世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
変な最近の世相:日本ボクシング連盟会長の疑惑と日銀政策修正
10

 危険過ぎ災害とも言われる今年の猛暑、と言うより酷暑が続く。暑苦しく鬱陶しい盛夏の折柄、依然としてスポーツ界で不祥事が続き一層不快さが増す。過日の日本大学の悪質タックル問題で監督とコーチが処分されて一応一段落したかと思ったら、今度は日本ボクシング連盟のカリスマ会長が内部告発された。オリンピック強化選手に支給される助成金の不正流用や、奈良判定という疑惑判定などが問題化し、300人超の都道府県連盟の幹部やオリンピック選手の連名で、告発文書が提出されている。因みに、日大の悪質タックルに就いては、5月26日付け幣ブログ『悪質タックルの日大は森友加計問題の安倍政権と似ている!?』で詳述済みだ。

 6年前から「終身会長」となった山根明日本ボクシング連盟会長は強化委員長も兼ね、その権力集中は異様と言われる。筆者よりも3歳若い(78歳)が、元暴力団組長と親交があった御仁だけに凄味があり、彼の貫禄に負けた取り巻き連中は何かと忖度せざるを得なかったのであろう。少し前には日本レスリング協会で発覚した前強化本部長による選手やコーチへのパワハラでも、組織の正常な機能が不能に陥っていることが明らかにされた。これらの不祥事に共通するのは強力なトップの下、旧態依然とも言うべき上意下達が当たり前になっていることだ。だが「男の山根」を強調する古い気質だけに、最終的には会長辞任は不可避であろう。

 

 全く別の話になるが、3日前(7月31日)に日銀はまた金融政策を修正した。一見もっともらしいが、アベノミクスを振りかざす安倍政権になってからの経緯を振り返ると、疑問が浮かび不信感が募る。当初は大見えを切った2%の物価上昇率目標が3年前に不達成となり、さらに今度は今から2年後の2020年でも手が届きそうにないとか。このエンドレスな夢物語(政策)をいつまで継続するのか?また、最終的に目標は達成できるのか?筆者はもちろん、多くの善良な国民が抱いている疑念に誠実に答えているとは思えない。

 それでも黒田東彦日銀総裁は辞めようとしないし、むしろ去る4月には再任される始末である。この5年以上にわたり状況に応じて度々政策を修正してきたが、どこに問題があるのか謙虚に振り返ったであろうか?常に正しかったと過信する政策は屋上屋を重ね、むしろ迷宮入りして泥沼化し、不透明さが増すばかりである。斯様なことを続けている限り出口は見えず、2%の物価上昇率達成のゴールは遠のくばかりであろう。

 

  上記に加え、東京医科大学の入学試験で女子受験者の点数を一律減点の問題が明るみに出たが、ほかの大学でも似たケースがあるようで必要悪と擁護する向きもある。いずれにせよ、最近の世相は変なことが多過ぎるようだ。特に政界では十分な説明責任を果たさず、森友・加計問題の幕引きを図ろうとする安倍長期政権下、ウソをついても、また忖度してもまかり通る風潮が蔓延して様々な不祥事が多発している。自然界でも過日の12号台風は、なんと逆走する始末だ。何かが狂っているとしか言いようがない。

 

 いつもは7月上〜中旬に開花する当家のカンナが、本日やっと咲いてくれた。花まで変になったのではと思うのは、いささか思い過ごしかも知れない。カンナは真夏の炎天下、大きな葉の間から色鮮やかな花を元気に咲かせる。花言葉は「情熱」で、真夏の強い日差しに負けない強さと華やかな姿に相応しい。暑くても花を愛でているとホッとする

ものがあり、妙に汗もかかないから不思議だ。これがウソをつきがちな複雑怪奇な人間様と違うところであろう。

 

 2年後の東京五輪のことを考えると、諸外国にも批判されないようなスポーツ界の自浄を切望したき次第である。

 

後記

 日本ボクシング連盟の山根会長は本日記者会見し、会長辞任を表明した。しかし、単なる会長を辞任しても理事に留まれば、連盟内での内紛は続こう。除名などの厳しい処分が無ければ、騒動は簡単に収束しないであろう。これが2年後の東京五輪にも影響することを懸念する。(8月8日)

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| スポーツ | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
悪質タックルの日大は森友加計問題の安倍政権と似ている!?
11
  GW連休を過ぎ6月近くになると、湿度の高いスッキリしないお天気が多くなってきた。やはり暦通り、間もなく梅雨入りではないかと思わせる。そのためであろうか、何となく体がだるくて倦怠感を覚える。それを癒してくれるのが玄関ポーチで咲く移り気な紫陽花(写真下)であり、北米東部が原産のカシワバアジサイ(写真上)と競うように咲き誇る。

 鬱陶しいのはお天気ばかりではなく「疑惑」という厚い雲が、国会を中心にずっと垂れ込める変な世相である。後期高齢者の筆者にとり、妻の見舞い・介護、持病の通院、買い物などで外出する以外は在宅する訳だが、最近テレビを視聴する時間が以前より多くなったようだ。これも認知症予防に良いかも知れない。

 

 だが、2018年4月9日付け幣ブログ『 It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ 』で紹介したメージャーリーグ野球の明るい話題以外は、混迷する我が国会の審議など疑惑だらけの諸問題が山積である。加えて反則や八百長などが無いフェアプレイを尊ぶスポーツ界で最近大きな問題になっているのが、日本大学の悪質タックル問題だ。今月6日の試合後2週間ほど経って問題が表面化したのである。

 

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、タックルをした日大選手が26日に謝罪会見をした。一種異様とも思える会見の模様をテレビで観ていたが、時系列的に詳しく説明して「悪質タックルは監督やコーチの指示による」などと述べた。悪質な反則は理由の如何を問わず責められるべきものだが、敢えて顔と名前を公にした姿勢は今の若者には無いもので、むしろ潔い清々しさに感動すらした。

 しかし、翌日に会見した監督は会見前に監督を辞任したとは言え、関学大選手を負傷させる指示を出していないと同席のコーチと共に否定した。監督から言われたと反則選手が語った「(けがをさせる)やらなきゃ意味ないよ」などとは、真逆の弁明である。また、日大のアメフト部監督であったばかりではなく、日本大学の常務理事で実質トップ2とも言われる前監督をかばうコーチの発言は釈然としないものであった。更に昨日も日大学長が会見したが、特に目新しい発言はなかった。この際、監督らには男の美学と言うものを一考してもらいたい。

 

 他方、国会では相変わらず低次元の空虚な審議が続く。長引く森友学園問題に加え、この4月に開学して収まりかけた加計学園の問題で、地元の愛媛県が提出した文書で安倍晋三首相の関与が再び浮上したのだ。よく考察してみると、森友・加計(モリカケ)問題は日大アメフト部の悪質タックルと実によく似ている。日大(前)監督は選手に反則を指示していないと頑なに否定するが、反則選手が悪質タックルで相手選手をけがさせたのは事実だ。モリカケに置き換えてみれば、上からの命令や上に対する忖度は無いと言うが、現実には国会を愚弄するような悪質な公文書の改ざんが行われた。

 正に国民を馬鹿にするような、絶対してはならないことを、公僕たる財務省が2年もやり続けるのは万死に値しよう。官僚に責任転嫁して逃げ回る行政の長である安倍首相と財務省の最高責任者たる麻生太郎大臣の連帯責任は、絶対に免れないであろう。口癖のように言っている膿を出して頂くのは、張本人の首相ご自身に他ならない。本日も夫人と仲良く手を繋いで機上の人となりロシアへ向かったが、我が総理は国会での厳正な追及をかわすように頻繁に外遊する。外交が得意と自負するが、拉致や北方領土などの諸問題は未解決のままで外交成果は皆無に等しいと言わざるを得ない。

 

 先述の男の美学と言えば、3月16日付け幣ブログ『 森友文書の改ざんと男の美学 』で居座り続ける安倍政権に進言済みである。また僭越ながら、同政権の官邸や、文書の隠蔽・捏造・改ざんが常態化する財務省などにアドバイス申し上げたいことがある。適材適所と膿を出し切る観点から、悪質タックルをしたが潔く非を認めた選手のような人材を採用されては如何と思料する。これこそ真の財務省改革に寄与するのではと・・・。

 最後に勝つのはウソや不正ではなく、正直や正義であるべき世直しを安倍政権は率先して実践してもらいたい。また、見掛け倒しの外交は暫く封印して頂きたい。それらが出来なければ、政権の安定を口実にしていたずらに居座るのではなく、男らしく一刻も早く出処進退を決めることを願わざるを得ない。人材不足の不甲斐ない野党に比べ、人材豊富な自民党には相応しい後釜は何人かおり、政権交代は問題無かろうと思うのだが・・・。 

 

後記

 関東学生アメリカンフットボール連盟(関東学連)は本日に臨時理事会を開き、悪質タックル問題で揺れる日大への処分を発表した。日大の前監督と前コーチが反則選手に悪質なタックルを指示したと認定し、両者を最も重い事実上の永久追放にあたる除名をした。一方、反則選手と日大アメフト部には2018年度シーズン終了までの出場資格停止が課されたが、反省文の提出等を条件に年度内でも理事会の承認を経て解除される条件付きだ。正直に陳述した反則選手に対する一種の温情とも受け取れ、連盟の真面な自浄力が機能した妥当で立派な裁定である。

 日大の悪質タックル問題が1か月足らずで膿を出したのに対し、森友加計問題の安倍政権は何年かけても膿を出し切るどころか、益々膿が溜まる一途だ。最近では首相経験者とは言え、辞任しないで居座り続ける財務大臣の横柄な失言や暴言にはうんざりする。この際は関東学連のようなスピーディーな対処を真摯に見習ってもらい、常識のある偽りの無い国会運営を望みたい。また、頻繁に首相交代が行われたとは言え、昔の自民党にはそれなりの自浄力があった。願わくば、疑惑まみれの安倍内閣の早期退陣の処分が出ることを!(5月29日)

 

              ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 

世界の人形館のご見学

 筆者が館長を務める世界の人形館では、272カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを多数展示しています。ご興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。慈善活動につき、入館料は無料です。

 

   −−− 国境の無い平和な「世界の人形館」の館内風景 −−−

  

 但し、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約をお願いします。
TEL:04−7184−4745 又は Eメール: ko-yasu@maple.ocn.ne.jp 

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| スポーツ | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    高 (06/25)
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    相子 (06/24)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    高 (06/20)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    相子 (06/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    高 (05/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    相子 (05/18)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    高 (05/11)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    相子 (05/11)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    高 (04/16)
MOBILE
qrcode