)
台湾 パキスタン アラブ首長国連邦
香港 アーザード・カシミール イスラエル
マカオ バングラデシュ パレスチナ
シベリア スリランカ イラク クルド自治区
カムチャッカ ネパール イエメン ソコトラ島
サハリン ブータン イラン
(東南アジア) モルディブ オマーン
シンガポール (中央アジア) カタール
インドネシア アフガニスタン (北)キプロス
東ティモール ウズベキスタン クウェート
タイ カザフスタン サウジアラビア
フィリピン キルギス シリア
ブルネイ タジキスタン トルコ
ベトナム トルクメニスタン バーレーン
マレーシア (コーカサス) ヨルダン
カンボジア グルジア アジャリア レバノン

                    ヨーロッパ  47ヵ国・21地域
(西欧) シェトランド諸島 エストニア
アイルランド シシリー島 クロアチア
アンドラ サルデーニヤ島 コソボ
イギリス カナリヤ諸島 スロバキア
イタリア アゾレス諸島 スロベニア
オーストリア マディラ諸島 セルビア
オランダ マジョルカ島 チェコ
ギリシャ コルシカ島 ハンガリー
サンマリノ クレタ島 ブルガリア
スイス ロードス島 ベラルーシ
スペイン エーゲ諸島 ポーランド
ドイツ ジブラルタル ボスニア・ヘルツェコビナ
バチカン (北欧) マケドニア
フランス アイスランド モルドバ
ベルギー スウェーデン 沿ドニエストル
ポルトガル デンマーク モンテネグロ
マルタ ノルウェー ラトビア
モナコ フィンランド リトアニア
リヒテンシュタイン ロフォーテン諸島 ルーマニア
ルクセンブルグ ゴトランド島 ロシア
クリミアチェチェン 北オセチアダゲスタン カリーニングラード
(南)キプロス  (東欧)
マン島 アルバニア
オークニー諸島 ウクライナ

                        北中南米  35ヵ国・17地域
(北米) セントクリスト・ファーネービス セントバース
アメリカ合衆国 セントルシア アンギラ
カナダ
ニューファンドランド
セントビンセント・
グレナーディン
(南米)
アルゼンチン
バミューダ ドミニカ ウルグアイ
(中米) ドミニカ共和国 エクアドル
エル・サルバドル トリニダード・トバゴ ガイアナ
グアテマラ ハイチ コロンビア
コスタリカ バハマ スリナム
ニカラグア バルバトス チリ
パナマ プエルト・リコ パラグアイ
ベリーズ ケイマン諸島 ブラジル
ホンジュラス 米領バージン諸島 ベネズエラ
メキシコ 領バージン諸島 ペルー
(カリブ海) キュラソー  ボリビア
アンティグア・バーブーダ アルバ 仏領ギアナ
キューバ 仏領セントマーチン イースター島
グレナダ 蘭領セントマーチン ガラパゴス諸島
ジャマイカ マルティニク フォークランド

                      オセアニア  14ヵ国・11地域
(太平洋) ナウル ニューカレドニア
オーストラリア (西)サモア 仏領ポリネシア・タヒチ
ニュージーランド バヌアツ ウォリス&フツナ
パプアニューギニア パラオ 米領サモア
キリバス フィジー クック諸島
北マリアナ諸島
(サイパン、ロタ)
ミクロネシア連邦
(ヤップ、チューク)
ニウエ
(インド洋)
グアム マーシャル諸島 ココス島
ハワイ ツバル クリスマス島
トンガ ソロモン諸島

                                 極地 9地域
南極 北極点 グリーンランド
アラスカ スヴァールバル諸島 ノバヤ・ゼムリャ
フランツ・ジョセフ諸島 カナダ北極
(デヴォン島など)
エルズミア島


 271ヵ国・地域制覇と言っても、基本的に内向き志向の我が日本ではなぜか話題にもならず、特別に称賛もされない。ましてやメディアの取材もあろうはずが無い。関心のある人も皆無に近いが、心の中では寂しく侘しくもないと言えばウソになろう。だが、今回訪れた現地の島々では凄い世界記録だと絶賛され、予想外の高評価を受けた。中には筆者の実年齢(77歳)を知って快挙だと最敬礼の敬意を表する人たちもおり、取材も受けて些か驚いた。また、ニウエではディナー、ウォリスでは観光案内とランチの接待をして頂いた篤志家が現れ、大感激し感涙した。
 無名に近い小さな島々だが、筆者が挑戦を続ける世界最多訪問国・地域の数に興味を持つ住民が多いところを見ると、ことグローバル化に関しては、我が国以上に国際的なセンスのある先進地域かも知れない。想定外の数々の教訓を得た南洋のアイランド・ホッピングは大きな収穫の旅にもなった。

 タクシーやバス、レンタカーが無いため連発したヒッチハイクを快く受け入れてもらった互助精神、島民から教えられた自然に優しい環境保全、この俗世に蔓延る異常な物質文明や拝金主義に警鐘を鳴らしているかのような島民の素朴な人情、アフリカのように物乞いしない無垢な子供たちとの触れ合い、ウクライナ問題や中国の海洋進出など緊張が続く世界情勢とは無縁のような南洋の平和感など、終生忘れ難く得難いものが多々あった。
 毎日が刺激的で強く印象に残った旅の生々しい模様は次回以降のブログで詳しく報告したい。乞うご期待!!



             ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇
 

 ワールド・トラベラーが館長を務める世界の人形館では、271ヵ国・地域
  民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、
  照明ランプ、絵皿、万華鏡など多数展示しています。
  老若男女を問わずご興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。
  茶菓子を用意し、老妻共々精一杯のおもてなしの歓待をします。
  なお、慈善活動につき、入館料は無料ですが、セキュリティなどのため、下記
  要領で必ず予約をお願いします。ご協力のほど宜しくお願いします。
  TEL:04−7184−4745又はEメール:
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 

   −−− 国境の無い平和な「世界の人形館」の館内風景 −−−

クリックで挿入 クリックで挿入 クリックで挿入

   メインホール   民俗人形:中南米等コーナー   地球儀コーナー


 WANTED!頼りになる出版社求む! 

 今年(2014年)の早い時期に2作目を出版したいと考えている。昨年7月に初めて上梓したが、「良書」とか「力作」と言われる割には売れない作品「私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」に続く出版で、既に原稿は用意済みである。そのネタは2013年11月9日に千葉県我孫子市で行われた講演会で、約200人の聴講者を面前にしてスピーチし大好評であった「世界の紛争地帯」などである。
 少し前ではシリア問題、最近ではウクライナやクリミア、アジア各国と衝突する中国の海洋進出などについても、問題の本質などを鋭く言及してみたい。ご関心のある意欲的な出版社があれば是非ご一報下さい。お待ちします。

 

  無料講演を引き受けます。

 ワールド・トラベラーは年間5〜6件の講演・講義を全国各地で行っています。目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生の一助です。そのために世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、産業などジャンル不問で、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。しかも実体験をベースにし、他人様の情報を一切ペーストしない異色のノンフィクションを赤裸々にお話します。
 ご希望があれば、ご遠慮なくお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の趣旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


                   ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演   地球儀を前にして     満席の会場で熱心に聴講
  するワールド・トラベラー    スピーチする筆者     する多数の参加者たち
 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ギネス更新(!?)265ヵ国・地域を旅し, Travel is Trouble 痛感
11

 少々旧聞になろうが、約3週間前の7月11日に1ヵ月の長旅から帰国した。旅先は、モルドバ、ソチなど黒海沿岸のロシアの街々、全般的に危険といわれるコーカサス地方、イラクのクルド自治区、アブダビなどである。この旅を終え、沿ドニエストル、アブハジア、チェチェン、北オセアチア、タゲスタン、ナガルノ・カラバフ、アジャリア、イラク・クルディスタンの7ヵ国・地域を新たに加えた。これで訪問国・地域の合計は、驚くなかれ265にもなる。
 周囲から冷やかされたり、時には一笑に付されたりもする昨今だが、まんざら悪い気はしない。愈々ギネス記録更新(?!)も視野に入ってきたかも知れないが、申請登録する気持ちは依然として無い。

 因みに、今回の旅の訪問地の概要は以下の通りである。

モルドバ:面積3万3843k屐米本の約1/11)、人口約360万人、ルーマニア系の住民が多くワインが有名。2001年7月以来の再訪。

沿ドニエストル:面積4163k屐米租膰と同じ)、人口約64万人、1990年9月モルドバから独立宣言するも国際的には未承認国家。

ロシア:1969年1月初訪問以降5回目の訪問で、ソチ(ロシア有数の保養地で2014年冬季オリンピック開催地)、ロストフ・ナ・ドナー(カフカス地方への拠点都市でかつては古代ギリシャの植民都市)、クラスノダール(黒海に近い古都でクバーニ地方の中心都市)を回る。

アブハジア:面積8600k屐聞島県と同じ)、人口約24万人、ソチの東隣りにあり1992年7月にグルジアより独立を宣言するも国際的には未承認国家。

チェチェン:面積1万5300k屐粉篌蠍と同じ)、人口約115万人、ロシア連邦内の共和国で独立を目指すイスラム過激派によるテロが多いので知られる。

北オセアチア:面積8000k屐癖叱妨とほぼ同じ)、人口約72万人、ロシア連邦内の共和国で2004年9月ベスランの学校占拠事件で350人以上が死亡した。

タゲスタン:面積3万3843k屐米本の約1/11)、人口約260万人、チェチェンの東隣りにあるロシア連邦内の共和国でカスピ海に臨む。最近自爆テロがあった由。

アルメニア:面積2万9800k屐碧務て擦裡院殖涯)、人口約310万人、世界最古のキリスト教国でノアの子孫と名乗る。1998年5月以来の再訪。

ナゴルノ・カラバフ:面積4400k屐併獲県と同じ)、人口約15万人、1992年1月にアゼルバイジャンより独立を宣言するも国際的に未承認国家。アルメニア人が多く住む。

グルジア:面積6万9700k屐米本の約1/5弱)、人口約430万人、旧ソ連の指導者スターリン輩出と芳醇なワインが有名。1998年5月以来の再訪。

アジャリア:面積2900k屐併綾展の半分)、人口約40万人、過去度々独立の動きはあったが、グルジア領内の自治共和国に踏み止まる。黒海に面して良港スフミを擁す。

イラク・クルド自治区:面積8万k屐米本の約1/5強)、人口約550万人、1970年イラク北部で設置された自治区でサダム・フセイン大統領政権崩壊後は経済発展が著しい。

アブダビ:豊富な石油やガス資源で発展を続けるアラブ首長国連邦(UAE)の首都で人口約200万人、クウェート駐在時代(1974年〜1977年)より度々訪れている。


  
 沿ドニエストル:ドニエストル川  モルドバ::キシニョフ郊外の  ロシア:ソチの黒海ビーチで
  の畔を散策する世界の旅人   美しいカプリアナ修道院    泳ぐワールド・トラベラー

  
アブハジア:ノビー・アフォン僧院  チェチェン:カジノアイム湖   グルジア:ゴリのスターリン
金色ドームと内部壁画が見事    神秘的な美しさを湛える    生家の今は博物館

(1) フライトのトラブル

 チェチェンの首都グロズヌイ〜モスクワ間の便(RUSLINE)が1時間半も遅れ、アルメニアの首都エレバン行きフライトに乗り継ぎ出来ず、モスクワで1泊を余儀なくされた。その際急な話のため、ホテル探しにも苦労した。
 翌日の夜TRANSAERO便に乗ったが、これまた出発が2時間も遅れ、日が変わってやっとエレバンに着いた。しかし、今度はスーツケースが見つからず不着と分かり、まさに散々でショックでもあった。実際に荷物がホテルに届けられたのは2日後。その間着替えもないため裸で寝たほどで、不便なことこの上なかった。
 この異常過ぎるトラブル連発に対し、現地ではもちろん、帰国後すぐに当地の航空券購入先を通じてロシア系航空会社に対し強くクレームした。しかし、上記航空2社からの補償は非情にも一切無かった。

 
 昔はロシア(旧ソ連)の航空会社と言えば、アエロフロート社のみであった。しかし、近年は雨後の竹の子のように新しい航空会社が設立されており、度々乗り継ぎで寄ったモスクワのドモジェドボ空港で様々な会社の機体を見て驚いた。粗製乱造・乱立気味の航空会社には、国際的なルール遵守は眼中に無いようで真に遺憾である。また、道義的な責任の欠如や誠意の無さには呆れ返るほかなく、まったく悲しいことだ。本件のトラブルから、「ロシアは良きにも悪きにも変わった」を学んだような気がする。

      −−− フライト・トラブルの元凶 −−−

  
大幅遅延のため乗り継ぎが  荷物不着で2日間不便  
ドモジェドボ空港前
 出来なかったRUSLINE便    で困ったTRANSAERO便   疲労困憊の筆者


(2)入国やビザ問題


 今回の旅で足を踏み入れたアブハジア、チェチェン、オセアチアなどのコーカサス地方は一般に危険な地域と言われ、我が外務省も渡航延期や退避の勧告を出すほど。その証拠として、日本人はもちろん、今や世界を席巻する中国人すらもこれら地域で見かけることは皆無であった。

 やはりコーカサス地域への入国などは容易ではなく、現地では種々問題が発生した。先ず、ソチから入国したアブハジアではビザが無いため問題になり、粘ったところ首都スフミでビザ取得条件で入国を認めてくれた。
 ボストンマラソンのテロ事件の犯人、若い2兄弟の出身地で脚光を浴びたチェチェンでは、グロズヌイ市内を散策中に警察に職務質問されたほか、チェチェン〜北オセアチアやタゲスタン間の移動では度々検問を受けた。景勝地のグルジアとの国境にも出かけたが、頻繁に厳しい検問を受けた。
 
 チェチェンから北オセアチア入った途端に検問がさらに厳しくなり、2004年9月に学校占拠事件で約350人が殺害されたベスランでは警察に2時間も拘束された。どうも不審者かテロリストではないかと思われたようで、一時はそのまま収監されるのではないかと心配した。
 その後、美しい山並みが続くコーカサス山脈を越え、南オセアチア入りを試みた。しかし、パスポートにアルカイダの揺籃地と見做されているイエメンのスタンプがあることや、ロシアの再入国ビザ切れが問題になった。日も暮れたこともあり、結局入国を断念せざるを得なかった。この間の入国係官たちとの対話は英語が通用しないため、片言のロシア語やアラビア語(係官の中にアラビア語を話すシリア人がいた)で何とか済ませた。

  
チェチェン:グロズヌイ・シティ アブハジア:グルジア 北オセアチア:占拠され
警察の職務質問を受ける    に攻撃された建物   多数死亡のベスラン学校


 この旅で最後の難関になるのではないかと懸念したイラクのクルド自治区は、東京にある日本クルド友好協会の紹介状のお陰で特別入国できた。しかし、滞在中の外出や移動は自治区内に限定され、治安問題もありバグダッドやモスール行きなどは諦めざるを得なかった。
 また、一人旅のため自分を入れた写真を撮る場合は、オートタイマー用の三脚が欠かせない。ところが、エルビル空港で出国の際に三脚を武器と見做され、一方的に没収された。イラク領内ではエルビルは例外的に治安が良いと聞かされてきただけに、一抹の不安を感じざるを得なかった。
 
 しかし、クルド人は老若男女を問わず友好的で人懐っこく、こちらが日本人だと分かると一層親日的になる。撮影中の筆者を見ると近づき、必ずと言って良いほど一緒に写真を撮って欲しいとせがまれたので快諾した。
 また、エルビルのホテルオーナー、ザイトナ氏が親身になって種々相談に乗っていただき、大いに助かり快適な滞在を楽しめたのも忘れがたい。


 なお、最後に立ち寄ったアブダビでは、イスラム教徒にとって重要なラマダン(断食)がちょうど始まり、(摂氏)50度の猛暑の中を観光したせいもあり、お腹を壊すなど体調を悪くして帰国を1日早めたほどだ。
 それにしても、1970年代のクウェート駐在時代から度々訪れ懐かしきアブダビが、かくも大変貌したのが容易に信じがたく、驚きを禁じ得なかった。

   −−− 麗しのイラク・クルド自治区2景 −−−
  
 エルビルの象徴・世界最大    エルビルのファミリモールで   アブダビ:グランドモスク前に
   規模のシタデル(城塞)      若者たちと仲良く       立つワールド・トラベラー


 トラブルと苦しみが種々あった厳しい旅であったが、無事な帰還を何よりも喜んだのは長年連れ添ってきた老妻である。「現役のワールド・トラベラー」とて、76歳という年齢を考えるとそろそろ打ち止めの潮時かも知れない。合掌

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ワールド・トラベラーの講演会のご案内
 千葉県我孫子南まちづくり協議会主催のサマーフェスティバルで講演
  します。お時間があれば、是非ご聴講下さい。入場無料です。
 日時:2013年8月10日(土)12:30〜13:30
 場所:我孫子南近隣センター・けやきプラザ(我孫子駅前)9Fホール
 テーマ:
ワールド・トラベラーが語る世界の仮面のお話など
 
実際は仮面のほかに、最近の様々な世界のホットなお話をします。

 お問合わせ:我孫子南まちづくり協議会 TEL:
04−7181−1011


筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売されています。
 書名は「私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」、
  定価本体1、500円+税。最寄の書店でお買い求め、又は注文できます。
  また、アマゾンや楽天ブックスなどのインターネット・ショッピングもできます。
   なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合、常に在庫が十分あります
  世界の人形館(TEL:04−7184−4745 ) で確実にお買い求めできます。


 尚、本書は単なるトラベルガイドブックではありません。日本の将来を憂い、
 特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向
 の提言書でもあります。是非ともご愛読のほど宜しくお願いします。    

      
            表紙カバーと帯                 口絵

ワールド・トラベラーが館長を務める
世界の人形館では、265カ国・地域
  民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、
  照明ランプ、絵皿、万華鏡などを多数展示しています。ご興味ある方は
  ご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。慈善活動につき、入館料は無料です。
  但し、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約をお願いします。
  TEL:04−7184−4745 又は Eメール: 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

 Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男
10

ギネス新記録!? 196ヵ国と61の地域を踏破!鋭い視点で世界情勢を読み解くユニークな旅行記と評判 !!!

 ワールド・トラベラーことペンネーム:高 やすはるが著した本が文芸社より発売され、異色作として注目され、お蔭様で大好評です。書名は私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」。定価は本体1、500円+税。最寄の書店でお買い求め、又は注文できます。 また、アマゾンや楽天ブックスなどインターネット・ショッピングもできます。
  なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合は、いつも在庫が十分あります
世界の人形館(TEL:04−7184−4745  メール: ko-yasu@maple.ocn.ne.jpで確実にお買い求めできます。ご連絡をお待ちします。


主なテーマ世界中の絶景と世界遺産、危険な地域、少数民族との出会いや グルメを紹介しつ つ、元・商社マンならではの鋭い洞察力と豊かな知見でチェルノブ イリ原発事故の 国々、恐怖の拘束を受けたリビア、タックス・ヘイブンの裏表、ドバイ 今昔物語、尖閣 諸島と世界の実効支配、北朝鮮問題の根源、アルジェリア人質 事件などを読み解き日本の将来と外交を憂うなど、異色の世界旅行記。
 
  因みに、本書は単なるトラベル・ガイドブックではありません。日本の将来を真に憂い、特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向の提言書でもあります。是非ともご愛読のほど宜しくお願いします。 

                              (表紙カバーと帯)


        
                                             

              (口絵の一部)              

     

講演を引き受けます。
 世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、産業など、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。ご希望があれば、ご連絡下さい。慈善活動のため、謝礼は不要です。
 但し、ご希望の趣旨が筆者の理念などに反する場合は、お断りすることもあり、予めお含み置き下さい。


ワールド・トラベラーが館長を務める
世界の人形館では、265カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを多数展示しています。ご興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。慈善活動につき、入館料は無料です。但し、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約をお願いします。
  TEL:04−7184−4745 又は Eメール: 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved
 

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ギネス世界記録(?)−255ヵ国・地域制覇への旅(その1)
12

 昨日の文化の日(2012年11月3日)は秋晴れの好天に恵まれ、しかも思い出深い有意義な日となった。と言うのは、箱根駅伝の常連で知られる千葉県・我孫子市久寺家の中央学院大学で、今年4回目の講演をしたのである。

 当日は我孫子市にとり最大のイベントと言われるジャパン・バード・フェスティバル、市内各地区の文化祭など、数多くの催事があったにも拘わらず、我孫子市長の星野順一郎氏、教育長の中村準氏、異色の我孫子市議の掛川正治氏などを含め、多数の人たちが聴講した。また、星野市長からは過分のご挨拶をして頂いた。
 更に、中国、韓国、台湾、ネパールなどアジア系留学生が、受付や写真・ビデオ撮影でお手伝いして頂き多謝している。最後は一緒に記念撮影し、国際親善を深めた。

 ただ、当初のメインターゲットとしていた大学生や高校生など、若い世代の姿がほとんど無かったのは些か寂しさを禁じ得なかった。やはり当市は保守的で、内向き志向の若者が多いのであろうか?或いは日本の若者全体にも当てはまる憂うべき傾向なのであろうか?老い先がそう長くない後期高齢者の身ながら、気懸かりでならない。
  過日突然辞職した石原前都知事の言葉を借りれば、「若い者、シッカリしろ!」と言いたくなる。とにかく、「若者よ!外志を抱け!」を切望したい。
 
 少子化による人口減少や長引くデフレなどによる直面する日本では、明るい将来像を描くのは困難である。また、日中韓との領土問題のほかに、今後はTPP(環太平洋経済連携協定)問題などで外圧は益々強くなるであろう。従い、世界に目を向けざるを得ない厳しい現実を見据え、これからの日本を変革するであろうと期待される若者に対し、外向き志向を是非望みたい。
 元々教育や啓蒙には、時間と忍耐が必要なこと言うまでもない。真の国際化推進のために、根気強く無心無我の境地で限られた余生を捧げたい。

 一方、少々気落ちして講演会場を出ようとした矢先、くれまつゆうかさんという可愛い少女が若いお母さんに連れられてやって来た。全国有数のマンモス校、根戸小学校の2年生で、私の講演を熱心に聴講しメモまでしてくれた。
 実は同校には本年1月に6年生の子供たちに「ケニアってどんな国?」を講義したり、昨春には大地球儀を寄贈もしている。斯様な種まきが結実したのかも知れない。この小さな種まきが決してムダではなかった思うと、無性に嬉しくなった。
 
 さて、講演のテーマは、世界を旅してシリーズの第5弾「ワールド・トラベラーは語る、世界255か国・地域を旅して」。3回に分けて講演資料、想い出の写真などを紹介し、今回はその第一回。この講演直後からギネス世界記録を申請してはとの声がいくつか届けられたが、まだまだ旅を続けたい私には今の所その興味は皆無である。

 なお、メール友の持永相子さんが早速名物のブログ「相子老婆的山南海北的話」で講演の模様をアップされたので、併せご覧頂きたい。
 また、講演資料をご希望の方は郵送(無料)、或いは近くの方はお届けします。ご遠慮なく「世界の人形館」へお申し出下さい。

      −−−−−  講演会場のスナップ −−−−−
   
挨拶される星野市長(左)    熱心に聞き入る聴講者      講演する筆者
 ワールド・トラベラー(右)


   ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

中央学院大学あびこ祭・特別講演会                 2012・11 ・3

   ワールド・トラベラーが語る、世界255か国・地域を旅して
                             
                              
癲々治(世界の人形館)

1.はじめに

 
先ずは、本日の講演にお招きいただき、誠に有難うございます。また、このたび野田第3次内閣の郵政民営化・防災担当大臣にご就任の1984年の卒業生、下地幹郎氏を輩出されました立派な中央学院大学で、このように多数お集まりいただき講演できますこと、真に光栄であります。
 
さらに、聞くところに依れば、本学に在籍する学生諸君約3,200人のうち、1割強の約340人が外国人留学生との由。出身国・地域の数は中国、韓国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ネパール、香港、台湾と10もあります。まさに国際色豊かな大学で世界のお話ができますこと、ワールド・トラベラーとして、或いは75歳の後期高齢者として、大いに生き甲斐を感じ幸せです。本日は皆さんから若い世代のエネルギーもいただき、思い切り若返って元気溌剌たる講演をしたいと思います。

 
 さて、私の世界の旅は、総合商社(三井物産)勤務時代の1969年、酷寒の1月にロシア(旧ソ連)の首都モスクワへの海外出張から始まりました。以来およそ44年間も続け、直近の旅は3週間前に帰国しました1か月の個人旅行でした。旅先は、
ニューファンドランド島やノヴァスコシアのカナダ東端地域、大西洋やカリブ海に浮かぶ島々:バミューダ、プエルトリコ、英領ヴァージン諸島仏領と蘭領のセント・マーチン、アンギラ、セント・バーテレミー、アメリカ(マイアミ)、カナダ東部(トロント、オタワなど)です。この旅行後に訪問した国・地域は255にもなり、ギネス記録と噂されていますが、真偽のほどは分かりません。

 この間、様々なハプニングがあった44年間に及ぶ世界放浪の旅でした。特に世界の旅人として今日の私があるのは、1974年〜1977年は激動の中東国クウェート、1979年〜1984年は世界最大のイスラム教国インドネシアという特殊なイスラム圏で生活した貴重な駐在経験に負うところが大です。

 因みに、1970年ごろ海外渡航する場合、米ドルなど外貨携行には制限がありました。商社マンは戦後の右肩上がりの高度成長を支え、我が国のため先兵となって汗を流して輸出振興しました。外貨を稼ぎ出して国のために貢献した商社マンが外貨携行で制約を受けるとは、まさに変な時代でした。

 
 海外出張から始まり、その後の2度の外国駐在や頻繁な業務出張、そしてリタイア後の海外旅行(前半は
団体旅行のツアー、後半は個人旅行)を通じて変わらぬものがあります。それは、私の旅が趣味である世界の民俗人形、紙幣やコインなどのコレクション収集も兼ねていることです。また、イスラムとも縁が深く、普通の海外旅行者とはほとんどすべてが異なるものでした。世界の表裏を半世紀近く直に見聞して来ました数々の実体験をベースにし、短時間ですが、世界が分かるノンフィクションを実利的にお話します

  
カナダ:ニューファンドランド  英領ヴァージン諸島:ヴァ  クウェート:1975年

のグロス・モーン国立公園   −ジン・ゴルダ島のバス  息子達とモスク前で

2.この半世紀に世界で大きく変わったこと

 

今から50年ほど前に商社マンになり、外国とのお付き合いが始まりました。この半世紀は中世なら、一世紀に相当するほどの激動の時代と言えましょう。画期的な世界の出来事や変わり様を私なりに列挙します。

(1) 東西冷戦が終わり、米ソ2強から多極化へ

 第2次世界大戦後はアメリカを中心とする資本・自由主義諸国、ソ連(現ロシア)をリーダーとする共産・社会主義諸国が対立する、いわゆる東西冷戦時代が長く続きました。しかし、1976年7月に私が訪れたベルリンの壁も1989年11月の壁崩壊がきっかけで、1991年12月にソ連が崩壊して冷戦時代は終わりました。これでアメリカが世界で唯一の超大国になり、二極支配から一極支配の時代になりました。その後、1990年代頃から中国、ブラジル、インドなど発展途上国の急激な台頭やロシアの復活があり、これらの国々はBRICs(ブリックス)と呼ばれ、アメリカ一極から多極化時代になりました。この間、ヨーロッパではEU(欧州連合)のような地域統合の動きもありました。また、最近では経済新興国として注目されているのが、ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンのいわゆるVISTA(ヴィスタ)です。しかし、近年最大の潮流は世界で2番目の経済大国になった中国躍進で、このままでは昔の米ソ時代に匹敵する米中2強にそりそうな勢いです。
 

(2) アジアの目覚しい発展

第二次世界大戦後アジアとアフリカで多数の国が独立しましたが、当時の両者間にあまり経済格差はありませんでした。多極化が進む現代で目立つのはアジア諸国の目覚しい発展で、その高度成長を支えているのが、人口が世界一の中国(13億4760万人)、第二のインド(12億4150万人)です。特に1974年2月初訪以降6回訪れていますインドは、数十年前は人口増と貧困で苦悩しましたが、今や世界第二の人口が国力となり躍進を続ける中国を追いかけています。観光資源も豊かで、タージマハールなど見どころがたくさんあります。

一方、アフリカは1973年8月エジプトを皮切りに、1978年5月エチオピアなど、最近は昨年11月に南スーダンを訪れてすべての国を回りました。しかし、国民の暮らしは今も昔と同様に貧しく、その主な原因は政治家の利権争いや汚職などです。このアフリカ大陸を中国の首脳が頻繁に訪れ、資源確保などを狙った大規模な開発援助を進めており、今後の動向が注目されます。


  
 旧西ドイツ:1976年   インド:世界で最も美しい  エチオピア:1978年アジ
家族とベルリンの壁観光  とされるタージマハール   スアベバ郊外で子供達
 

(3)   国際通貨の変遷

私が商社マンになり、外国と貿易取引をしました時の機軸国際通貨はイギリスポンドとアメリカドルでした。しかし、1967年ポンドは固定相場を止め、機軸通貨の地位を降りました。代わりに日本円やドイツマルクが国際通貨になりかけましたが、結局ポンドの代役にはなりませんでした。その後、長年1ドル=360円を堅持した米ドルも、1971年8月ニクソン・ショックで固定相場制から変動相場制に移行後は安くなる一方です。最近は360円時代の5分の1近くまで下落して超円高となり、隔世の感があります。

 一方、アメリカに対抗してヨーロッパの国々が1999年ユーロという単一通貨を導入、2002年から出回りましたが、昨年よりギリシアやスペインなどの財政や金融の不安でユーロは非常に安くなっています。今後はドルを中心にし、中国元の国際化が焦点になりますが、政府の厳しい為替管理がネックのようです。

 因みに、昨今の円高は輸出には不利ですが、メリットもあります。最近ソフトバンクがアメリカの携帯電話会社を201億ドル(約1.6兆円)で買収すると発表し、携帯電話では世界3位に進出する見込みです。歴史的な円高の今だからこそ可能な買収で、暫らくこのような大型買収が続くでしょう。

 

(4)  地球温暖化

時々寒い冬もありますが、一般に地球温暖化が進んでいます。この温暖化は砂漠化や異常気象などの原因になるなど、人類にとって深刻な問題です。2000年11月アフリカ中央部のチャドを旅行し、目的はアフリカで4番目に大きい湖・チャド湖の観光でしたが、なかなか湖に到達しませんでした。砂漠化で湖の面積が昔の約1/10に縮小し、湖岸が後退したためです。
 また、1997年8月と2003年8月に訪れたグリーンランド
では日中は汗をかくほど暑く、名物の氷山や氷河もかなり溶けていました。南極でもオゾン層の破壊による温暖化で大陸を覆う氷が溶け、太平洋などで海面上昇しています。2002年11月に訪れたツバルは平均海抜が2m以下で、国土の一部が水没して無くなりつつあり、国外移住計画があります。

 

3.世界の国の数

 

大陸名

大洋州

アジア

(中近東
含む)

欧州

米州

(北米・
中南米)

アフリカ

合計

国の数

14

46

46

35

54

195

 

国際的に認められている世界の国の数は、上記の通り昨年7月9日に独立した南スーダンを含め195です。従って、日本を除くと、194国になります。私はすべての国と59地域を訪問済みですが、実際は196国を旅しています。2つも多いのは実効支配の国々、北キプロスと西サハラがある現実です。日中韓で争点の尖閣諸島や竹島問題も、この実効支配が絡みます。実は世界に実効支配下にある国や地域が数多くあり、その大半を巡り熟知しています。ご関心があれば、別の機会にお話します。
   
 グリーンランド:2003年  西サハラ:ダフラのホテル       ツバル:沈み行く
  イルリサット氷河を遊覧      で女性従業員と共に           テプカ・ビリビリ島 

 ところで、私には「ワールド・トラベラー」というニックネームがありますが、これは1996年7月北極点クルーズに参加しました際にアメリカ人旅行者からもらった称号(?)です。このクルーズで100
国以上出かけたと豪語する米国の旅人と知り合い、珍しい国々、例えばアフリカ諸国について訊ねてみました。しかし、答えがあやふやなので問い詰めつめると、アフリカ大陸はほとんど行っておらず、訪れた地元のアメリカの州を国としてカウントしていることが分かりました。確かにアメリカ人に出身国を聞くと、州自体が日本より広いためかアメリカ合衆国と言わず、テキサス、カリフォルニアなどと州名で答える人が多いようです。

                                     (続く) 
   ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

 
私のプライベート・ミュージアム
界の人形館では、255ヵ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、壷、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを展示しています。ご興味ある方はご遠慮なくご来館下さい。お待ちします。但し、セキュリティなどのため、下記要領で予約をお願いします。
 TEL&FAX:04−7184−4745

講演を引き受けます。
 世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、国際情勢、外交、政治、民族、グルメ、環境など、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。ご希望があれば、ご連絡下さい。慈善活動のため、謝礼は不要です。尚、ご依頼の趣旨が講演者の理念などに合致しない場合は、誠に勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
約240ヵ国・地域を旅して
20
 前回の書き込み(6月11日)以来、暫らくご無沙汰していました。無精者の私にはマメに書き込む能力がありませんし、持病の腰痛のほかに、ブログ依存症候群(?)と言う新しい持病を増やしたくないのです。ご賢察下さい。
 

  ________________________________________________


 私こと、ワールド・トラベラーが商社マン時代の1969年、酷寒の2月にロシア(当時はソ連)の首都モスクワへ出張して以来、訪れた国と主な地域は実に240を超える。訪問国などのリストは以前から作っていたが、国の数があまりにも多いので大雑把であった。最近、丹念に精査したところ、下表の通り243ヵ国・地域も訪れていることが分かった。
今まで約230ヵ国・地域と公表していたが、自分でも驚くほどの数字だ。
 
 因みに、1970年ごろ海外渡航する場合、米ドルなどの携行外貨には制限があった。戦後の高度成長を支え、日本国のために先兵となって輸出を振興し、外貨を稼いで貢献した商社マンが外貨携行で制約を受けるとはおかしな時代であった。
 
 さて、国際的に認められている国は、日本を含めると世界で194もある。私はこれら全ての国を訪問済みだ。しかし、実際には196ヵ国を旅しており、2つも多いカラクリは実効支配の国がある厳しい現実である。
 実効支配 Effective controlは、ある政権が国際社会では広く認められていないが、実際には領域を統治していることを指す。
 地中海に浮かぶキプロスという島国は、ギリシャが支援する(南)キプロスが国際的に認められている。しかし、現地に入ってみると、トルコが実効支配する(北)キプロスも存在する歴然とした事実を知らされる。
 アフリカの西端にある西サハラは帰属が未定になっているが、現実には隣国モロッコの実効支配下にあり、モロッコの国内旅行をするような思いをした。

  
 1969年2月モスクワ・赤の 1999年3月南キプロス 2005年西サハラの
広場とクレムリン(右は三井 ヴィーナス伝説のビーチ  ラユーン市内
物産モスクワ事務所秘書)


 実はこの実効支配の例は、上記のほかにもいくつかある。1998年7月と2008年7月に旅行した元イギリス領であったカシミールは、南部はインド、北部はパキスタン、北東部は中国の支配下に置かれている。
 
 身近な例では、我が国の北方領土問題がある。北海道の東端、根室半島の沖合いに浮かぶ北方4島、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島については、日本政府はいずれ日本に返還されるべきと考えている。
 しかし、2009年6月に訪れたサハリンではロシアの中央政府が積極的に投資をし、住民は開発の恩恵を享受している。また、サハリンの管轄下にある北方4島もロシア化が着々と進み、ロシアの実効支配を聞くと、日本への返還は絶望的と言わざるを得ない。
 
 この長年懸案の領土問題に関する日露交渉を困難にしている張本人は、日本の領袖であろう。近年は年替わりメニューのようにコロコロと交代する日本の首相を、果たして任期が長いロシアの大統領が本気で相手にするであろうか? 日本経済は依然として超一流だが、日本外交は二流、或いは三流と言わざるを得ない。大震災後の復興が焦眉の急であるだけに、我が国の外交力の更なる弱体化が避けられないことを危惧する。


      ワールド・トラベラーが訪れた国と主な地域

アフリカ   53ヵ国

北アフリカ 中央アフリカ ニジェール
アルジェリア ガボン 西サハラ
エジプト カメルーン ブルキナファソ
エチオピア コンゴ ベナン
エリトリア コンゴ民主 マリ
ジプチ サントメ・プリンシペ モーリタニア
スーダン 赤道ギニア リベリア
チュニジア チャド 南アフリカ
モロッコ 中央アフリカ アンゴラ
リビア 西アフリカ ザンビア
東アフリカ カーボベルデ ジンバブエ
ウガンダ ガーナ スワジランド
コモロ ガンビア ナミビアナ
ケニア ギニア ボツワナ
セイシェル ニアビサウ マダガスカル
ソマリア コートジボアール マラウイ
タンザニア シエラレオネ 南アフリカ
ブルンジ セネガル モーリシャス
ルワンダ トーゴ モザンビーク
ナイジェリア レソト
アジア  47カ国・6地域
東アジア カンボジア タジキスタン
韓国 ミャンマー トルクメニスタン
北朝鮮 ラオスス 中近東
モンゴル 南アジア アラブ首長国連邦
中国 インド イエメン
台湾 スリランカ イスラエル
香港 ネパール イラク
マカオ パキスタン イラン
カムチャッカ バングラデシュ オマーン
サハリン ブータン カタール
東南アジア モルディブ (北)キプロス
シンガポール 中央アジア クウェート
インドネシア アルメニア サウジアラビア
東ティモール アゼルバイジャン シリア
タイ アフガニスタン トルコ
フィリピン ウズベキスタン バーレーン
ブルネイ カザフスタン ヨルダン
ベトナム キルギス レバノン
マレーシア  グルジア パレスチナ
極地  8地域
南極 北極点 カナダ北極
グリーンランド アラスカ スヴァールバル諸島
フランツ・ジョセフ諸島 ノバヤ・ゼムリャ
 
ヨーロッパ  46ヵ国・16地域
西欧 シェトランド諸島 ウクライナ
アイルランド シシリー島 エストニア
アンドラ サルデーニヤ島 クロアチア
イギリス カナリヤ諸島 コソボ
イタリア アゾレス諸島 スロバキア
オーストリア マディラ諸島 スロベニア
オランダ マジョルカ島 セルビア
ギリシャ コルシカ島 チェコ
サンマリノ クレタ島 ハンガリー
スイス ロードス島 ブルガリア
スペイン エーゲ諸島 ベラルーシ
ドイツ ジブラルタル ポーランド
バチカン 北欧 ボスニアヘルツェコビナ
フランス アイスランド マケドニア
ベルギー スウェーデン モルドバ
ポルトガル デンマーク モンテネグロ
マルタ ノルウェー ラトビア
モナコ フィンランド リトアニア
リヒテンシュタイン ロフォーテン諸島 ルーマニア
ルクセンブルグ ゴトランド島 ロシア
(南)キプロス 東欧 カリーニングラード
マン島 アルバニア
米州 35カ国・11地域
北米 ジャマイカ 南米
アメリカ合衆国 聖クリスト・ファーネビス アルゼンチン
カナダ 聖ビンセント・グレナディン ウルグアイ
ハワイ セントルシア エクアドル
中米 ドミニカ ガイアナ
エルサルバドル ドミニカ共和国 コロンビア
グアテマラ トリニダード・トバゴ スリナム
コスタリカ ハイチ チリ
ニカラグア バハマ パラグアイ
パナマ バルバトス ブラジル
ベリーズ プエルト・リコ ベネズエラ
ホンジュラス ケイマン諸島 ペルー
メキシコ 米領バージン諸島 ボリビア
リブ海 キュラソー 仏領ギアナ
アンティグア・バーブーダ アルバ イースター島
キューバ マルティニク ガラパゴス諸島
グレナダ フォークランド諸島
オセアニア 14カ国・6地域
オーストラリア ナウル グアム
ニュージーランド (西)サモア 北マリアナ・サイパン
パプアニューギニア バヌアツ ニューカレドニア
キリバス パラオ タヒチ
ソロモン諸島 フィジー クック諸島
ツバル マーシャル諸島 米領サモア
トンガ ミクロネシア連邦(ヤップ)


 時々海外旅行好きの人から、訪問国の数を増やすコツのようなものを知りたいと聞かれる。旅行回数を増やせば良いが、それだけでは無理である。上記の表でお分かりの通り、一番国が多い大陸はアフリカであり、先ずアフリカ攻略が近道だ。1回の旅行でまとめて数カ国を回ると効率的だが、一般的なツアーが催行されない国が多いだけに、自己責任で旅をする個人旅行がメインになる。穴場は意外に国や地域が多いカリブ海と、太平洋のオセアニア。アイランド・ホッピングと称して、多様な島巡りが楽しめる。

 世界の国々をすべて旅した世界制覇の偉業(?)も、間もなく無効になるかも知れない。と言うのは、この7月初め頃に195番目の独立国が、アフリカで誕生するからである。
 即ち、今年の1月にアフリカのスーダンで住民投票が行われ、同国の南部が独立することが決まった。私は2001年2月にエチオピア、エリトリア、ジブチを旅行した時に、スーダンにも寄ったことがある。ピラミッドが美しいメロエ遺跡が特に印象的であった。未定の国名は南スーダンが有力で、首都はジュバになるとか。
  独立した暁には、ワールド・トラベラーの看板を下ろすわけには行かない。文字通り世界の旅人として、いずれ出かけなければならないであろう。

     (スーダンのメロエ遺跡見学時の写真)
  
 遺跡近くの村に住む  アル・バジュラウィア・   ピラミッド前で
  子供たちと一緒に      ピラミッドを俯瞰


 世界は時には狭いが、やはり広いのが世界である。私の世界放浪の旅は、命あるかぎり続けざるを得ないであろう。また、分身である世界の人形館を彩る民俗人形など、コレクション収集の旅も来世に行く直前まで続くであろう。
 
 74歳という人生の最終章を迎えながら、なぜ世界の旅を続けることに未練があるのであろうか? 答えは、「其処に世界があるから」。かくしてヒマさえあれば、かって「北の鎌倉」と呼ばれた閑静な我孫子市(千葉県)で、次の外国への旅路の構想を秘かに練っている。

後記

●7月9日、スーダンの南部が「南スーダン」として独立した。アフリカでは54番目の国で、首都はジュバ。独立はしたものの、南北スーダンの両国にまたがる油田地帯の帰属が未定の問題なども抱え、火種を残したスタートとなった。

●このブログ更新後、私に講演依頼の話がいくつか飛び込んできた。とりあえず、大震災時に大変お世話になった、「我孫子の文化を守る会」のリクエストをお受けし、下記の通り講演会行います。お時間がありましたら、ご参加下さい。

日時: 2011年10月2日(日) 14:00〜16:00
場所: 千葉県我孫子市若松26−4  Tel 04−7182−0515
     アビスタ(我孫子市障害学習センター)
お問い合わせ: 世界の人形館


 尚、その他の依頼については、私や世界の人形館の理念などに沿うかどうかを考慮し、取捨選択したいと考えている。

  ________________________________________________

今回ブログの内容などについて問い合わせ事項や、感想などがあれば、comments(コメント)欄にご記入下さい。迅速な回答を差し上げます。 
 

過日放映されたJ:COMテレビ番組のDVDを、ご希望の方に無料で差し上げます。ご遠慮なくお申し出下さい。

世界の人形館では、240カ国・地域の民俗人形を中心その他の紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、壷、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを展示しています。ご興味ある方はご遠慮なくご来館下さい
 但し、セキュリティなどのため、下記要領で予約をお願いします。
 TEL:04−7184−4745 又は
 
Eメール:ko-yasu@maple.ocn.ne.jp

次回のブログはリクエストがあり次第書き込みます。ご希望の国・地域があれば、ワールド・トラベラーとして、どんなに小さな無名の国でもお受けします。ご遠慮なく、ご自由にリクエストして下さい。


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| ギネス級ー世界最多訪問国 | 01:37 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    高 (05/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    相子 (05/18)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    高 (05/11)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    相子 (05/11)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    高 (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    相子 (04/16)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    相子 (04/16)
  • 森友文書の改ざんと男の美学
    高 (03/18)
  • 森友文書の改ざんと男の美学
    相子 (03/18)
MOBILE
qrcode