世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
良く分からない「集団的自衛権容認」よりも「憲法再生」を!  世界を知り尽くすワールド・トラベラーが提言
10
 本日(5月15日)安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」が、首相に報告書を提出した。その報告書に基づき国家安全保障会議(日本版NSC)が開かれ、現行憲法解釈の変更に向けて日本政府の考え方がまとめられた。
 そして夕刻に首相は官邸で記者会見し、密接な関係にある他国(米国など)を守るために武力を使う集団的自衛権 Right of Collective Self-Defenceにつき、憲法解釈を変更し行使容認を目指す考えを明確に表明した。


 首相は、安保法制懇の報告書が「我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある時、必要最小限度の武力行使は許容される」としたことにつき、「政府としてはこの考え方を今後さらに推進して行く」と賛同。
 一方、危険事例として「自衛隊が武力行使を目的として湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、これからも決してない」と強調。さらに、国際平和活動を行う自衛隊による他国部隊への駆けつけ警護、有事の際に邦人を乗せた米艦船を守るための集団的自衛権の行使、尖閣諸島問題で中国との対立を意識した「グレーゾーン事態」への対処などにつき、具体的に検討を進める個別事例を挙げた。

 上記の首相表明を受けて自民・公明両党は来週から協議を始めるとの由だが、集団的自衛権の行使容認に慎重な与党の公明党に配慮し、グレーゾーン事態の対処から協議するようだ。与党協議を経た後、今国会中にも首相は憲法解釈を変更し、行使容認の閣議決定をしたい意向である。
 因みに、この自衛権は1945年に署名・発効した国連憲章の第51条で初めて明文化された権利で、1947年に施行された日本の現行憲法には
集団的自衛権の概念は全く無かったであろう。然らば憲法解釈を変更し集団的自衛権行使を容認するという理論は、いささか強引で無理がある詭弁とも言えよう

 過日271ヵ国・地域訪問を成就した私ことワールド・トラベラーは大相撲中継が終わった後、テレビでずっと安倍首相の記者会見の模様を視聴していた。だが、今なぜ集団的自衛権問題に多大のエネルギーを集中しなければならないのか、その目的などがよく分からないのが偽らざる心境である。やはり1ヵ月ほど前に喜寿を迎えて老化が急速に進行し、愈々初期の認知症が始まった(?)影響なのであろうか。
 「積極的平和主義」という御旗の下、国際貢献したいとの首相の心意気は尊重しなければならない。しかし、我が国で平和の象徴とされる憲法9条がなくなっても集団的自衛権行使が容認されても、国際情勢への影響はほとんど無かろう。それほど国際社会では我が日本の存在感が無くなっている現実を、世界を股にかけて旅するワールド・トラベラーは痛感し悔しくもなる。
 
 確かに中国の海洋進出など我が国を取り巻く安全保障環境は厳しく、また最近ではウクライナ問題など国際緊張が増しており、これら諸問題を踏まえての対応が焦眉の急であるのは紛れもない現実である。
 それだけに憲法解釈の変更という姑息と言わざるを得ない方策ではなく、正々堂々と憲法改正を広く国民に問うべきではないか? そのために他国のように国民投票を実施して国民の声を直接聞くべきではないか? 現在の自民党一強多弱体制の実力が本物なら、斯様な思い切った新手が実行できるのではと秘かに期待しているが−−−。

 地球儀外交を実践するため就任後の安倍晋三首相は精力的に世界各国を歴訪したことを、地球儀マニアでもある筆者は大いに評価している。その際に各国首脳に集団的自衛権につき説明し、理解を得たと本日の記者会見でその成果を披露した。しかし、果たして外国の首脳はどのように受け止めたのであろうか? ひょっとすれば、相手国側の本音は当惑しているかも−−−。
 集団的自衛権云々は安全保障問題としてばかりではなく、重要な外交問題としても捕捉することが肝要ではないかと言うのが私見である。三流外交、或はそれ以下とも揶揄される我が国の外交再生のためにも不可欠となれば、国民のコンセンサスがもっと得られるのではなかろうか? 集団的自衛権容認ありきのイエスマンの身内で固めたきらいもある
冒頭の安保法制懇のメンバーに、実利的な外交に精通し国際経験豊かでグローバルな有識者がもっと多く入っていれば、もっと違った視点で諮問されていたかも知れない。

 
ボタンの掛け違いが往々にしてあるのがこの世の中である。どうも昨今の集団的自衛権問題はその範疇ではないかと思料する。この際、原点に戻る意味でも憲法(第9条)で許容される個別的自衛権につき、念のため今一度レビューする必要があっても良かろう。

 背筋が真直ぐな代表と筆者
 
 また、暴走気味と懸念されている安倍政権にブレーキをかけようとする与党・公明党のバランスがとれた中庸的役割が、今後一層重要なカギを握ろう。筆者は公明党員ではないが、今年の新春パーティーでお会いした同党の山口那津男代表は、国の優先順位で言えば集団的自衛権よりも経済再生や大震災の被災地復興の加速などと発言している。真に的を得た常識人であり、敬意を表したい。(代表との記念写真公開ご容赦のほど)
 
  現行憲法解釈の変更は「解釈改憲」で明らかに憲法違反、或は民主主義や立憲主義を否定する横暴ではないかとの厳しい見方もあるかも知れない。「現場主義」で「有言即実行」を信条とする世界の旅人は理屈っぽいことは苦手だが、この見方はなるほどと思わせる一面がある。また、図に乗って歯止めのない拡大解釈、例えば国連決議に従い侵略国などを制裁する集団安全保障にまで及ぶ懸念される。
 官邸関係者の話に依れば、安倍晋三首相が意欲満々の集団的自衛権を巡る憲法解釈の変更は、対等な日米関係を目指した祖父の岸信介元首相からの宿願とか。もしそうだとすれば、「
アメリカ合衆国日本州憲法」といっても過言ではない現憲法を、時代の変遷に即応した憲法改正(再生の方がベターかも)してこそ真の対等な日米関係の構築になろうかと愚考する。賢明な読者諸兄!! !
如何であろうか。


 最後に申し上げたいことがある。筆者には国民学校(現小学校)2年で終戦を迎え、学童疎開や米軍空襲の非情で怖い洗礼を受けるなど約50〜60%の戦時体験がある戦中派である。特に両親が負傷した米軍の空襲は終生忘れ難い。毎夏各地で打ち上げられる花火を見ると、米軍が落とし多数の死傷者を出した焼夷弾にそっくりなのを今も鮮明に脳裏に焼き付いている。この悲惨な戦時を体験したことが無く、戦争の本当の怖さを知らない戦後派の政治家の諸先生が集団的自衛権を云々するのが末恐ろしくもなる。
 年老いても今もなお世界を行脚し271ヵ国・地域を訪れた生涯現役のワールド・トラベラーが旅先でいつも祈願するのは、気障な言葉になるかも知れないが世界平和である。平和憲法と言われる現行憲法を言葉だけで固守せず、真の世界平和を願うなら憲法再生を堂々と提言したい。そろそろ思い切った発想転換が望まれる。

(後記)

 与党、公明党の懸命のブレーキを押し返すかのような形で自民党と公明党の両党は、憲法の解釈を変えて集団的自衛権の行使容認で合意した。早速これを受けて安倍内閣は行使容認を閣議決定したが、野党からもエールが送られた公明党の意外な腰砕け(?)は残念至極である。安倍晋三首相は日米同盟が強化され、抑止力が高まり「戦争に巻き込まれる恐れは一層無くなっていく」と述べたが、果たしてそうなるのであろうか?
 いずれにせよ、憲法第9条をベースに「専守防衛」を堅持してきた戦後の安全保障政策は、歴史的な大転換点を迎えることになった。我が国が攻撃されていなくても、密接な関係にある他国(アメリカなど)が攻撃された場合に我が自衛隊が一緒に反撃できるようになるとは専守防衛の放棄に他ならない。なぜ閣議決定を急いだのか、未だに理解できず遺憾の極みである。(7月1日)

             ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇


  無料講演を引き受けます。

 ワールド・トラベラーは年間5〜6件の講演・講義を全国各地で行っています。目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生の一助です。そのために世界に関する事であれば、旅行、文化、芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、産業などジャンル不問で、ワールド・トラベラーとして何でも講演します。しかも実体験をベースにし、他人様の情報を一切ペーストしない異色のノンフィクションを赤裸々にお話します。
 ご希望があれば、ご遠慮なく又お気軽にお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の趣旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。


                   ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演   地球儀を前にして     満席の会場で熱心に聴講
  するワールド・トラベラー    スピーチする筆者     する多数の参加者たち


筆者(ペンネーム:高やすはる)が著した本が文芸社より発売中です。
書名は
私はワールド・トラベラー世界257ヵ国・地域を旅した男
定価は本体1、500円+税。お買い求めはインターネット(アマゾンや楽天ブックスなど)、または最寄の書店でどうぞ。
  なお、本書は単なるトラベル・ガイドブックではありません。日本の将来を憂い、 特に三流とも揶揄される日本外交に対し、ズバリ直球でもの申す本物志向の提言書でもあります。是非ともご愛読のほどお願いします。


 
     表紙カバー                   口絵
 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| 安全保障 | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • トランプ大統領が首都と認定したエルサレムの想い出
    高 (12/13)
  • トランプ大統領が首都と認定したエルサレムの想い出
    相子 (12/12)
  • 「世界の人形館」の近況−多様な来館者を迎えて
    高 (12/03)
  • 「世界の人形館」の近況−多様な来館者を迎えて
    相子 (12/03)
  • 80歳にして人生初の入院と手術
    高 (11/12)
  • 80歳にして人生初の入院と手術
    相子 (11/11)
  • 中国共産党大会が開幕した北京の想い出
    相子 (10/23)
  • 中国共産党大会が開幕した北京の想い出
    (10/23)
  • 中国共産党大会が開幕した北京の想い出
    相子 (10/22)
  • 米国史上最悪の銃乱射事件があったラスベガスの旅
    高 (10/17)
MOBILE
qrcode