世界の人形館からの夢メッセージ

夢と寛ぎを紡ぐワールドスクエア
ブログ開設5周年と著書
10
 愛読者の皆さん!いつもこのブログをご愛読頂き多謝します。
 さて、今日(3月28日)は何の日だかご存じですか? シルクロードの日とも聞き及ぶが、実はお蔭様で当ブログも開設5周年を迎えた。桃栗三年柿八年は有名だが、五年の「商売人は五年で食え 」の諺はあまり聞かない。始めてからもうそんなに経ったのかと思うと少々驚きである。国内外の訪問者数も累計で20万人を越えたようだ。
 産声を上げた5年前は忘れもしない、あの東日本大震災があった直後であった。スタートから多難ではあったが、愛読者諸兄の激励などに支えられ本日まで続けることが出来た。この間、このブログを原稿のベースにし、以下の通り5冊も著書を出版した(タイトルの下線部分をクリックするとアマゾン情報が検索できる)。

 
書名 出版社 定価(円) 概要
私はワールド・トラベラー
世界257ヵ国・地域を
旅した男
文芸社 1,500 世界遺産、世界の絶景、世界情勢等がよく分かり世界旅行した気分になる
272の国と地域を制覇した77歳のワールド・トラベラーは
たった1人で紛争地を旅した
幻冬舎 1,400 テレビや新聞で報道されない危険な紛争地帯をルポし世界平和を訴える
トラベル・イズ・トラブル 
安全な旅は退屈だ!!
ルネッサンスアイ  1,300 旅の醍醐味はトラブルにあり!漫画チックなイラストが子供達にも好評
ワールド・トラベラーだけが知る素顔のイスラム  新潮社 1,500 テレビや新聞で報道されない危険な紛争地帯をルポし世界平和を訴える
世界を動かす少数民族 幻冬舎 1,350 激動する不安定な世界を動かすほどの実力と影響力を持つ少数民族を紹介
(お買い求めは、アマゾンや楽天などのネット、最寄りの書店で取り寄せ可能)

 特に昨年の1月から今年の1月までの1年間で4冊も上梓した集中的な出版は、正気の沙汰ではないと言う人がいるかも知れないだろうが・・・。76歳からの作家(?)スタートは遅すぎた感は否めないが、後期高齢者として残り限られた余生をリセットするにはブログが最適となったようである。

 ところで、ブログの内容で気にかかるのはアクセス数もさりながら、検索キーワード、つまりタイトルである。いつも人気のあるタイトルを参考までに紹介するが、何故頻繁に検索されるのかよく分からない意外なものもあり興味深い。

メディアの「世界の人形館」取材
天国に近いケイマン諸島−タックス・ヘイブン
ガーナ―てどんな国?
万華鏡−夢と感動を紡ぐ麗しの百色眼鏡
エクアドル強盗殺人事件と不思議のガラパゴス諸島
真実一路の純粋な横芝光町長の壮絶死
272 Countries & Regions visited by The World Traveller
難民問題をワールド・トラベラーならどう思う?
北朝鮮−「社会主義の化石」国家への旅
講演会「イスラム世界に住み、働き、旅して41年」−その1

 最近ツイッターやフェイスブックのSNSもやっているが、内容的に軽薄な感じがしてもう一つ馴染めない。やはり、ブログの方が手応えを感じる。また、ブログからその人の現況などが手に取るように分かる。例えば、持永さんと言うブログ仲間の「相子老婆的山南海北的話」より、84歳になってもお元気な相子さんの近況がリアルに把握出来る。
 ワールド・トラベラーと呼ばれてきた筆者も、あと2週間もすれば79歳になる。年の割には元気者と言われるが、妻の長期入院で独居生活を余儀なくされて不便この上ない。このだらしない私事を当ブログでぼやくと、陣中見舞いと来られた篤志家が数人おられる。まことに有難いお話である。

 今後とも我が国一層のグローバル化推進のために、特に民間外交などの分野で
272の国と地域を旅した知見と体験をフルに活かして貢献する、生涯現役のブロッガーであり続けたいと祈念している。
 読者の皆さんにおかれても、筆者に対する要望事項や意見などがあれば忌憚なく寄せて頂きたい。コメントまたはメール送信願えれば幸甚です。

 因みに、X年前の本日、3月28日、筆者はどこで?をしていたかを写真で説明しよう!

     
 クウェート1975年:  タイ1997年:  イタリア2005年:
 市場で妻・長男・次男と  スコタイで象乗り    サン・レモの展望台で

  (左から)41年前、19年前、11年前の若かりし頃のスナップはいずれも懐かしさでいっぱいだが、もう2度と戻らないNever returnと想うと愛しくてならない。


               ◇◇◇  ご案内  ◇◇◇
 

  ワールド・トラベラーが館長を務める世界の人形館では、272ヵ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡など多数展示しています。老若男女を問わずご興味ある方はご遠慮なく、お気軽にご来館下さい。茶菓子を用意し、精一杯のおもてなしの歓待をします。
 なお、慈善活動につき、入館料は無料ですが、セキュリティなどのため、下記要領で必ず予約して下さい。ご協力のほど宜しくお願いします。
 TEL:04−7184−4745又はEメール:
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


      −−− 国境の無い平和な「世界の人形館」の館内風景 −−−

  
      メインホール     民俗人形コーナー:    地球儀コーナー
               中南米・アジア


             WANTED!頼りになる出版社求む! 

 今年中に7作目を出版したき次第につき、面倒見の良い意欲的な出版社があれば是非ご一報下さい。お待ちします。高 やすはる(ペンネーム)より
 

Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved  
| ブログ | 11:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
世界の旅人がブログを始めて1年
13

  本日、2012年3月28日は、私ことワールド・トラベラー(世界の旅人)のブログ史で忘れもしない記念すべき日である。ちょうど1年前の2011年3月28日に、最近人気上昇中(と聞く)の幣ブログ、「界の人形館からの夢メッセージ」が産声を上げた。
 
 当初は気乗りではなかったが、特に2人のメール友、藤田美和子さんと持永あい子さんから強く勧められて始めた。やってみると自分には極めて相性が良いツールと気付き、中毒とまで行かないが、相当嵌まるようになった。
 また、あの3月11日の東日本大震災で壊滅的な被害を受けるも、奇跡的と言ってもよいほど復旧した私の個人博物館「世界の人形館」が様々なメディアで紹介されたことも、後押ししてくれたかも知れない。
 
 ただ、生来凝り性のためか、短文の書き込みは好まない。写真も相当挿入するため長文になるので、更新の頻度は少なくなり、最近は毎月3〜4回ほどのペースである。とにかく、量より質の寡作で勝負したいと思っている。
 この1年間のアクセスは15,000を超え、月間最高は昨年11月の1,577であった。コンテンツが海外旅行記が中心のためか、コメントも真面目なものが多い。しかし、中には刺激的なアダルト系の書き込みが紛れ込んだり、中傷的な個人攻撃も少々あった。

 私の分身である世界の人形館のホームページが兄貴分とするなら、ブログは弟分になろう。最近ではブログへのアクセスが着実に増え、ホームページよりも愛読者が多いようで、まさに下克上である。今後もできるだけ続けたいが、時々区切りを付ける意味でブログ本を出したいとも考えている。
 因みに、ヤフーやグーグルなどでウェブ検索件数が1,000万件以上の大口検索で、両者のランク(本日現在)は以下の通りであるが、ほかに大口の検索用語が見付かれば是非ご一報頂きたい。
                     
 検索用語     ウェブ検索件数             ラ  ン  ク 

世界の人形     約6,500万件  1位はホームページ:世界の人形館
                   5位はブログ:夢メッセージ
世界の人形館   約1,140万件 1位はホームページ:世界の人形館
                  2位はブログ:夢メッセージ
世界のなんでも館 約3,030万件   1位はホームページ:世界の人形館
夢メッセージ    約8,070万件  9位はブログ:夢メッセージ

 実力よりも人気が先行気味の幣ホームページやブログに恐縮しているが、とにかく検索が簡単に出来ると好評で満足している。結果的にこの人気に便乗するかのような第三者の書き込みが増えており、中には本家よりも上位にランクされるブログも出てきた。お互いにネットワークを広げる意味でもメリットがあると思うので、相互乗り入れのリンクとともに大歓迎したい。

   
     2011年3月28日付け     
世界の人形館のホームページ
        最初のブログ 

 過去1年間でコメントがたくさん寄せられた記事タイトルのベストセブンを、頂戴した印象的なコメントと想い出のスナップと共に紹介したい。
 
第1位 地球儀寄贈・パート(2) 

(コメント紹介)子供達からの感謝の綴り、うれしいですね。高さんのお気持ちがやっぱり伝わっていましたね。みんなそれぞれに忙しい時間の中、感謝の気持ちが大きいから、こうした綴りになったのですね。早くお届けしたい気持ちでいっぱいだったと思います。この綴りは教育委員会から頂いた感謝状より、もっともっと価値があるような気がします。そして、贈られた地球儀が、こんなに子供達の学習意欲を掻き立てる事にあらためて感銘しております。子供たちにそのような機会を与えられた高さんに、私ももう一度拍手です!

第2位 地球儀寄贈・パート(1) 

(コメント紹介) 時が経つのも忘れて、大変興味深く更新ブログを見ました。素晴らしい力作ですね。我孫子の国際化を期して地球儀寄贈に始まり、震災で大変であったこと、NHKの生放送出演、世界旅行の体験談、世界の人形館の紹介と実に盛り沢山です。要領よく纏められているので一気に最後まで読みました。素晴らしい記録です。最近日本の若者の海外留学生が大幅に減っているそうです。私も機会あるごとに海外を知る、体験することを強調しています。昨年秋に高校の同窓会が東京であった時、母校の校長先生他職員も参加してくれたので、海外に目を向けた指導をしてくれるよう頼んでおきました。地球儀は世界を認識する第一歩で、いい着想を実行したと思います。

第3位 読売新聞の「世界の人形館」取材秘話 

(コメント紹介) 読売での掲載おめでとうございます。新聞で紹介されると言うことは素晴らしいことで、なかなかないことですね。きっと来館者が増えて対応に右往左往されるのではございませんかしら。高さんの良いお話もきっと皆さんのお役に立つ筈です。

  
 地球儀贈呈後に子供たち   我孫子市長立会いの   人形館を訪れた
 から戴いた感謝状の綴り    地球儀贈呈式     若ママと子供たち


第4位 約240ヵ国・地域を旅して 


(コメント紹介) 高さんが訪れた国・地域が表になったものを拝見しますと、なるほど240カ国と言うのは膨大な数だなーと感じました。まるでオリンピックの入場行進の時の国名を見るような・・・。でも、聞いたことのない地域名もありましたので、オリンピックでどのくらいの参加国だったかな―と、ネットで調べてみました。北京オリンピックでなんと204か国と地域だそうですね。世界の祭典のオリンピック参加国と地域より多い国や地域を訪ねられた高さんは、まさにワールドトラベラーですね。この偉業は、まさにギネス物ではありませんか?

第5位 メディアの「世界の人形館」取材 

(コメント紹介) 今朝8時からのテレビ放映を家内と拝見しました。我孫子の文化を守る会のPRもして頂き、ありがとうございます。それにしても、高さんは大したタレント性をお持ちですね。落ち着いて、うまく受け答えされていました。また、Tシャツも素敵と、家内が褒めていました。テレビ放映時間を娘達や会員にもPRしておきました。

第6位 ケニアサファリ(その1)−「留学生が先生」を根戸小学校で講義 

(コメント紹介) 根戸小学校でのケニアについての講義のブログを拝見しました。我孫子市の子どもたちの国際化推進に貢献されましたね。お疲れさまでした。このような異文化を学ぶ機会が継続的に設けられ、さらに他の学校にも伝播されるといいですね。本当にありがとうございました。

第7位 PKO派遣の南スーダン、危険なイエメンへの旅−245国・地域制覇 

(コメント紹介) アフリカの個人旅行はハプニングの連続でしたね!でも、さすが高さんの度胸で数々の困難も跳ね飛ばして、無事お帰りになり、心より敬服いたします。お写真での高さんの晴れ晴れとした表情が印象的です。達成感に満ちています。またひとつ頂上を征服されましたね。来年もあちこちの講演でご活躍をご期待申し上げます。

  
  スーダンのメロエ     人形館でJ:COMテレビの イエメン・ソコトラ島で
 
・ピラミッド   収録、右端は八波一起さん  花が桜に似たボトルツリー

 上記の通り、地球儀に関心が強いのは些か驚きである。教材としてだけでなく、地球儀を回しながら眺めていると、世界に思いを馳せ、夢見る想いが駆け巡るのであろう。
 一方、地球儀寄贈がご縁で、130人ほどの子供たちと先生から真心を込めた感謝状を頂戴し、妻とともに大感動した。しかし、手紙で書いてある様に、私に会うために人形館を訪ねて来られたのは意外にもわずかしかいない。なんと、子供たちが4人、先生が2人、合計6人だけである。それでも侘びしくないと言えばウソになる。子供たちに対する真の国際化推進の教育の他に、親御さん世代の国際化推進の啓蒙も併せ必要のようである。やはり、教育や啓蒙には時間と忍耐が不可欠と痛感した。

 また、無料のブログを始めてみて気が付いたのは、スポンサーの広告である。書き込みの内容によって、様々なスポンサーが付くのが面白い。例えば、海外旅行のことに触れると、旅行代理店のスポンサーが付く。しかし、一時期は多重債務処理が得意との弁護士事務所が頻繁に付き、当方ブログのイメージ上で好ましくなかったようだ。
 最近は韓国の卸販売専門サイトが頻繁にスポンサーになっている。当方のブログとどのような関係があるのであろうか、少々気がかりであり、知りたくもある。

 愛読者の皆さんから頂戴したコメントは、私にとって宝物である。100%近くがお褒め頂いた過分のもので有難く、時には激励の言葉を頂くと一層励みになる。ワールドトラベラーとして、常々「其処に世界があるから旅をする」と言っている。ブログについても、「其処に愛読者がいるから書き込む」と−−−。 
 今後共、「世界の人形館からの夢メッセージ」なる風変わりなブログをご愛読下さい。また、間もなく75歳になる年輪が育んだ知識と経験を活用し、海外旅行に限らず何でも書き込みます。よろしければ、ご遠慮なくリクエストして下さい。


 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


我孫子の文化を守る会主催講演会2012のお知らせ 
 現役のワールド・トラベラーが語る

 「PKO派遣の南スーダンと激動のアラビアを旅して
 

講師:世界の人形館オーナー 癲々治

日時:4月14日(日) 14:00〜16:00
会場:けやきプラザ(我孫子駅南口徒歩1分) 8F 第1会議室 
会費:300円(非会員)  定員:先着40名
お時間のある方は、上記催しにお越し下さい。

お問い合わせは下記へどうぞ。
「我孫子の文化を守る会」伊藤副会長 
    
TEL:04−7183−4201
 

筆者のプライベート・ミュージアム、世界の人形館は、245カ国・地域の民俗人形、紙幣とコイン、仮面、壷、置物、絵画、木彫り、地球儀、壷、時計、照明ランプ、絵皿、万華鏡などを展示しています。ご興味ある方はご遠慮なくご来館下さい。お待ちします。但し、セキュリティなどのため、下記要領で予約をお願いします。
 TEL:04−7184−4745  又は Eメール: 
ko-yasu@maple.ocn.ne.jp


 Copyright ©The World Doll Museum WDM. All Rights Reserved   

| ブログ | 00:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
PR
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    高 (06/25)
  • 2018 FIFAワールドカップの舞台ロシアの旅−モスクワの今昔
    相子 (06/24)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    高 (06/20)
  • 米朝首脳会談の舞台セントーサ島と我が総理の外交に想う
    相子 (06/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    高 (05/19)
  • 史上初の米朝首脳会談が開催されるシンガポールの今昔
    相子 (05/18)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    高 (05/11)
  • 14年ぶり首相に返り咲くマハティール氏とマレーシアの旅(3)
    相子 (05/11)
  • It's Sho-Time ! 二刀流の大谷翔平選手が活躍するロサンゼルスを懐かしむ
    (04/16)
  • 81歳と春の花と国会混迷
    高 (04/16)
MOBILE
qrcode