世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
夏の花と花火を愛で過ぎ行く夏を想う
9

 5年前から夏になると咲き乱れるタイタンビカスが、今年も連日大輪の花を咲かせている。だが、その咲きっぷりが例年と少し違うのだ。先ず、開花日だが、いつもの7月10日ごろが今年は約1週間遅れの7月16日であった。次に花の直径が最大20センチのところが精々18センチ止まりで、若干小粒である。一方、1日に最多6輪咲いたのが、今年はなんと10輪もの日もあって驚いている。

 因みに、過去5年間の開花模様を以下の幣ブログで紹介しており、ご参考までに再度ご覧頂きたい。

2012年9月8日付け『大輪の花を咲かせるタイタンビカスと琉球朝顔

●2014年7月9日付け『ギネス級!? ワールド・トラベラーが訪れた272ヵ国・地域を祝うタイタンビカス開花

●2015年9月1日付け『大輪の花タイタンビカスの二期作開花

●2016年7月18日付け『花の命は短しタイタンビカスと、人の命は短いニースのテロ

 

  

  7月18日に咲いたタイタンビカスと近所に  5日後のタイタンビカス

 住む孫のようなことはちゃんとのツーショット

 

 2013年からは株分けして過去10数人の友人らにプレゼントしており、今年も3人に差し上げて数日前には開花したとの連絡を受けた。このニュースを聞くのが楽しみでもある訳だが、同時に入院中の妻の病状についても尋ねられる。実は2年以上も前から認知症で入院中だが依然として脳の萎縮が止まらず、残念ながら経口摂取が出来ない終末期を迎えている。彼女はタイタンビカスビカスが殊のほか好きで、この花が咲くと否応なしに妻のことを想起せざるを得ない。

 せめて花の様に華やかに逝って欲しいと、今年は原色が鮮やかな夏の花をたくさん咲かせようと精を出した。おかげでカンナ、ヒマワリ、グラジオラス、ハイビスカスなども仲間入りし、筆者のプライベートミュージアム・世界の人形館のポーチやルーフバルコニーを彩っている。そして脇役として主役のタイタンビカスなど夏の花を引き立たせようとするのが、ゴーヤや朝顔などの緑のカーテンだ。

 

  

タイタンビカス、ヒマワリ タイタンビカスとヒマワリ ゴーヤ、朝顔など

とカンナ(手前)の三重奏             から成る緑のカーテン

 

 ところで、夏の風物詩の代表と言えば花火であろう。昨夜(7月5日)も千葉県・手賀沼で花火大会が開催され、妻が入院中の病院駐車場で親しい友人の澤田夫妻らと観覧した。ほぼ寝たきりの妻だが、気分転換になればと病室から無理矢理のような形で引っ張り出した。アルコール以外は何でも揃った屋台でアイスクリームをもらい、妻に食べさせようとしたがダメであった。やはり経口摂取は無理なのだ。と思うと悲しく、30分ほどで病室へ戻ってしまった。恐らくこれが見納めの送り花火となろう。

 豪華だがパッと散る花火を観終わった後は、満足感と一種の空虚感が漂うようだ。私ことワールド・トラベラーは世界の様々な花火を観てきたが、どこでも同じような感慨に浸る。忘れ難い花火を列挙すると、2004年1月下旬の旧正月に訪れた香港やマカオ、同年7月4日の米国独立記念日に滞在したアメリカ・テネシー州のノックスビルなどがある。特に、香港では大陸側の九龍側で鑑賞した花火は、夜景そのものが花火のような対岸の香港島をバックに打ち上げられ、幾重にも華麗に散った幻想的な花火であった。

 

  

       香港の花火     手賀沼の花火  病身の妻らと花火を観覧

 

 確か東西冷戦時代は日本を除き、世界を旅しても花火を見かけた記憶が無い。今では世界どこでも花火が打ち上げられている。一部の国・地域で内戦やテロがあるものの、相対的には平和であり、経済的にも豊かになり花火を打ち上げる余裕があるからであろう。北朝鮮のミサイル発射の連発はご免被りたいが、平和な花火はどんどん打ち上げた方が景気づけにもなろう。

 

               ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 

世界の人形館のご見学

 筆者が館長を務める世界の人形館では、272カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを多数展示しています。ご興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。慈善活動につき、入館料は無料です。

 

    −−− 国境の無い平和な「世界の人形館」の館内風景 −−−

  

 但し、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約をお願いします。
TEL:04−7184−4745 又は Eメール: ko-yasu@maple.ocn.ne.jp   

 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 

| ガーデニング | 13:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
大輪の花タイタンビカスの二期作開花 The 2nd crop blooming of a large flower Titan Vikas
12
 花言葉は繊細な美、新しい恋、伝統、原産地は日本とある(赤塚植物園)
  

 朝に花が咲き始め、夕刻近くになれば萎み散り行く一日花。よく知られるのは朝顔やハイビスカスだが、ほかにもまさに「花の命は短し」を実感する花がある。東日本大震災があった2011年の夏から育てているタイタンビカスである。ちょっと長めの名前だが、歯切れの良さそうな存在感がある響きが忘れがたい。

 「巨神タイタン」に因んだだけに、とにかく大きな花である。筆者ことワールド・トラベラーが1979年〜1984年に商社マン(三井物産)として駐在したインドネシアのような熱帯圏では、大輪の花が咲くのは特に珍しくもないが、温帯圏の日本でも咲くとは・・・。
 
アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種で、暑さにも寒さにも強い。花の感じははなんとなくハイビスカスに似ており、優美で華やかさがある。
今年も鮮やかな大輪の花を咲かせているが、それも2度もだ。

 一期作は7月中旬〜下旬で、二期作は1週間前から咲き始めた。一期作と二期作の違いは、前者の花がより大きく直径が20cm近い。また、花がたくさん咲く。後者の直径は約15cmと一回り小さく、花の数も一期作ほど多くない。それでも2回も咲くのは嬉しい限りだ。
 とにかく水が大好きな花である。だから、1日に4〜5回ほど間断なく水をやらないと、二期作はおぼつかないようである。何事もマメであることが必要で、特にガーデニングでは手抜きは一切許されない。

 
The floral language has  delicate beauty, new love,  tradition, and the place of origin with Japan !

 It is a flower on a day to wither away if it begins to bloom in the morning and becomes near the evening, and to be scattered, and to go away The Famous ones are a morning glory and a hibiscus. However The World traveler, also known as the writer realizes  another flower which " Short do the life of the flower".
 It is
Titan Vikas bringing up since the summer of 2011 when there was East Japan great earthquake disaster. It is the slightly longish name, but a sound with presence looking nice of the articulation is not forgettable.

 Anyway it is a big flower as it was associated with "巨神 or Giant Titan". It is not particularly rare for a large flower to bloom, but, in such tropical area  as Indonesia where the writer resided as a trading company man (Mitsui & Co., Ltd.) from 1979 through 1984, even it blooms in Japan of the temperate zone country ...
 With the mating selection kind of Common rose mallow and Hibiscus coccineus, it is strong in both heat and cold. Somehow iIt looks like lhibiscus.It is elegant and gorgeous. It makes bright large flowers bloom this year, but it is twice, too. My god !

 The first cropping was from the Mid-July to Late July, and the second one has begun to bloom for a week. As for the difference between first crop and second one , a diameter of the former flower is nearly 20cm. In addition, a lot of flowers bloom. The latter flower does not have much number of flowers,and its diameter is about 15cm, one size small, too. It is quite fine with me that it blooms twice.
 Anyway, Titan Vikas is very fond of water. Therefore the second crop seems to be unavailable when it does not have water of approximately 4-5 times continuously per day. T
o be dedicated is necessary for everything , specially the corner-cutting is not allowed in the gardening at all.


  
     一期作のタイタンビカス            二期作のタイタンビカス
             1st crop of Titan Vikas                 2nd crop of 
Titan Vikas


 秋になり落葉すると、土面から数センチを残す程度に思い切って幹を切り落とす。その後は土を被せてやり冬を越す。春になると急に新芽が出て、どんどん大きくなる。そして、木の株も増えるので、株分けして周りの知人などにプレゼントしている。
 今年も近所の5人の人たちに差し上げたが、その後 ”花が咲きました!”と全員から連絡が入った。その言葉を聞くと無性に嬉しくなり、この花を育てることに或る種の生き甲斐を感じる。タイタンビカスは私こと
ワールド・トラベラーにとり、人の輪作りに大いに貢献するまことに有難い花である。

 ところで、毎年この花が咲き始めるのを人一倍楽しみにしていた女性がいる。筆者のパートナーの妻で、半世紀以上連れ添った伴侶である。これまでに咲き誇るタイタンビカスを背景に彼女とツーショットの写真をどれほど沢山撮ったことか。だが、今年はこの花を愛でることができくなってしまい、残念至極である。
 私事になり大変恐縮だが、妻は今春より入退院を繰り返し、ついに6月中旬以降1年近い予定で北柏のリハビリ病院に長期入院をしている。病名は認知症とうつ病。歩行も困難で、ほとんど寝たきりの実情。まだ72歳と若い彼女にとってはつらい病であり、可哀相でもある。今年1月に結婚して50年になるが、金婚式なるセレモニーの類も一切やっておらず心残りだ。

 他方、まったく独り身となったワールド・トラベラーは、家事を含め何から何まで自分で処理しなければならない。2人の息子と嫁、5人の孫たちの肉親はいるが、誰も様子を見に来ない。仕事や学業があってのことか、車で2時間ほど離れた所に居住しているためか、筆者の教育が悪かった不徳の故か?真相はよく分からないが、淋しくないと言えばウソになろう。
 唯一の救いは、親切な隣人の方々から頂戴している様々なサポートである。とくに食べ物の差し入れがあると、つい目頭が熱くなる。また、異常が無いかどうか筆者の無事を確認のため、モーニングコールしたり或いは訪ねて来る、気遣いの人もおられる。まことに有難き次第だ。

 回りから年の割には元気者と言われるが、実のところ78歳のかなりの老体にはこたえる。しかし、高齢化社会が否応なしに進むご時世、避けて通れない。いつも前向きなプラス思考を心掛け、目標(著述活動など)を持って前に進むのみ。また、
272の国と地域を制覇した実績とプライドをベースに、生涯ワールド・トラベラーでありたいと・・・。

        −−− タイタンビカスに囲まれたワールド・トラベラー −−−

       
      2013年7月元気な頃の妻と   2015年8月そこには妻の姿は無い

 タイタンビカスについては、すでに2012年9月8日付の
幣ブログ「大輪の花を咲かせるタイタンビカスと琉球朝顔」で紹介しており、この時には多くのアクセスがあり驚いたことを今も記憶している。ご関心ある方はご覧いただきたい。
 また、よろしければ、筆者のプライベートミュージアム「世界の人形館」にご来館の上、鮮やかな大輪の花をご鑑賞いただきたい。ただし、二期作の賞味期限ならぬ鑑賞期限が9月中旬であること、また妻が不在のため十分なおもてなしができないことを予めお含み下さい。


                   ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇

 著書紹介

世界199ヵ国と73地域を制覇したワールド・トラベラー ペンネーム:高 やすはるが、テレビや新聞が報道しない、知られざる危険だらけの紛争地を生々しく現地ルポする本格的なノンフィクション書籍!喜寿を過ぎた世界の旅人が著した本物志向のリアルな本が、幻冬舎より発売中。
     272の国と地域を制覇した77歳のワールド・トラベラーは
             たった1人で紛争地を旅した

という超長い書名も話題となっています。また、ある賞にノミネートされています。


    

定価本体1,400円+税 最寄りの書店でお買い求め又は注文可能 アマゾンなどインターネットショッピングもできます。なお、書店やネットショッピングで入手不可能の場合は、在庫十分な世界の人形館でお買い求めできます。ご連絡下さい。

 無料講演を引き受けます。

  
講演講師の顔も持つワールド・トラベラーは年間5〜6件の講演・講義を全国各地で行っています。目的は地域や街の活性化と真の国際化推進、そして三流とも揶揄される日本外交再生などの一助です。そのために世界に関することであれば、旅行、文化芸術、宗教、歴史、政治や外交に関する国際情勢、グルメ、環境、経済や産業などジャンルを問わずワールド・トラベラーとして恥ずかしくない講演をします。しかも実体験をベースに、他人様の情報をコピペ(切り貼り)しない異色のノンフイクションをありのままにお話します。
 特に、最近話題のイスラムに関しては、イスラム圏で働き、住み、旅して42年のキャリアがあり
イスラム講演は最も得意とします。希望があれば、ご遠慮無くお申し出下さい。因みに、慈善活動のため謝礼は一切不要ですが、ご希望の主旨が筆者の平和的な理念などに反する場合は勝手ながらお断りすることもあります。予めお含み置き下さい。
                      ― ― ―  講演会風景 ― ― ―
  
 プロジェクターを駆使し講演     地球儀を前にして      満席の会場で熱心に聴講する
  するワールド・トラベラー      スピーチする筆者       多数の参加者たち 


お問い合わせ:
世界の人形館 
TEL 04−7184−4745
        E−MAIL 
 ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved 
| ガーデニング | 01:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
大輪の花を咲かせるタイタンビカスと琉球朝顔
10
 私ことワールド・トラベラーの数ある趣味の中で、近年ガーデニングの比重が高くなっている。それだけに最近、タイタンビカスという大型の宿根草が大輪の花を今日も咲かせたことを見届けるのが、起床後の最大の楽しみだ。
 8月26日に手賀沼から程遠からぬマンション内の我が家の玄関ポーチで開花して以来、ほぼ毎日のように次々と一輪の大きな花が咲き誇る。

 花の直径は18センチほどもあるジャンボサイズで、色は薄いピンクである。真に豪華で上品な趣を演出する花だ。しかし、花は朝開いて夕刻には萎む一日花で、
まさに花の命は短しの典型であるのが少々惜しい。
 本日はなんと2つの花が同時に咲いた。数百メートル離れたところから見ても目立つらしく、同じマンション内の隣人たちが物珍しそうに見に来てくれた。やって来た子供たちの顔と比べても見劣りしないほどの大きさで、好奇心がいっぱいの子供たちも驚いていた。

    −−−− 大輪の花が咲いたタイタンビカス −−−−
  

 タイタンビカスという花はアメリカフヨウとモミジアオイの交配種で草丈は1.5〜3mほどになる。この大輪の花を見初めたのはつい最近の7月下旬で、千葉県横芝光町立図書館の中庭であった。過日終わった同町開催の文化イベントで、筆者のプライベート・ミュージアム「世界の人形館」が共催で参加した「アジア・オセアニアの民族人形展」をアテンドするため、度々現地を訪れていた。
 この花が是非欲しいと思い調べたところ、所有者が知り合いの前図書館長の花澤徳子さんと分かり、早速入手出来ないかと無理をお願いした。女性にしては行動力のある前館長だけに、10日後の8月5日に同図書館2Fのハイビジョンホールで「アジアの昔と今」を講演後に寄贈して頂き、大事に持ち帰った。花澤さんに対し、改めて御礼を申し上げたい。

 「ひょっとすれば年内に咲くかも知れませんね」と花澤さんに言われた経緯もあり、当時は本当にすぐに開花するとは思っていなかった。とは言うものわずかな期待を寄せ、毎日丹念に手入れした。貰った時の高さは110cmであったが、その後40cmも伸びて3週間後に見事に大輪の花が咲いた。久しぶりに味わった至福の達成感であった。
 耐寒性に優れた花との由だが、冬場の手入れが大変らしく、落葉後は茎を切り戻すなどの養生がポイントになる模様。枯らさないように慎重を期したい。

 タイタンビスカスに触発されるような格好で、近くで沖縄原産の琉球朝顔、別名オーシャン・ブルーが朝顔としては特大の花を咲かせる。花の直径が10センチもあり、青紫の色が鮮やかで深みがある。
 普通の朝顔とは違う多年草で、沖縄県では低地の森林や藪などに生えている野生種である。琉球アサガオは野アサガオの園芸品種名で、他の朝顔より花を付ける期間が長い。葉も大きいため、緑のカーテンとしては最適のようだ。

 ところで、世界最大の花と言えば、東南アジアの島々やマレーシア半島に分布するラフレシアが有名である。花の直径は実に90センチほどもある。特にインドネシアで観察できるチャンスが多いと聞くが、商社マンとしてインドネシア駐在が長かったにも拘わらず見たことが無い。
 一方、花を咲かすのに2年を要するが、開花したら3日ほどで枯れてしまうらしい。実際、目にすることは難しい幻の花かも知れない。

   
  特大の花を咲かせる琉球朝顔     世界最大の花ラフレシア
                   (インターネットより転用)

 タイタンビカス、琉球朝顔ともに毎日は咲かないが、お彼岸ごろまでは咲く見通しです。就いては、ご興味ある方はどうぞご遠慮なく観賞にお越し下さい。家族(妻)がご来館をお待ちします。
 
 因みに、ワールド・トラベラーは数日後に恒例の世界の旅に出かけます。大西洋・カリブ海の島巡りなどで1カ月放浪し、この旅行を終えると訪れた国・地域は250を超えます。
 旅の途中、南国のカリブ海地域で熱帯特有の大輪の花を見かける機会があれば、留守番をしながらマンション・ポーチで咲くタイタンビカスや琉球アサガオを想い出したい。
 
 では、親愛なる「世界の人形館からの夢メッセージ」愛読者の皆様方へ See you next month!

後記:
出発直前の今朝(9月11日)、タイタンビカスがなんと3輪同時に開花した。豪華絢爛の佇まいを惜しみながら、間もなく成田空港に向います。

   
☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.


筆者が慈善活動として無料公開中の世界の人形館は、約246カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、
壷、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを展示しています。お待ちします。 
但し、セキュリティなどのため、下記要領で予約をお願いします。
TEL:04−7184−4745 又は Eメール:ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


 
Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved
| ガーデニング | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    高 (05/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    相子 (05/18)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    高 (05/11)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    相子 (05/11)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    高 (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    相子 (04/16)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    相子 (04/16)
  • 森友文書の改ざんと男の美学
    高 (03/18)
  • 森友文書の改ざんと男の美学
    相子 (03/18)
MOBILE
qrcode