世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
良く分からない「集団的自衛権容認」よりも「憲法再生」を!  世界を知り尽くすワールド・トラベラーが提言
10
 本日(5月15日)安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」が、首相に報告書を提出した。その報告書に基づき国家安全保障会議(日本版NSC)が開かれ、現行憲法解釈の変更に向けて日本政府の考え方がまとめられた。
 そして夕刻に首相は官邸で記者会見し、密接な関係にある他国(米国など)を守るために武力を使う集団的自衛権 Right of Collective Self-Defenceにつき、憲法解釈を変更し行使容認を目指す考えを明確に表明した。


 首相は、安保法制懇の報告書が「我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある時、必要最小限度の武力行使は許容される」としたことにつき、「政府としてはこの考え方を今後さらに推進して行く」と賛同。
 一方、危険事例として「自衛隊が武力行使を目的として湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してない」と強調。さらに、国際平和活動を行う自衛隊による他国部隊への駆けつけ警護、有事の際に邦人を乗せた米艦船を守るための集団的自衛権の行使、尖閣諸島問題で中国との対立を意識した「グレーゾーン事態」への対処などにつき、具体的に検討を進める個別事例を挙げた。

 上記の首相表明を受けて自民・公明両党は来週から協議を始めるとの由だが、集団的自衛権の行使容認に慎重な与党の公明党に配慮し、グレーゾーン事態の対処から協議するようだ。与党協議を経た後、今国会中にも首相は憲法解釈を変更し、行使容認の閣議決定をしたい意向である。
 因みに、この自衛権は1945年に署名・発効した国連憲章の第51条で初めて明文化された権利で、1947年に施行された日本の現行憲法には
集団的自衛権の概念は全く無かったであろう。然らば憲法解釈を変更し集団的自衛権行使を容認するという理論は、いささか強引で無理がある詭弁とも言えよう

 過日271ヵ国・地域訪問を成就した私ことワールド・トラベラーは大相撲中継が終わった後、テレビでずっと安倍首相の記者会見の模様を視聴していた。だが、今なぜ集団的自衛権問題に多大のエネルギーを集中しなければならないのか、その目的などがよく分からないのが偽らざる心境である。やはり1ヵ月ほど前に喜寿を迎えて老化が急速に進行し、愈々初期の認知症が始まった(?)影響なのであろうか。
 「積極的平和主義」という御旗の下、国際貢献したいとの首相の心意気は尊重しなければならない。しかし、我が国で平和の象徴とされる憲法9条がなくなっても集団的自衛権行使が容認されても、国際情勢への影響はほとんど無かろう。それほど国際社会では我が日本の存在感が無くなっている現実を、世界を股にかけて旅するワールド・トラベラーは痛感し悔しくもなる。
 
 確かに中国の海洋進出など我が国を取り巻く安全保障環境は厳しく、また最近ではウクライナ問題など国際緊張が増しており、これら諸問題を踏まえての対応が焦眉の急であるのは紛れもない現実である。
 それだけに憲法解釈の変更という姑息と言わざるを得ない方策ではなく、正々堂々と憲法改正を広く国民に問うべきではないか? そのために他国のように国民投票を実施して国民の声を直接聞くべきではないか? 現在の自民党一強多弱体制の実力が本物なら、斯様な思い切った新手が実行できるのではと秘かに期待しているが−−−。

 地球儀外交を実践するため就任後の安倍晋三首相は精力的に世界各国を歴訪したことを、地球儀マニアでもある筆者は大いに評価している。その際に各国首脳に集団的自衛権につき説明し、理解を得たと本日の記者会見でその成果を披露した。しかし、果たして外国の首脳はどのように受け止めたのであろうか? ひょっとすれば、相手国側の本音は当惑しているかも−−−。
 集団的自衛権云々は安全保障問題としてばかりではなく、重要な外交問題としても捕捉することが肝要ではないかと言うのが私見である。三流外交、或はそれ以下とも揶揄される我が国の外交再生のためにも不可欠となれば、国民のコンセンサスがもっと得られるのではなかろうか? 集団的自衛権容認ありきのイエスマンの身内で固めたきらいもある
冒頭の安保法制懇のメンバーに、実利的な外交に精通し国際経験豊かでグローバルな有識者がもっと多く入っていれば、もっと違った視点で諮問されていたかも知れない。

 
ボタンの掛け違いが往々にしてあるのがこの世の中である。どうも昨今の集団的自衛権問題はその範疇ではないかと思料する。この際、原点に戻る意味でも憲法(第9条)で許容される個別的自衛権につき、念のため今一度レビューする必要があっても良かろう。

 背筋が真直ぐな代表と筆者
 
 また、暴走気味と懸念されている安倍政権にブレーキをかけようとする与党・公明党のバランスがとれた中庸的役割が、今後一層重要なカギを握ろう。筆者は公明党員ではないが、今年の新春パーティーでお会いした同党の山口那津男代表は、国の優先順位で言えば集団的自衛権よりも経済再生や大震災の被災地復興の加速などと発言している。真に的を得た常識人であり、敬意を表したい。(代表との記念写真公開ご容赦のほど)
 
  現行憲法解釈の変更は「解釈改憲」で明らかに憲法違反、或は民主主義や立憲主義を否定する横暴ではないかとの厳しい見方もあるかも知れない。「現場主義」で「有言即実行」を信条とする世界の旅人は理屈っぽいことは苦手だが、この見方はなるほどと思わせる一面がある。また、図に乗って歯止めのない拡大解釈、例えば国連決議に従い侵略国などを制裁する集団安全保障にまで及ぶ懸念される。
 官邸関係者の話に依れば、安倍晋三首相が意欲満々の集団的自衛権を巡る憲法解釈の変更は、対等な日米関係を目指した祖父の岸信介元首相からの宿願とか。もしそうだとすれば、「
アメリカ合衆国日本州憲法」といっても過言ではない現憲法を、時代の変遷に即応した憲法改正(再生の方がベターかも)してこそ真の対等な日米関係の構築になろうかと愚考する。賢明な読者諸兄!! !
如何であろうか。


 最後に申し上げたいことがある。筆者には国民学校(現小学校)2年で終戦を迎え、学童疎開や米軍空襲の非情で怖い洗礼を受けるなど約50〜60%の戦時体験がある戦中派である。特に両親が負傷した米軍の空襲は終生忘れ難い。毎夏各地で打ち上げられる花火を見ると、米軍が落とし多数の死傷者を出した焼夷弾にそっくりなのを今も鮮明に脳裏に焼き付いている。この悲惨な戦時を体験したことが無く、戦争の本当の怖さを知らない戦後派の政治家の諸先生が集団的自衛権を云々するのが末恐ろしくもなる。
 年老いても今もなお世界を行脚し271ヵ国・地域を訪れた生涯現役のワールド・トラベラーが旅先でいつも祈願するのは、気障な言葉になるかも知れないが世界平和である。平和憲法と言われる現行憲法を言葉だけで固守せず、真の世界平和を願うなら憲法再生を堂々と提言したい。そろそろ思い切った発想転換が望まれる。

(後記)

 与党、公明党の懸命のブレーキを押し返すかのような形で自民党と公明党の両党は、憲法の解釈を変えて集団的自衛権の行使容認で合意した。早速これを受けて安倍内閣は行使容認を閣議決定したが、野党からもエールが送られた公明党の意外な腰砕け(?)は残念至極である。安倍晋三首相は日米同盟が強化され、抑止力が高まり「戦争に巻き込まれる恐れは一層無くなっていく」と述べたが、果たしてそうなるのであろうか?
 いずれにせよ、憲法第9条をベースに「専守防衛」を堅持してきた戦後の安全保障政策は、歴史的な大転換点を迎えることになった。我が国が攻撃されていなくても、密接な関係にある他国(アメリカなど)が攻撃された場合に我が自衛隊が一緒に反撃できるようになるとは専守防衛の放棄に他ならない。なぜ閣議決定を急いだのか、未だに理解できず遺憾の極みである。(7月1日)

             ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇


  無料講演を引き受けます。

 ワールド・トラベラーは年間5〜6件の講演・講義を全国各地で行っています。目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生の一助です。そのために世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、産業などジャンル不問で、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。しかも実体験をベースにし、他人様の情報を一切ペーストしない異色のノンフィクションを赤裸々にお話します。
 ご希望があれば、ご遠慮なく又お気軽にお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の趣旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


                   ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演   地球儀を前にして     満席の会場で熱心に聴講
  するワールド・トラベラー    スピーチする筆者     する多数の参加者たち


筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売中です。
書名は
私はワールド・トラベラー世界257ヵ国・地域を旅した男
定価は本体1、500円+税。お買い求めはインターネット(アマゾンや楽天ブックスなど)、または最寄の書店でどうぞ。
  なお、本書は単なるトラベル・ガイドブックではありません。日本の将来を憂い、 特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向の提言書でもあります。是非ともご愛読のほどお願いします。


 
     表紙カバー                   口絵
 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| 安全保障 | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
恐怖すら感じた米国の暗部(?)―盗聴国家の行き過ぎた情報収集
9
 最近の米国はどうも様子がおかしい。国際協調を無視するかの如き シリアへの軍事介入の動き、無人機によるイスラム過激派への攻撃、そして世界の信頼を失いかねない情報収集である。
 米国の中央情報局(CIA)及び国家安全保障局(NSA)の元職員の内部告発が世界的に様々な波紋を描き、NSA傍受による強引とも思える情報収集が超大国の威信を揺るがしている。と言うのは、驚くなかれ世界中のデータを収集し、同盟国の通信傍受もしていたことが明らかになったのである。
 今年の8月「世界における米国のリーダーシップは、民主主義と透明性に係っている」と、オバマ大統領はNSAの情報収集活動の見直しを誓った。しかし、現実は米国が自ら掲げてきた人権尊重から遠く離れている行為だ。 

 エドワード・スノーデン元職員(30歳)の告発によれば、NSAが4つの極秘プログラムを使用してインターネット上の個人情報を収集していたとの由。また、メール文面などの閲覧プログラム関係の情報を英国のガーディアン紙に提供したため、元職員はアメリカ政府に訴追された。その後香港からモスクワへ飛んで各国に亡命を申請し、去る8月1日にロシアは1年間の政治亡命を認めた経緯がある。
 その後、米国の恐るべき個人情報収集活動の実態が次々と暴露されている。最近ではドイツのメルケル首相の携帯電話に関する情報も盗聴していた疑惑が浮かび上がり、良好であった両国関係は勿論、米欧の信頼関係が損なわれかねない事態が発生している。

 元職員の発言から、米国民全ての通信記録が同国の国家安全保障局によって監視され記録されており、その対象は一般市民から連邦判事、さらには大統領にまで及んでいるとか。NSAやCIA等政府機関がかねてから電話盗聴やEメールのチェックなどによって、非合法的な情報収集を行っていることは周知の事実であるが、最近世界のマスコミが大きく取り上げているのは、斯様な違法行為がNSAの下で実際に情報収集に携わっていた職員の口から明らかにされた ことである。
 NSAがこうした情報収集を本格的に始めたのは、前のブッシュ大統領の時代であるが、 そのような行為を違法行為であると強く批判していたのが、なんと当時上院議員であったオバマ氏であったとは、なんとも皮肉である。

 
   スノーデン氏      NSA事務所       メルケル首相
         (いずれもインターネットより転用・加工済み)


 英紙ガーディアンが伝えるところでは、情報収集に際して監視の対象となっているデーターの中には、グーグルやフェイスブックなどを通じてやり取りするEメールも含まれているようだ。その結果、全世界的に個人情報が今後益々監視機関の手に握られることになるのは間違いなさそうで 、現にオバマ大統領はネットの極秘調査は米国外の人々が対象であると語っている。   
 人権意識が希薄な我が国ではあまりピンと来ない人も多いだろうが、これはとんでもないことになる。例えば、
国民共通番号制の採用によって、今後我々個人が世界共通の背番号で管理されることにもなりかねない。Eメールや ブログなどの発信情報が、全て個人情報の一つとして収集管理される恐れがある。

 元職員が行き過ぎた非人道的な情報収集を命がけで世界に伝え、米国民ならびに世界の常識ある人々に その恐ろしい実情を知ってもらおうとしたのは、米国人としてではなく人間として耐え難い心境になったのであろう。彼の良心がNSAの強引な情報収集を許し難い行為と感じたに違いない。
 ウィキリークスによって国際関係や国防情報など国家レベルの機密情報が、広く世界に知られるようになったのも同様である。これから先、こうした動きはますます増加して来そうだが、後は我々一人一人がそうした情報をどのように受け止め、どのように対処するかであろう。
 今回の内部告発者
スノーデン氏はアメリカ国内では国家の裏切り者と見なす動きが一部あるが、もしもそうした考えが支配的になるなら、米国国民はテロ対策の名の下に我が身や我が心を権力者に委ねることになるのは明々白々だ。それだけに米国民だけでなく、我々日本人も今回の同氏の身を挺した行動を、無駄にしたくないものである。

 ところで、私ことワールド・トラベラーは、アメリカでの9.11同時多発テロ後に度々同国を訪れたが、その際の嫌な体験は終生忘れ難い。今から思えば、11年も前からテロ対策の名を借りたアメリカの強引で陰湿とも言うべき情報収集活動の標的にされたようである。


 例えば、2002年4月にカリブ海周遊の旅で米国に寄った時は、2001年9月11日にあった同時多発テロの影響で、アメリカの空港ではどこもアメリカ運輸保安局(TSA)による荷物と身体検査が厳しかった。特にテロ犯がイスラム教徒であった関係でアラブ系や筆者のようなアジア系の乗客に対する執拗なチェックは、一種の人種差別すら感じて不愉快であった。保安検査が長すぎるため危うく搭乗に遅れそうになり、ヒヤヒヤして脂汗をかくことも度々あった。
 2003年7月ブラジルとベネズエラ旅行で立ち寄った際も、強引で失礼な荷物検査があった。マイアミやヒューストンの空港でアメリカン航空のフライトに乗ったが、筆者の知らないところで勝手に小生が預けたスーツケースを検査したらしい。中味のみやげ物が損傷を受けたほか、カギまでも壊されて大いに驚いた。9.11同時多発テロの再発を防ぐための検査とはいえ、カギや中身の品物の損傷については一切責任を負わないというTSAの一方的なメモがあった。力に任せたアメリカの傲慢で失礼なやり方に憤りを感じた。
 
 
マイアミ:エバーグレーズ アトランタ:ケネディ ヒューストン:バッファ
国立公園でワニを抱く筆者   大統領の暗殺現場    ローバイユー川岸で

 更に2004年6月アメリカ(ニューオリンズやサンアントニオ)とメキシコに出かけた旅では、何故か知らぬが搭乗券にテロリストまたは要注意人物を意味する特殊マーク SSSSが入っていた。そのため、小生のスーツケース・手荷物・ 身体に対し、テロリスト待遇の過酷で長時間の保安検査を強要された。また保安検査が長過ぎるため危うく搭乗に遅れそうになり、帰国後に米系の航空会社にクレームした。しかし、TSAのせいにして責任を取らないのは勿論、情報公開に応じなかった。いくら国の安全保障のための検査とはいえ、個人の人権を無視した一方的なやり方に憤りを禁じ得なかった。
 その後ワールド・トラベラーなりの独特の嗅覚で調べたところ、1974年〜1984年にクウェートとインドネシアと言うイスラム圏に駐在していた経歴が、どうも米国側にマークされたらしい。 
 

 この旅から1週間後にワシントン、ボストン、ニューヨーク、リッチモンド、コロニアル・ウィリアムズバーグ、チャールストングレート・スモーキー・マウンテン国立公園、ノックスビル、マンモスケイブ国立公園、ホッジェンビル、ナッシュビル、メンフィス、セントルイス、ラピッドシティ、ミネアポリス・セントポール、シカゴ、ミルウォーキー、デトロイト、シンシナティ、ピッツバーグ、フィラデルフィア、アトランティックシティなど、全米各地を1ヵ月間回った。
 全般的には、毎日が極めてバラエティに富む楽しい旅行だった。しかし9.11同時多発テロに懲りてか、空港でのTSAによる度重なる保安検査は異常なくらい厳しく、閉口するほどであった。
 

 即ち、すべての搭乗券に要注意人物を意味する特殊マーク SSSSのほかに、名前の前にもSという文字が追記されていた。このためか十数回にわたり小生のスーツケース・手荷物・身体に対し、テロリスト並みの長時間にわたる厳しい保安検査を強要された。時には、なんとズボンまで脱がされる屈辱感を味わった。このトラブルの影響でストレスが蓄積し病気になって急きょ病院にかけこんだり、保安検査が長すぎるため危うく搭乗に遅れそうになった。
 またスーツケースに入れたみやげ物が壊されたり、スーツケース到着が遅れた上に破損したり、全く散々であった。帰国後さっそく航空会社を通してクレームしたが、補償しないは勿論、情報公開にも一切応じなかった。

 TSAについては2001年11月に発足後、種々問題があるようだ。時には強引で居丈高な態度に出るため、恨みを買い苦情や不満がくすぶる。2011年には身体検査に抵抗し逮捕された邦人女性が、インターネットでは称賛されたほどである。
 
(11月3日追記)
 11月1日ロサンゼルス空港で銃乱射事件が起きた。保安検査を担当するTSAの職員が狙われたらしく、39歳の職員1人が死亡した。テロ防止を主目的とする米政府機関が狙われた犯行ゆえに、関係者間で衝撃が広がっている。
 原則としてTSA職員は武装していないので、この事件によって保安検査場の警備態勢が今後一層厳しくなる恐れがあろう。 

   
       テロリスト並の待遇を受けた問題の搭乗券

    −− 象徴的なモニュメントを訪れたワールド・トラベラ −−
 
  ラピッドシティ:    ニューオリンズ:     セントルイス:
マウント・ラッシュモア   ミシシッピー河畔    ゲートウェイアーチ


 50年以上も前からビジネスを通じ、またリタイアしてからも旅を続けて数多くのアメリカ人とお付き合いしてきた。彼らは個人的には皆フランクで心を開き、友好的である。しかし、国家単位の話になると、急に風向きが変わる変な(?)国である。民主主義のお手本国というイメージからは程遠く、むしろ恐怖と暗黒の社会主義国的な雰囲気を感じて恐ろしくもなる。
 中国の急速な台頭があるとは言え、まだまだ超大国の米国に依存せざるを得ない国際社会である。今後とも同国を信頼出来る、平和な世界の実現を祈念してやまない。

 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

      
―   ―   ―    ご案内   ―   ―   ―

  2013年11月9日(土)10:00〜 あびこ市民プラザホールで
我孫子の文化を守る会
主催の特別大講演会が開催されます。
講師として今話題のワールド・トラベラー(高 康治)が講演します。


場所:我孫子市あびこショッピングプラザ3Fあびこ市民プラザホール
         我孫子駅北口下車徒歩約5分
日時:2013年11月9日(日)10:00〜12:00
演題:
265ヵ国・地域を旅したワールド・トラベラーが語る
    「世界の紛争地帯を訪れ、世界の平和を考える
入場料:無料 定員:先着200名

お問い合わせ:高 TEL:04−7184−4745

 揺れ動く最新の世界情勢を知る上で大変興味ある講演内容です。
是非ご来場の上、ご聴講ください。宜しくお願いします。


    Mr.Ko
講演会場のあびこ市民プラザホール 講師のワールド・トラベラー


筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売されています。
 書名は「私はワールド・トラベラー 世界257ヵ国・地域を旅した男」、
  定価は本体1、500円+税。書店でお買い求め、又は注文できます。
  
また、アマゾンや楽天ブックスなどのインターネット・ショッピングもできます。
   なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合、常に在庫が十分あります
  世界の人形館(TEL:04−7184−4745 ) で確実にお買い求めできます。


 尚、本書は単なるトラベルガイドブックではありません。日本の将来を憂い、
 特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向
 の提言書でもあります。是非ともご愛読のほど宜しくお願いします。    

   
   
            表紙カバーと帯                 口絵

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 
 
| 安全保障 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    高 (06/25)
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    相子 (06/24)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    高 (06/20)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    相子 (06/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    高 (05/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    相子 (05/18)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    高 (05/11)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    相子 (05/11)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    高 (04/16)
MOBILE
qrcode